正しいパチンコ

中途半端なパチ生活者が正しいパチンコをまっとうに語ろうと試みるブログ。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
→サイトトップへ

【 全記事一覧 】 【 機種情報 】 【 正しいパチンコ本 】


| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

パチンコに関する噂の真偽(?)

今日はパチンコに関する噂の真偽・・・とでもいいましょうか、そんな事柄に関する僕の思うところを適当に。あくまで僕というひとりに人間だけが見てきた事に基づいてますから、地域や環境によっては合ってるか知りませんけどね。


1)パチンコ店は釘だけじゃなくてネカセも調整する
これはアルかナイかで言えばあるんですけど、僕の大した事ない経験上ではそれほどありません。大抵、一旦台が設置されたらその場所からその台が移動したり撤去されるまで変わらない場合が多いです。ですから、席ごとにステージの具合を覚えておくというのは有効だと思います。ってか必須ですね。ただ、あまりにもバカ台になってしまっている場合は調整される事もあります。ですけど基本的にはネカセはずっと据え置きという前提で台を選んでも大抵OKじゃないかと。

2)打った玉が当たって釘調整が変わる事がある
致命的な回転率変化を起こすほどではないでしょうけど、これってあるんだそうです。特に、極端なプラス調整、つまり見た目が汚いほどにガバアキの調整をした場合なんかには特に発生しやすいんだそうです。特に神経質になる必要はないと思いますけど、なかなか興味深い話ではありますね。

3)出し過ぎると店員が張り付く
キズネタがあるような機種じゃない限り、出過ぎ当たり過ぎでマークされるっていうような心配はする必要はないと思います。そもそも今日びのデジパチだったら1日に4~5万個くらいなら普通の1/300、確変率50~60%くらいの機種でもたまにありますからね。店員が張り付いてくるケースは、出てる場合っていうよりもお店の想定よりも極端に回っているケースの方だと思います。右打ちとかが効いてしまう台なんかだとあると思います。

4)スロットの同一設定打ち直し
これは普通にあります。要するに設定3を改めて設定3にするとか。意味合いとしては演出とか滞在モードを設定変更と同じ状態にして朝一の設定推測を難しくするという目的だと思います。ほとんどの場合そういう目的だと思うんですけど、笑える話としてお店の係の人の中にも「打ち直すと波が変わる」とか脳みそ沸いてる人がいて、そういった意味合いで打ち直す場合もあるそうです。鍵が磨耗する分損だと思います(笑)。

5)当たりを契機に回りムラの転機が来る
これはナシじゃないかと。そんな気がする場合もありますけど、たまたまだと思いますし、あったとしてもコントロールできない部分なのでナシと思って問題ないでしょう。台の裏の玉の重みで・・・なんていうともっともらしいですけど、今日びのパチンコ台はその程度で傾いたりしませんからね。


こういう記事で「ハマった後は連チャン」とか「200回転あたりが引き戻しゾーン」とか書くと人気ブログへの道が開ける気がします(笑)。まあそういう話がお好きな方はその調子で頑張ってください。



1/7のパチンコ:

大海を打ちました。安いお金で玉を貰えたんで打ちましたけど、まあ芳しくない調整でした。玉がある限り21:30まで打とうと思ったんですけど、席が寒すぎて20:00にオリました。どのみち今日は偵察に回る日だったんで、少し早くオリる大儀名分として気になる店回りました。1万円くらい儲かりました。
関連記事
→サイトトップへ

【 全記事一覧 】 【 機種情報 】 【 正しいパチンコ本 】


| コラム | 22:53 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。