正しいパチンコ

中途半端なパチ生活者が正しいパチンコをまっとうに語ろうと試みるブログ。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
→サイトトップへ

【 全記事一覧 】 【 機種情報 】 【 正しいパチンコ本 】


| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

皆さんの大好きな「確率の収束」

今日の話題は皆さんの大好きは「確率の収束」というヤツについてです。

僕は数学用語に詳しくないので、「確率の収束」という言葉が正式な数学用語なのかパチンコ用語なのかも知りませんし、数学用語だったとしても正確にどういう意味なのかわかりません。ただ、パチンコ用語として使う場合は、「膨大な実践を重ねれば大体機械の性能どおりの当たり具合に近いところに着地する」くらいの意味だと思います。そして正攻法のパチンコは、「良い台打ってりゃ長い目でみれば儲かる」という事を期待してやるわけです。

一応数値的な部分を列挙してみます。
※こちらのサイトから拝借しました。
 「アラプロの正攻法で勝つ」 http://blog.auone.jp/arapro/
※携帯ではうまく表示されないかもしれません。

約1/370の機種を2500回転回した場合の初当たり回数
0回1~3回4~6回7回8~10回11回以上
0.11%9.3%39.5%14.9%28.4%7.8%

7回だけソロ活動してるのは、1/370の2500回転ですから、平均すると7回弱になるからです。その平均に近い7回というのが14.9%ということは、7日弱に1回ですから平日毎日打ったとしても月に3日しか平均の当たり具合をしないということです。これはついこないだの記事で書きましたけど、今日びのパチンコなんてものは機械の性能通りに当たる日の方がマレで、大抵の日は当たらなくてコノヤロウと思う日か、やたら当たってバカヅキかっぱぎ状態の日かどっちかなワケです。

この中で注目したいところは、0回のところと1~3回のところです。2500回転で3回以下っていったら、実際やってみたら相当キツイです。何が起ころうと全く当たる気がしないような状態だと思います。それがなんと11日に1回を越えるペースでやってきます。恐ろしいですねぇ、やってられませんねぇ、パチンコなんてロクなもんじゃないですねぇ。さらに、0回が0.11%=1000日に1日強あります。1000日と考えずに、今日なら今日、明日なら明日1日と考えると1000人のパチンコ遊戯者のうち1人くらいは2500回転でボウズを食うわけです、イヤですねぇ。自分がその1人に選出されない保障なんて全くないんですよ。

確率分母の100倍(約37000回転)回したときの初当り回数
69回未満70~89回90~109回110~129回130回以上
0.03%15.07%68.00%16.64%0.27%

89回未満が合計15%以上あります。37000回転も回した人が7人くらいいたら1人くらいは初当たりが10回以上少ない人がいるわけです。初当たりで10回ってことは、連チャンも含めると30回とか35回とかそういうレベルです。37000回転ということは、1日を2500回転とすると15日分くらいです。15日もの間必死で回した人が7人いたとしたら、ウチ1人は当たり1回を金額にして5000円として、150000万円以上引き負ける不幸に見舞われます。そして当然自分がその1人に選出されない保障はありません。むしろ1/7なんて軽く引けます。いやですねぇ、やってらんないですねぇ、パチンコってひどい遊びですねぇ。15万円って平気ですか?僕は平気じゃないです。相当ムカつきます。

ついでに、そういう不幸が2回続いてしまうかわいそうな人も7×7=49人に1人はいるわけです。そしてその1人に自分が選出され(略


何がいいたいかと言うと、みんなが大好きな「確率の収束」というヤツはひとりの人間が簡単に実感できるようなシロモノではないという事です。できる事と言えば正しいパチンコをやった上で、自分が不幸な人に選出されないように祈るだけです。運悪く選出されてしまっても用意した資金が底をついてしまうまでは生き残れますが、底をついた時点でジ・エンドです。どんなに正しいパチンコをやっていても日ごろの行いが良くても、不幸な人に選出されるリスクは全員に平等にあります。

それからパチンコの機械には、当たり具合の帳尻合わせをするような機能はついていません。不幸な人に選出されてしまって特大の損失をしてしまった場合、一生その損失を背負っていくと考えるのが正しいです。みんながシューソクと呼んでいる現象は、1/370が1/370に近づいていくというようなものではなくて、「100万円の期待収支だったのに100万円引き負けしてゼロだったら大変だけど、1億円の期待収支だったのに100万円引き負けして9900万円儲かったら、大体オッケーだ」というような現象の事を言います。

パチ生活者の僕としては、今日びのパチンコでは特に数ヶ月とか1年程度では期待収支通りもしくはそれに近い結果にはならない事は当たり前だと思っていますから、、正直なところツブれてしまう程の恐ろしい不幸に見舞われない事を祈りつつ、不幸にもそうなってしまった場合は地獄に落ちる事を覚悟せざるを得ないという感じです。

儲ける事を志向するパチンコというものは理不尽なものです。正しいパチンコを理解して実践する事はある意味簡単ですけど、不幸に見舞われてしまえば一巻の終わりですから、なるべくならパチンコという遊びには足を踏み入れない方が良いです。世間体も悪いですしね。



9/2のパチンコ:
CRバックトゥザフューチャーの昨日と同じ席で粘りました。良く回るのもおそらく今日までなんで、実は明日のアテがありません。まあ、アテがない日っていうのも頻繁にありますからまた必死になる・・・そんな繰り返しのどうしようもない毎日です。11時間で64000円の浮きでした。
関連記事
→サイトトップへ

【 全記事一覧 】 【 機種情報 】 【 正しいパチンコ本 】


| コラム | 00:08 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。