正しいパチンコ

中途半端なパチ生活者が正しいパチンコをまっとうに語ろうと試みるブログ。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
→サイトトップへ

【 全記事一覧 】 【 機種情報 】 【 正しいパチンコ本 】


| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

現役デジパチ分類

パチンコという大きい種目のククリの中にも、色々な種目の分類があります。現在ホールで現役稼動しているパチンコ機を分類する場合、規定によって定められた分類で分けると「デジパチ」「ハネモノ」「一般電役」「普通機」と、それらが複合した機種(デジパチ+ハネモノなど)という感じになると思いますけど、今回はそういう規定に基づいた分類ではない方向で話を進めます。

前出の分類のうち、ハネモノ、一般電役、普通機はほとんどホールにありませんから今回は触れません。権利モノなんてのも今は全くないですから触れません。ということはつまりデジパチのお話なんですけど、同じデジパチというククリの中でも近頃は色々なタイプの機種がありますから、打つ機種がどんなタイプかを知るという事は遊ぶ上でも儲ける上でも必須だと思います。

そして、ウチのブログはニッチな所を目指してますから、ちょっと角度を変えた視点で、かつ実践的なククリを設けてそれぞれのタイプを見ていこうと思います。


1)海物語
海については、もうひとつの機種というのを飛び越えてひとつの分類としてしまっていいと思います。人気があるとか伝統があるとかそういう事はどうでもいいんですけど、ここまでデジタル消化の速い機種は滅多にありませんから、そういった意味でひとつのタイプとして分類したいと思います。

海系は他のタイプとは儲ける方法も違うという認識でいます。とにかく速いですから、ひと回りの単価が安い台でもスピードでカバーできてしまう場合が多いです。その事に加えてステージの強さや店に設置してある台数の多さなどの要素が絡んで、(僕の環境では)結局儲けようと思ったら海中心という感じです。それから、速さが荒さを打ち消してくれますから安定性も魅力です。


2)普通のデジパチ
結局デジパチの分類はバトル系以外に関してはスピードで分けるのがシックリ来ます。ここで「普通」とするのは、海ほど速くないけどまぁまぁ普通に回せるスピードを持っている機種という事になります。エヴァシリーズ(ちょっと速めですけど)などがこのククリにあたります。潜伏のあるなしとか、突確率なんかは深く考える必要はないと思います。

この辺の機種に関しては儲けを志向した場合、スペックが甘い機種で適当に回る台を探すというアプローチと敢えて辛目の機種でぶんぶん回る台を探すというアプローチの両面があります。どっちかっていうと僕の環境や経験では前者の甘めスペック機種の方が打てる台を見つけるのが容易に感じます。ただ、この辺の機種では超ナイス台を見つけるのにはちょっとハードルが高いです。ひと昔前(1~2年前くらい)だと30000円級も時々見かけたんですけどね。最近とんと見かけないのは僕の腕が悪いのが7割、店がしみったれてるのが3割って感じでしょう。そんなこんなで結局、最近はあまり触れてないですね、このタイプには。


3)京楽・SANKYO系
仕事人とか冬ソナ、アクエリオンなど、とてつもなく遅くてスペックが甘いというタイプになります。けっこう大きなひと回りの単価が要求されるので、それなりのスタートが必要です。ただ、京楽・SANKYO系の良いところは出玉がしっかり取れる調整の店が多めであるということですかね。さらに、電チューも優秀ですから、そこらへんでチマチマ稼ぐという印象が強いですね。

大手メーカーですから、ある程度まとまった台数が導入されている店が多くて、ある程度店が大事に使ってくれる場合があるというのも強みですね。短所としてはあまりにトロいですから、安定しない部分ですね。


※1)~3)の分類に関してはハネデジでも同じです。ハネデジのほとんどは1)~3)のタイプのスケールを1/3にしたものですからね。


4)マックスバトル系
1/300~1/400くらいの初当たり確率で確変の転落があるタイプですけど、初当たり通常2Rがありますから、一歩間違えるといつまでたっても持ち玉になれません。儲けを志向して打つ場合は、とにかくじゅうぶん余裕を持った期待値の台を打つ事しかないんですけど、まぁキツイですね。進んで打ちたいとは思わないですね。ただ、荒い機種というのは甘い調整が期待できるというのはパチンコにおいては普通の事ですから、そういった意味でのアドバンテージはあります。逆に言えばそこだけですね。


5)変則機
ラウンド振り分けで荒さを出しているような変則的なタイプです。仮面ライダー2、パトラッシュGreen、超絶合体SRDなどですね。初当たり確率が高めで基本スペックも甘めの場合が多いですから、それなりに打てる台も見つけやすい(というか、見つけやすかったという過去形ですかね)という印象です。それから、電チューサポートの割合が高いですから、電チューで稼げる台だとなかなかいい感じです。

ただ、初当たり確率が高かろうが非常に荒いです。SRDをしばらく追った事があるんですけど、物凄い金額を負けました(笑)。


6)ハネデジバトル系
黒ひげなどの初当たり確率1/99くらいの確変転落アリのタイプです。とにかく連チャンして当たり前、そしてその連チャンの消化に時間がかかりますから、1/99と言えども荒いです。それこそ進んで打ちたいとは思いませんねぇ。さらに荒い割に甘い調整が少ないという印象もあります。期待値出る台なら打ちますけど、結局悪展開による被害はいっぱしで、出る時も大して出ないというような切ないタイプという印象です。


7)ハネデジ大夏系
入りにくく抜けにくい100回時短がついているタイプのハネデジです。大夏祭りや戦国乙女などです。これも荒いですねぇ。100回時短に入ったところで持ち玉を稼がないと勝負になりませんから、展開によってあっさりコロされます。どんなタイプだろうと同じで期待値出れば打てますけど、負ける日がどうしても多くなってしまうと思います。


どんなタイプだろうと、期待値出れば儲けを志向して打てますけど、4)MAXバトルや5)変則機の場合は展開次第なんで、本当に長い目で見ないとダメですね。そしてその”長い目”で見てる間に大変な事になってしまう覚悟が必要です。

少しでも期待値の高い台に座るというのは全くもって正しいですけど、たとえば25000円の海と27000円のMAXバトルがあった場合、僕なら海を選びます。その程度の差だったら安定性を取った方が良いという判断です。あくまで27000円のMAXというのもある意味ストイックだと思いますけど、僕の個人的な考えではちょっと甘い考えかなと思います。まあその辺は人それぞれですけどね。とにかく僕だったら、カッコ悪くてもいいから死にたくないです。



最近のパチンコ:

1/13:
完全にアブレました。3時間ほどもがいてみたんですけど、ちょっと廻りたいエリアがあったのでオリました。店廻りは収穫なく、久々に本格的な厳しい状況という感じです。

1/14:
特にアテなく行ったお店でまずまずのレベルの沖縄海にありつけたので11.5時間。まずまずレベルだろうと、こんな状況なら贅沢いえません。有難いことです。

2日間で55000円儲かりました。はぁ良かった。
関連記事
→サイトトップへ

【 全記事一覧 】 【 機種情報 】 【 正しいパチンコ本 】


| コラム | 23:05 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。