正しいパチンコ

中途半端なパチ生活者が正しいパチンコをまっとうに語ろうと試みるブログ。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
→サイトトップへ

【 全記事一覧 】 【 機種情報 】 【 正しいパチンコ本 】


| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

パチンコメーカーの印象

今日は各パチメーカーの印象についてダラダラ書くコーナーです。特にマニアック要素やお役立ち情報があるでもなく、内容薄っすいですよ。いつもの事ですけどもね。


【SANKYO系】

三共だったのにいつの間にかSANKYOになってますねー。DAIDOもいつの間にかビスティになってて、エヴァで一流の仲間入りをした感があります。僕がパチンコを初めてやったのが17年くらい前ですから、その頃からしばらくは完全に「フィーバー」はトップブランドでしたね。キング、クィーン、パワフル、フェスティバルなど、どれもデザインにしても演出にしてもセンスが良くて、名実ともにナンバーワンでした。

最近ではテレビCMとかのプロモーションにお金をかけているせいか、大物機種としてホールにそれなりに多い台数導入する機種を作るあたりさすが大手という感じはしますけど、内容については実にどうでもいい感じです(笑)。とりあえず、今現在の印象では電チューとアタッカーがエライという印象ですね。


【西陣】

昔の印象では、西陣と言えばハネモノでした。高校生の頃はヒマさえあればパチンコ大賞を打っていましたから、例のハゲオヤジの顔を思い出すと青春の甘酸っぱい思い出がよみがえります。ウソですけど。いやでも、パチンコ大賞に思い入れがあるのは本当ですけどね。デジパチでは和風もの、特に花満開のイメージが強いです。前にも触れましたけど、特に初代機の花びらドットというのは素晴らしかったです。なぜアレを使わないんでしょうか。液晶より100倍良いと思うんですけど。人気出ないんですかね、ドット式は。

最近の印象としては、退屈な機種ばっかりだなぁという感じです。西陣のハンドルを握ると条件反射的に眠くなります(笑)。それから、西陣の機種は寄りが悪いという悲しい印象も非常に強いです。少し褒めておこうと思って、バルタン星人!?はなかなか良かった・・・と思ったら、アレって台枠は西陣製だけどメーカーはエース電研ということでした。


【平和】

古い印象では、昔の丸いハンドルがすぐグラグラになって壊れている台が多かったというのもありますけど、個人的にはダービー物語が大好きでした。ぜひリメイクして欲しいです。綱取みたいに「旧モード」搭載で。でも、人気出ないでしょうね。当時のデジパチはみんなそうでしたけど、基本的にノーマルリーチがクルクル回るだけですから、何が面白かったのかは不明です。でも、当たりが近づいてくると嬉しいというあの感覚は今のデジパチでは絶滅してしまいました。

最近の印象では、とりあえず100円玉が挟まらないあのハンドルは万死に値します。僕は固定用のちっちゃい板を持参してますから問題ないんですけど、無理やり1円玉とかを挟もうとする人がいるのか、ハンドルがガリガリに削れてるのを散見します。そして、あのスグ下皿に玉がこぼれてくる根性のない上皿。上皿にはタップリ収納してもらいたいものです。


【SANYO】

昔は三洋物産とか言ってたうような気がしますが、いつの間にかローマ字になってますねぇ。昔のSANYOの機種というものほとんど覚えてるのが少ないです。ファンシー2というハネモノが1ラウンドパンク上等で、完走する運を持っているくらいなら一発台打った方がマシと思ってたくらいですね。まあ、とりあえずスグ当たるんで時々打ってましたけど。それからやっぱり海系という事になるんですけど、初代中の初代のギンギラパラダイスはそれなりにインパクトがありました。魚群とかじゃなくて、あのスピードが。とりあえず保留が埋まると強制即止まりでしたから、保留止めよりも打ちっ放しがお得というあの革命的なデジタル。

最近の印象もやっぱり海です。カリブがコケた時は今後の海の運命、ニアイコールで僕のパチ生活者としての拠り所はどうなってしまうのかと不安になりましたけど、大海SPがまずまず頑張ってるようなので良かったです。向こう当分海シリーズで頑張ってほしいです。その他のシリーズに関しては、100発100中でコケてるあたりが笑います。


【ニューギン】

実は好きなんですよね、ニューギン。エキサイトジャックのあのインチキくさいドラムの動きも最高でしたし、定着しなかったですけどベルト式ドラムも最高でした。伝統的に、時々ナイスセンスな機種をリリースする印象があります。個人的にはデジパチのセブンショックとハネモノのデビルマン倶楽部を殿堂入りさせたいです。

最近のイメージでは、慶次でブレイクしましたけど個人的にはあまりニューギンの機種に触る機会が少ないんで、まったく何もないです。


【タイヨーエレック】

実は今現在、デジパチの演出面で最も評価しているのがこのタイヨーエレックです。デキの良い悪いは色々ですけど、エルヴィス、サムライチャンプルー、匠の道、ギャラクシーエンジェルなど、どの機種も実に演出に独自性があります。擬似連にならないとダメとか、群が出ないとダメというワンパターンではなく、それぞれの機種に慣れれば慣れるほど味わい深くなる部分があり、さらに意外性のある大当たりパターンが多いです。


【京楽】

昔はマイナーメーカーだったんですけどね。個人的には遊ぶんジャーというデジパチを良く打ってました。保留連チャン+2/15で入る確変という機種だったんですけど、打っていたのは当時良く行ってたお店にあったからという理由のみです。それなりに楽しい機種でしたけどね。

最近ではもう、ガシャガシャやかましいパチンコを定着させた犯人という感じですね(笑)。それでも、擬似連演出は他メーカーよりも上手に使っているとは思います。


その他、奥村Sammy大一高尾竹屋マルホン銀座サンセイR&Dあたりについては、悪口以外書けそうもない特に書く事もなさそうなので省略します。
関連記事
→サイトトップへ

【 全記事一覧 】 【 機種情報 】 【 正しいパチンコ本 】


| コラム | 00:27 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。