正しいパチンコ

中途半端なパチ生活者が正しいパチンコをまっとうに語ろうと試みるブログ。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
→サイトトップへ

【 全記事一覧 】 【 機種情報 】 【 正しいパチンコ本 】


| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

最近思ってること

パチンコでたくさん儲けることができる人ってどんな人かと言うと、多分、何でも平気でできる人だと思います。


365日休まない体力があって打って打って打ちまくることができる人とか、色んな情報に目ざとくてものすごく効率的に動くことができる人とか、そういうのは私にはできそうもないので諦めていますが、それでも姿勢としては見習いたいところです。

ただ、ここでいう「何でも平気でできる」っていうのは、ガメツイこととか、下品なことを平気でできるという意味で、別に私には誇りとかプライド的なものは毛ほどもありませんが、見習いたいとはとても思えないです。

しかし、現実的にそういう人が強いというのは確かです。

そういう人は、自身が儲けるためだったら何でもやりますし、そういう行動を下品ともガメツイとも思っていないものと想像します。儲かるんだからやって当たり前じゃん、てなもんです。

私は世間知らずなんで実際のところはよくわかりませんけど、お金儲けって、何でもそういうところがあるように感じます。キレイに稼ぐよりも、極端に言えばバレなきゃ何でもアリでガツガツ行った方が儲かるんじゃないですか。きっと。


以降、ちょっと回りくどくなりますが、趣旨としてはそんな感じのお話です。

私は今、縁あってパチスロばっかりやってる状態です。パチスロってのは、釘が見えるパチンコと違って、あの手この手で設定のアタリをつけながら遊ぶんですが、自分の台の様子だけではわからないことが多いんです。いや、自分の台の挙動で設定を推測というのはほとんど役立たず・・・は言い過ぎにしても、自分の打ってる台の推測の精度が実際に役立つレベルになるころには勝負がついてます。

現実的には、それぞれのお店のパターンに照らすと同時に、ヨソの台の様子も見ておかないといけないんです。当たり具合の実績だけならいいんですが、当たったプロセスを見なくてはいけないとか、当たってる時の様子にもヒントがあったりするんです。ですから、人が打ってるのを横目で確認しながら打つという下品な行動を強いられるということが、儲けるパチスロの中に含まれているんです。

この程度、別に下品じゃないと感じる人もいるでしょうし、私もちょっと考えすぎとも思いますが、やっぱり人が打ってるのを見て「BIG中にハズレ出た!」とか「全然斜めベル出てねぇ!」とか、いちいち確認して、それを利用して儲けてやろうみたいな考えは、やっぱりガメツイですよ。いや、やってますけど。

そもそもの話をすれば、パチ店に入り浸ってる時点で下品も上品もなくて、クズ以外の何者でもありませんから、ドブみたいな存在だけど比較的キレイなドブだと言って満足してるような話ですけど。


別の体験談で言えば、何年も前に、ハネデジの海物語のSTがまだ残っている状態の台が何故か捨ててあったんです。液晶が紫の状態です。右打ち機でもないのに、丸々5回残った状態でしたから、当たり中にヘソに入らずに、なおかつ即ヤメしたんじゃなくて、多分打ってた人がどうせ当たらないと思って台を離れたら当たったという状態の台だと思います。

見つけた時はもう必死ですよ。自分が打ってる台から飛び込むように移動して、台を押さえて、足元のドル箱も急いで移して、確変捨ての台は店員に見つかったらリセットされちゃうかもしれないので、バレないうちに大急ぎで打ち出しを開始して・・・。STの結果は忘れましたが、事が済んでものすごく情けない気持ちになったことはよく覚えています。何日か頭から離れませんでしたし、現に今でもこうして思い出します。


別のケースとしては、これは経緯は全くの謎なんですが、エヴァンゲリオン・セカンドインパクトの一番連チャンするスペックの、Vナンチャラというタイプの確変中の台が捨てられているのを拾ったこともあります。

この時は9連チャン続いて大儲けになりました。先の海のケースのような情けなさは感じていませんでした。理由は、大儲けして超嬉しかったから。こんな程度のことでガメツイ行動も気にせずに大喜びしてしまうくらいですから、私が品がどうのとか言っても何の説得力もないです。そしてそれ自体、今思えば情けないことです。


大昔、朝から並んでいるようなパチ店の朝は、シャッターが開いたらその開いた下の方のスキマからスライディングして店内に飛び込み、我先にと台を確保に走るという、世にも見苦しい光景が日常的に見られました。

パチスロで他の台の挙動を覗き見ることも、確変台を拾うことも、儲けるためなら当たり前と考えてしまいがちですが、ことの根っこは、シャッタースライディングと何ら変わりはないです。同じようなもんです。

こういう下品さ、ガメツサを自分の中で折り合いをつけてやり続けなくては、遊んで暮らすノンキな生活は続けられないということですね。そして、全く何も感じずにそういうことをできる人は強いですよ。


何が良くて何が悪いとか、そういう話ではないですね。ゴミには変わりないのですが、比較的マシなゴミの方がまだいいかな、でも、ゴミをやるんなら中途半端でなくてトコトンやった方がいいんじゃないかという、ジレンマ的な。

あまりにも卑屈過ぎるような気もしますが、そもそもパチンコで儲けようなんていうのは、本人以外の全員に損害を与える行為に他ならない、迷惑行為みたいなものですから、せめて下品さだけでも少なくしたいと思うんです。

それでもヤメないで打ち続けてるんですから、自分で言っててなんですが、ものすげえ矛盾です。話が成り立ってません。
関連記事
→サイトトップへ

【 全記事一覧 】 【 機種情報 】 【 正しいパチンコ本 】


| コラム | 00:12 | comments:4 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT

早い更新嬉しいです。
スロは高設定の数が限れているので周りのチェックは必須なのはしょうがないですね。ガン見では無く雰囲気で見るようにしていますが、相手からしてみればそれもバレバレなんでしょうな。ハネデジ海のSTのくだりは共感します。似たような経験があるので。

| 鬼 | 2016/05/23 09:21 | URL |

確かに、言われてみればそうですね。大昔は開店ダッシュとか当たり前でした。学生の頃だからまだマシで、今の歳になってやってたら恥ずかしいかなと。

でも、パチンコに限らず商売・事業というのはガメついてやっていくものなのかもしれません。サラリーマンみたいに安定した職業だと分からないですが、創業者はなんとか仕事を得て、お金を得ようと必死に動き回るもので、後で美談にはなるかもしれませんが、その時点では決してカッコイイものではないですよね。

| 獣 | 2016/05/24 10:08 | URL | ≫ EDIT

ごぶさたしております

シャッタースライディング!のつもりが3番手

昨日ここのサイドバーからamazonに飛んでその足で(別の品ですが)買い物してみました。モウムリさんに報酬入るかな?入るといいなあ

| てっちゃん | 2016/05/26 00:53 | URL | ≫ EDIT

みなさんコメントありがとうございました。
てっちゃん氏、エロいグッズなどが売れてなくて安心しました。

| モウムリ(管理者) | 2016/05/30 22:49 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。