正しいパチンコ

中途半端なパチ生活者が正しいパチンコをまっとうに語ろうと試みるブログ。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
→サイトトップへ

【 全記事一覧 】 【 機種情報 】 【 正しいパチンコ本 】


| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

止め打ち禁止だからダメなお店?

電サポ中の変則打ちが禁止というお店は今どき珍しくありません。変則打ちの定義はお店によって色々でしょうが、電サポ中はとにかく打ちっぱなしじゃないとダメなんてお店も少なくないです。

そして、実は案外そういうお店に行く機会も少なくないです。

止め打ち禁止だからダメという固定観念に引っ張られてしばらくスルーしていたのですが、夏くらいからそういう店にだってじゅうぶんに打てる台はあるという事に気づき、最近ではむしろ気に入っているくらいです。

というのも、ものすごく楽だから。電サポ中が休憩時間になりますし、連チャンするかどうかを純粋に楽しむ事ができます。

そういうお店に行くようになって感じる事は、打ちっぱなしでも案外増える台が多いですね。いや、別に増えようが減ろうが打てればいいわけで、ガッポリ増やせるという事が皆無な分、爆発的に回る台を打つ事が多くなってきました。

何年か前の同時期と比べると、打っている台の値段は同じかちょっと下がっているくらいなのですが、回転率に関してはかなり高くなっています。それすなわち、安定性がすこぶる高いという事を意味します。

電サポ中に玉を増やすという方法、回転率の高い台を打つ方法、どちらのアプローチも値段を高くするのに有効なわけで、両立できれば最高ですがどちらか一方をと考えると、後者の方が良いに決まってます。

電サポってものは当たらないとついてきませんけど、回す事はいつも安定的にできますから、メリットを享受する機会も安定的に得られるという事です。

(なんか、当たり前すぎて書いててバカバカしくなってきました。)

止め打ち禁止店で打てる台を見つけると、ハッキリ言っていい事しかないです。お店との摩擦の心配もありませんし、回るから楽ですし、電サポ中は連チャンを期待してパチンコを純粋に楽しめます。

そんな台ネーヨ!と感じる方も多いと思いますし、実際にない地域も少なくないとは思います。あったとしても、素人が簡単に見つけられたら苦労しません。

ただし経験上ひとつ言える事は、回る台がないと感じる原因は大抵、「探し足りてない」という事です。

(もうひとつ追記しておくならば、そこまで必死で探して打つほどパチンコという遊戯に価値はありません。)
関連記事
→サイトトップへ

【 全記事一覧 】 【 機種情報 】 【 正しいパチンコ本 】


| コラム | 00:14 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。