正しいパチンコ

中途半端なパチ生活者が正しいパチンコをまっとうに語ろうと試みるブログ。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
→サイトトップへ

【 全記事一覧 】 【 機種情報 】 【 正しいパチンコ本 】


| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

最近思ったこと

パチンコ業界も大きく変わるところですが、今後については実際に見てみないことにはどうなるか見当もつきません。最悪の自体も想定しておくべきかなとは思います。

ただ、パチンコで儲けるということについては正解とか絶対的な方法論なんてありませんし、今日の今日までデタラメの繰り返しでやってきたわけですから、なるようになる、そう腹をくくって日々ノホホンと過ごすのが良いと思ってます。

考えてみりゃ当たり前です。遊び、ギャンブルでお金が儲からない状態になったからって、それがおかしいとか厳しいなんてのは思い上がりもいいとこ。むしろ正常な状態です。

本来、儲けて当たり前と思うような性質のものじゃないです。

ついでに、自分の技術や能力で儲けていると思うのもアホです。環境と、運と、お店の目こぼし、それによって儲けることができる場合がある、そういうもんです。パチンコなんてものは。

-----------------------------------------

相変わらずパチスロばっかり打ってるわけですが、何だかんだで結局ハナビに戻るという日々ですね。随分長いこと打ってることになります。パチンコでこんな長いこと打てる機種って、最近では初代のアグネス・ラムくらいですかね。(最近でもないか)

白パネルも出て、人気も上々で、とりあえず今でも元気ですね、ハナビは。

逆に、私の好きなサンダーVはもう打てる状況のお店は私の目の届く範囲では見つけることができなくなってしまいましたし、一瞬頑張ってたゲッターマウスも終わった感が出てきました。

ゲッターマウスは素晴らしい出来ばえのパチスロだったのに、残念です。サンダーVには及びませんが、ハナビより数段面白いのに。

ひとつ言えることは、台の横にはさまってるパウチしてある説明書みたいなアレに、スイカが出てきたら狙いましょうみたいなことが書いてあるのも、ゲッターマウスが短命に終わりつつある原因のひとつです。

どういうことかと言うと、面倒くさそうな機種だなと誤解を与えてしまってるんです。

あのねえ、ゲッターマウスは、スイカなんか狙ったら面白くないです。ゲッターマウスでスイカを揃えるというのは、やっちゃいけない行為なんです。

1枚役は、スイカ・スイカ・スイカ以外の形で取る、それだけで楽しさ倍増、面倒臭さ激減なんですから。

っていうか、中押しなら前の記事に書いた手順で打てばスイカの煩わしさはゼロですし、順押しならバー(CHU)狙ってチェリーだけフォローして、適当にパンパンパンと止めてりゃいいんです。

狙わなくてもスイカ、リプ、リプとかで勝手に取れる場合も多いですし、そもそも1枚役の多く(半分くらいかな)はゲッターランプの右で告知してくれます。ってか、ちょっとくらい1枚役逃しても、大勢に影響なしです。全部漏らさず取るというのは、ほとんど趣味の領域です。

さて、スイカ揃えちゃダメよに話を戻すと、スイカが3つ揃った時点でボーナス0%ですから、面倒くさい、希望がなくなるで、いいことないんです。

そんな事も踏まえて、わざわざ中押し手順図も作っといてなんですが、バー狙って適当に順押しかハサミ押し、これが一番楽しいですね。リーチ目も思ったより簡単、というか直感的な違和感でわかることが多いですから、4号機のゲッターマウスを打ったことがない人とかでも、楽しく遊べるはずです。

ゲッターランプの告知音が鳴った場合は、中押しも楽しいですね。ゲッターランプの対応役にチェリーが入ってないというのがポイントで、鳴ったゲームで平素は一番よく出るド真中ネズミが一確となります。もちろん鳴っても中押しにこだわる必要はなくて、自由に自分の好きなように楽しめますね。


中押し・ゲッターランプあり
DSC_0001.jpg

左が点灯(オレンジ対応)、中押しで中リール中段オレンジ、はいはいオレンジと思ったら左が落ちるってんですから、いったい何を考えているんだと言いたくなるような確定パターンです。告知ランプなんのそのというデタラメ感がたまらないパターンです。

当然真っ直ぐ揃うと思ったオレンジがストンと落ちる、野茂英雄のフォークのようなダイナミックなパターンです。これなんかはゲッターランプという演出ありゃこその、意外性満点のパターンです。

ちなみに斜めオレンジハズレの王道パターンは、当然揃うと思ったものが、右リールでクイっと手元で曲がる感じが川上憲伸のカットボールのような印象を受けます。

順押し・ランプなし
DSC_0004.jpg

バー狙ってパンパンパン、わお!というオーソドックスな、パチスロここにありという瞬間です。ここのバーで、右角にボーナス絵柄の時点でいいんですが、オレンジ上段テンパイによりサンダーVみたいなリーチ目になってるところが憎いです。ニューパルみたいでもあります。超ボーナス確定という感じの、ちょっとやり過ぎ感のある目ですが、実直さと生真面目さが伺える目です。

こんなに面白い機種なのになあ。残念すぎて地団駄を踏む勢いです。
関連記事
→サイトトップへ

【 全記事一覧 】 【 機種情報 】 【 正しいパチンコ本 】


| コラム | 01:49 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。