正しいパチンコ

中途半端なパチ生活者が正しいパチンコをまっとうに語ろうと試みるブログ。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
→サイトトップへ

【 全記事一覧 】 【 機種情報 】 【 正しいパチンコ本 】


| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

ハマリ続きの日々の対処法?

こうすると良いという対処法ではなく、私はこうしているというお話ですから、全く参考になるものではありません。あしからず。

毎日打って、毎日ハマるという事もパチンコ生活をしていれば避けられません。自分のできる範囲でベストな判断をしたとしても、そんなものは運の前には儚いもので、内容は良くてもほとんど勝てない、あるいは負け続けるなんていうこともたまにあります。

勝てずともいい内容だから満足だ、期待値を追求してマシンになって打ち込むべし、こんな言葉をたまに聞きますが、私にはそういう感情はないです。結果が悪かった場合、その過去の結果については無意味です。内容が良いから満足だなんていう考えは甘いとしかいいようがありません。

さて、その避けられない不運に連日見舞われて打っても打っても不運の連続という場合の私の対処・・・いや、対処ではないです。そういう場合私は、死ぬほど打ち続けます。気持ちとしては、「こんだけハマってるのに、さらにまたハマるか!ヨーシわかった、どこまでハマるかやってみてやろうじゃないか」という感じです。

そのままハマり続けて大変なことになるという可能性もモチロンあるわけですが、そうなったらそうなったでいい、殺さば殺せの気持ちで意地になって打ちまくってきました。幸い、その最中にツキが回復(?)してきてどうにか結果も出始めて事なきを得たというのが今までのパターンです。(総合的には不運だったかもしれませんが、そういう結果になったという面ではツキに後押しされてここまで来たという実感もあります。)

打ち続ける、打ちまくるというのは具体的に言うと、一日の中では残り時間での期待値が少しでもあると判断できたらヤメずに続行します。等価ではないお店の場合、夜になってからの現金投資という展開になった場合、効率を考えたらヤメた方が賢明な場合も少なくないです。例えば玉比を考えたら時間数百円しか期待値がないなんて場合もあり、そういう場合は実際には打ってもあまり意味はないです。

そして日々の打ち方としては、全く休みません。4ヶ月無休で打ち続けたこともあります。疲れも出てきますし、それが原因で判断をミスする場合もあるかもしれませんが、なんだかんだで休まなければ期待値の高はやっぱり出ます。とにかく1円でも多く稼ぐための、自分のできる事を目一杯やるということです。

効率や時間あたりの期待値という面では内容は下がるかもしれませんが、とにかく高を稼いで、稼いで、稼ぎまくって、どうだ!これでもダメか!という感じで打ち続けるんです。期待値の高を稼げばやはり結果にも繋がりやすいのか、あるいは単に運に後押しされたのか、それでどうにかハマリを突き破ってこれました。


ただし、最初に書いた通りこれはハマリの時期を乗り越えるための対策というようなものではありません。言うまでもなくこんなことをしない方がいいと思います。現実的にはむしろ休んで心身をリフレッシュした方が実利的な気がします。また、期待値の高を積むと言っても実現性のあるものでないと意味が薄いというのはハマリ中だろうが調子のいい時期だろうが変わりません。(例えば同じ期待値を積むにしてもマイルドな機種とマックス機では意味が全く違います。)

効率を考えれば損とも言える「打ちまくることによるハマリ状態の突破」はほとんど意地になってやっているんですが、もうひとつ「期待値だなんだと言っても結果を出さないと意味がなく、結果は勝手についてくるものではなく自分でもぎ取るまで打ち切ることで勝ち取るもの」という自身の考えを形にしたいという意図もあります。


パチンコ生活をやっていれば、一日の勝負の中でも、ある程度の期間に渡っても、ハマリに見舞われることは避けられないです。しかし、ハマろうがなんだろうが、内容が良ければOKという考えは間違いとまではいいませんが、甘いです。

私みたいな消耗度の高い方法でハマリを突破することはとてもオススメできませんが、天からの試練を突破するにはキツイ状況でも粘り強さを失わないこと、これしかないと思います。ただこれは言葉で言うのは簡単ですが、心身のスタミナと経験が必要なことだと思います。しかし考えてみれば、ここまで心身をすり減らしてまでパチンコを打つなんて馬鹿げた話です。

儲ける楽しみを含んでも含まなくても、娯楽としてのパチンコから逸脱してしまった時、パチンコとの関係は不幸なものになってしまうという話でもありますね。
関連記事
→サイトトップへ

【 全記事一覧 】 【 機種情報 】 【 正しいパチンコ本 】


| コラム | 03:23 | comments:3 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT

私もヒキが悪い時が続くと、仕事量だけでも稼ごうと必死になって打つことが多かったですが、昨今は(昔に比べて)期待値の低い台ばかりなので、マイナス収支のままズルズルと続いてしまうことがあります。私も、パチンコパチスロは楽しめる方だとは思うのですが、さすがに負けが数か月間も続くと、何が楽しいのか、毎日苦しんでいるだけではないのかと自問自答して、得られる金額(期待値)と苦しみのバランスが合わない判断、結局今年に入ってから一度も打たなくなってしまいました。それにしても今年は目玉機種というのが出てこないですね。昨年も不作だったとはいえ、まだいくつかあったと思うのですが・・

| う | 2015/06/24 10:25 | URL | ≫ EDIT

ハマりまくりの時期は不定期に訪れますがいつまでたっても慣れません。資金はソコソコあるのでショートの心配はないのですが、毎日毎日当たりが取れない日々が続くと自分の存在意義を見失う辛さがあります。
それが嫌ならパチンコをやめればいいだけなんですがね。何回もやめよう、こんな生活抜け出そうとも思いましたが、次の日になると今日こそはと台と向き合ってる自分に驚かされます。

今回は珍しく熱い内容の記事でしたので、つい要らぬコメントをしてしまいました。更新楽しみにしています。

| ハリマオー | 2015/06/24 17:43 | URL |

(パチ生活者がツブれるまで)はもう再開しないとですか?

| que | 2015/07/11 22:57 | URL |















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。