正しいパチンコ

中途半端なパチ生活者が正しいパチンコをまっとうに語ろうと試みるブログ。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
→サイトトップへ

【 全記事一覧 】 【 機種情報 】 【 正しいパチンコ本 】


| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

最近思った事 (オムニバス)

たまには何か書かないと広告が出ちゃうので、何か書きます。


▼CRもっと!レレレにおまかせ!もういっかい!の話
4時間ほど打ちました。前作とヤクモノから何からほとんど同じですが、直撃と保留がなくなって普通のハネモノに近くなりました。全当たり15ラウンドなのですが、ラウンドごとのハネ開放回数が変化して、実質15ラウンド以外の当たりも存在するようになっています。

SPルートに入っても1/4弱でしか当たらないので、あまり興奮すると損します。逆に、ノーマルルートでもホウキのツッツキさえ成功すれば1/8弱で当たるので少しは興奮しても損はありません。そしてSPルートは回転体の真上の玉がセットされる瞬間で当たるかどうか大体わかってしまうので、ひとつも面白くありません。

正直、最近登場しているハネモノ群の中ではつまんない方だと思いますから、楽しむという面でもあえてオススメしません。

レレレシリーズは伝統的に、ホウキのツッツキ率に個体差が出やすいようです。覚えておいて損はありませんが、別にトクという程でもありません。基本的に辛めのヤクモノな上に拾いにくいゲージですから、バカみたいに鳴くとかお店が拾いを良くしようと意図した調整をしていない限り、わざわざ座りたくないです。

ハネモノの中では厳しい機種というのが実際のところですが、前作の場合は導入直後に、前述のホウキ具合の良好な台を探して打つ事でけっこうチャンスがありました。お店が使いこなす前に儲けたという感じです。ただ、こういう話を真に受けていっちょオレも・・・なんて思うとロクな事はありませんよ。


▼いまどき・・・という話
電チューサポート中に玉を増やすなんていうのが少し前に空前の流行をして、結果的に最悪な展開になってしまったというのは記憶に新しいところです。

何度か触れているような気がしますが、今となっては丁寧に打てば大きく増やせるような台を発見したとしても、一日打ったら終わりというつもりで丁度いいでしょう。あんまりコチョコチョやっても結局はお店のお目こぼしの内側で踊っているだけですから。

少し前向きな話をするとすれば、今はむしろ2個戻しの台の方がそういう上乗せを楽に取れる機会が増えてきたように思います。シメない限りバカスカ拾う機種も多いですし、お店の方も2個戻し機に関しては昔のように普通の調整で置いてくれている事が多いです。

かと言ってそこは2個戻しなんで、それだけでどうこうなるというような話ではないのですが、そのくらいの方が却って回数を多く打てるので、丁度いいと思います。


▼花の慶次の話
マックスの方はほとんど打った事がありませんが、ハネデジバージョンはぼちぼち打った事があります。しかし、このシリーズは何故か打っても打っても当たりません。こればっかりは体質としか言いようがないという感じです。

前作を最後に打った日は、1,000回転の間に突確(スルー)が一回だけでした。そんな具合ですから、どうなればアツいのかさっぱりわかりません。だから何と言われても別にとしか答えられませんけど。


▼辻褄が合っている話
パチンコ店内ではしばしば、平成の世にこんな光景を見ることがあるのか・・・と思う事があります。というか、信じられないほどそういう事をしでかす人が多いという事です。灰皿部分がびっくりするほど灰だらけで超汚いとか、台をど突くとか、貧乏揺すりをするとか、まあパチンコ店内以外では滅多に見ないですよね。

しかしえらいもんで、上記のような行動はやる人は全部フルコースでやります。灰をちらかす人は台をど突くし貧乏揺すりもします。他は何もしないのに台だけはど突くというような人は少ないわけで、ある意味とても納得がいきます。辻褄が合っています。
関連記事
→サイトトップへ

【 全記事一覧 】 【 機種情報 】 【 正しいパチンコ本 】


| コラム | 00:30 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。