正しいパチンコ

中途半端なパチ生活者が正しいパチンコをまっとうに語ろうと試みるブログ。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
→サイトトップへ

【 全記事一覧 】 【 機種情報 】 【 正しいパチンコ本 】


| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

最近思ったこと

毎度のことながら雑多な内容となりますが。


パチンコの方は、いわゆる新基準機の割合がずいぶん多くなりました。当たり前ですけどね。そして、新台入れ替えの回数を少なくするお店が多くなっているというもの影響のひとつかと思われます。

入れ替えペースが少なくなるのは結構なことで、今までの月2回入れ替えが当たり前というようなペースは異常だったと思います。月1回でも多いくらいだと思います。

だって、なかなか面白い新機種が出ないということもありますが、結局、お客さんの方もほとんど楽しまず、お店にもほとんど利益を生まず、すぐにお払い箱になってしまうような機種が多すぎましたから。誰もトクしないです。

新基準機そのものについては、厳しい調整のお店が多いと感じます。

スペックダウンしているのに絶対的なデジタルの回り具合は旧基準と同じが下手するとそれ以下みたいな感じで、客付きが今まで通りだというお店の場合は、かなり利益が増えているんじゃないですか。

ただ、数値面を気にして打っていないお客さんもバカじゃありませんから、「出ない」という印象を強くしていると思います。その分、通常時の回りの良さで粘れるというのが新基準機の本来の特性のはずですが、回らないんだから、キツイところだけが印象として刻まれていると思います。

そんなわけで、この短い期間で明らかにお客さんが減ったと見受けられるお店がけっこうあると感じています。このまま行けば、多くのお店がまた消えてなくなりそうです。

お金のある元気な会社がやってるお店の場合は、爆裂機が事実上禁止となったとは言えなかなか活況なパチスロを増やすとか、なにかやりようがあるかもしれませんが、方向転換ができずに消えるお店もどんどん出てくると思います。

新基準機で適正とは言えない利益を稼いで、それがお客さんにバレて潰れるというお店があったとするならば、当然の報いだと思います。そういう考え方のお店は駐車場にでもした方が世のため人のためでしょう。

反面、そういう状況の中で生き残るお店というのは、儲けを意識して打つ私のような人間にとって、期待できるお店になっていくと思います。

色々、見えてくるのはもう少し先だと思います。とりあえず今は、白海のリメイクとか、私が注目している機種の具合を見守っていきたいと思っています。


パチスロの方は、パチンコが忙しくなりそうなのであんまり打てそうもない感じなので、今現在の私の環境における状況とか、今後の見通しみたいなことは特に意識してないのでどうでもいい話になります。

どうでもいい話というのは、楽しいノーマルタイプを打って、楽しんで思うことは、液晶付きのパチスロの面白くなさについてです。

ノーマルタイプでも北斗の拳とは偽物語、クレアの秘宝伝みたいに液晶つきのものがありますが、いったいどこが面白いんでしょうか。強い小役を引くまで待つというゲーム性は、特にノーマルタイプではバカバカしく感じられます。

エライ演出が出ない限り小役狙いすら必要ないくらいですから、一日のうち90%以上はただただ退屈にレバーを叩くだけになっちゃってます。

たとえば北斗の拳を丸一日打ったとして味わえる楽しさの量を、ゲッターマウスならものの30分で味わえると思います。たとえ当たらなくても。誰がなんと言おうと、パチスロの演出は出目の方が液晶よりも100万倍エライんです。

液晶を活かすんであれば、ゴッドみたいに目押しが要らないタイプの方が向いてると思いますよ。たとえばART機のレア役ったって、どうせ毎度同じ形でしか止まらないんですから、狙うのはただ手間がかかるだけです。

というか、最近多いA+ART機の場合、Aの部分をリーチ目パチスロにしようとは誰も考えないんでしょうか。とにかく、出目で楽しめるパチスロが少なすぎます。
関連記事
→サイトトップへ

【 全記事一覧 】 【 機種情報 】 【 正しいパチンコ本 】


| コラム | 23:38 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。