正しいパチンコ

中途半端なパチ生活者が正しいパチンコをまっとうに語ろうと試みるブログ。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
→サイトトップへ

【 全記事一覧 】 【 機種情報 】 【 正しいパチンコ本 】


| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

直近のデジパチの傾向

パチンコ店のルールや交換率、主流となるパチンコ機のスペックが時代とともに割と短いスパンで変化していっているという話は以前に書きました。その時は10年以上前から振り返って大きく見て行きましたけど、今回は同じテーマですけどここ1~2年前から現在までを振り返ってみたいと思います。

パチンコ機の中身の規定的な部分ではここしばらく大きな変化はありませんけど、スペック的な部分はけっこう変わってきたなあと感じています。確変の潜伏機やラウンド変動などの変則スペックが多くなってきたという部分もありますけど、それよりも機械の出玉性能が高くなってきている事を強く感じます。

参考までに、1~2年前の主流だった機種数機種と、現在主流の機種+最新機種の数機種について、メインデジタル1回転あたりに期待できる出玉数の一覧表を貼ります。ちなみに、甘い機種は出玉が削られやすいとか、ヘソと電チューで突確率が違う機種なんかはお店によって数値が変わってきますけど、機種そのものの能力という部分を見る事が目的なので出玉数はアタッカーのカウント数と賞球数から計算した数値をそのまま使用し、突確率が変化する機種は電チューサポート中は概ね電チュー入賞で消化するものとして数値を出しました。
(携帯ではちゃんと表示されないかもしれません)

1~2年前の機種
【エヴァ2XF】【スー海M55W】【冬のソナタ(旧)】【ウルトラマン】
14.814.915.914.9

最近の機種
【大海スペシャル】【 花の慶次 】【ジュラシックパーク】
14.914.315.2
【 七人の侍 】【響三姉妹H1AX】【エヴァ4使徒再び】
15.615.015.1

まあだいたいこの数値が15以上なら基本スペックの甘い機種だと言えると思うんですけど、ひと昔前は京楽系だけがやたら甘くて(その代わり遅い)、他メーカーの機種は概ねエヴァXFくらいの感じでした。この数値で15を越える甘さを持った機種はあまり多くなかったように思います。ところが大体1年くらい前から15越えの甘めの機種がボチボチ登場するようになってきました。そしてふと気付けば今ではほとんどのCRデジパチが15越えです。ただ、その分デジタルの消化が遅い機種が増えているので、全デジパチ京楽化現象が起こっていると言い換えても良さそうです。この事が何を意味するかというと、デジパチが今までにも増してさらに荒い遊戯になっているということです。

出玉性能の低さをスピードで補うような機種、現役機種でいうと沖縄海なんかがそうなんですけど、こういった機種はいっぱい回せる上に、単位回転当たりの期待値の単価が同じだったとしたらデジタルの回転率は高くなりますから、安定性があるんです。それに対して今主流のハイスペック・ロースピード機の場合ですけど、初当たり確率は昔とそう変わりませんから、連チャンの部分でスペックを引き上げてあるわけです。それに加えてデジタル消化が遅いですから、マグレ一発の連チャンが期待できる半面安定性を欠きます。

こう書くとあまり良い傾向ではなくて勝ちづらくなったような印象を与えるかもしれませんが、パチンコはある一点だけを見てどうこう考えるものではありませんから一概にそうとも言えません。要するにトレンドが変わったらそれについていくように工夫してどうにかなれば良いわけです。そして僕は今現在の状況はどうにか対応できる状況だと思っています。

というのは、荒ければ荒いほど甘い調整の台が見つけやすいのは普通の事ですから、上記の表の中で言うと「七人の侍」とか、あるいは僕が最近打った機種でいうと「バックトゥザフューチャー」なんかは相当甘いですから、お店がちょっとアケてくれるだけで案外簡単に納得レベルの台になってしまったりします。

それから最近の傾向としてハイスペック・ロースピード化以外にもバトルタイプとか、パトラッシュのような変則タイプが割と登場しているという事がありまして、これらの機種は案外スキが大きい傾向があります。具体的には電チューサポート中の時間が多い機種ですから、そこに稼ぎどころがあったりもしますし変則タイプはやっぱり荒い傾向がありますから、割と釘もアキやすいようにも思います。

要するに、いつも書いている通りパチンコは総合的判断で考える応用問題ですから、状況に応じて柔軟に考えるという事です。そしてそれは特段難しい事ではなくて、全ては正しいパチンコの基本の基本という部分からの延長線上にあるわけです。

その中身の具体的な部分は、ここで説明してわかるような人は自分で考える事ができると思いますし、その程度のことすら自分で考える事ができない人には説明しても無駄ですから、ここでは説明しませんけどね。



9/4のパチンコ:
久々に沖縄海物語を打ちました。まあまあレベル程度の台だったんですが、夕方前に持ち玉壊滅して追いませんでした。野球のナイター中継に間に合う時刻に帰れたこと、帰ってすぐ雷雨になった事を考えれば、負けたけど少しラッキーが訪れました。18500円の負けでした。
関連記事
→サイトトップへ

【 全記事一覧 】 【 機種情報 】 【 正しいパチンコ本 】


| コラム | 22:55 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。