正しいパチンコ

中途半端なパチ生活者が正しいパチンコをまっとうに語ろうと試みるブログ。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
→サイトトップへ

【 全記事一覧 】 【 機種情報 】 【 正しいパチンコ本 】


| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

スマホを使ってパチンコのデータを取る話

何度か似たようなテーマで記事をアップしましたが、今回はより具体的な話です。いい内容の記事だと自負していますが、ほぼ評価されないことでしょう。それでいいんです。それでこそ健全で平和なニッポンです。


さて、まずは結論から書きますと、一般的なスマートフォンはパチンコのデータ取りには向いてません。

理由を説明します。


まず、そもそもパチンコをやりながらデータを取るのは何のためかという話です。

まず、最終的な目的は「儲けるため」です。儲けるためにはいい内容のパチンコをしなくてはいけないので、自分がいい内容で打ててるかどうか確認するために記録を取るわけです。

さらに突っ込んでみると、日々記録を取っていい内容で打ててるかどうかを確認していくという作業、つまり、今月は期待収支をいくら積んだかを確認するというような作業、これって極論すれば要らないです。

確認して、いくら積んだかを知ってても知らなくても、実際いくら儲かったかという結果には何の影響もありません。

ココで言う「儲けるためにデータを取る」という意味での「データ」は、パチンコが終わってから良かった、悪かったという使い方のデータではなくって、打ちながら今打ってる台の能力を知るためのデータのことです。

最近はパチンコ機のスペックや現実的なお店の調整を考えると、パチンコがややこしくなっていますから、仮に同じ機種だったとしてもたとえば回転率だけ見て「こんなもんなら大丈夫」では通用しない場面が増えてきています。

全部ひっくるめて大丈夫(=続行していい)か、大丈夫じゃない(=移動すべき)かを判断する必要性が強まっているんです。

まとめると、打ちながら今座っている台の能力を高い精度でリアルタイムに計測しないと無意味っていうことです。逆の言い方をすれば、それをせずにどうやって儲けるんだ?と疑問に思うくらいです。文句なしにバカ回る台をいつも打てるなら話は別でしょうが・・・。


そのためには、できればパソコンを持ち込んでExcelを使って逐一入力していくのがベストなんですが、実際パチンコ台の席でノートパソコンを広げるなんて、色んな意味でバカ丸出しですから現実的じゃありません。

だからスマホを使うんですが、普通のスマホをパソコン代わりにするのもちょっと問題を含んでいます。

この記事を書いている2013年6月現在、市販されている一般的なスマホと考えると、電池の持ちが悪いということ、タッチスクリーンなので操作性が悪いということ、この2点がマズイんです。

電池持ちの悪さは充電器でどうにかなりますが、困るのはタッチスクリーン(タッチパッド?)による操作性の方ですね。

ご存知の人も少なくないと思いますが、今どきのパチンコは記録を取るにしてもなかなか忙しいです。ラウンド数が固定の機種の方が珍しいくらいですし、回転数や当たりの個数だけじゃなくて、電チューサポート中の動向も細かく記録しなくてはいけません。

その忙しくて細かい入力を、押し間違えやすくて反応のイマイチ良くないタッチスクリーンで行うのは正直厳しいと思います。タッチスクリーンというもの自体が、液晶を見ながらの入力を前提して作られていますからね。


そうなってくると、パチンコのデータ入力に向いている端末は何か、もうおわかりだと思います。テンキーのついてる携帯端末ですね。

ガラケーっていう意味じゃないです。テンキー(ハードキー)つきの、ちょっと前のPDAとかスマホが向いてると思います。そして、ソフト面ではWindows Mobileが載っているヤツだと標準でExcelが入ってますからベストですね。

そういった条件を満たす端末はと言うと、昔売られていた古い端末に多いです。

(正直言って、パチンコのデータ云々は別にしても、テンキー、ハードキーつきのWindows携帯が普及すれば良かったのに・・・と心から思いますよ。タッチスクリーンのAndroidとかiPhoneなんて、どうしてこんな使いづらいものが主流になってるのか!)


ちなみに、Excelなど表計算ソフトがあったとして、肝心のワークシートなんですが、そのくらいは自分で組めないとパチンコで儲けようというのはハナから無理ですから、ワークシートが組めないからどうしよう!と悩む必要はありません。


さて、ハードテンキーつきのWindows Mobile端末は先に書いたように既に廃れてしまっていますから、携帯ショップや家電屋に行っても売ってません。しかしいい時代になったもんで、ネットで探せばまだけっこう残っています。値段も安いです。

これからますます入手が困難になりそうですから、今のうちに買っておくといいかもしれません。(ちなみに私は予備も含めて3台買ってあります。)



関連記事
→サイトトップへ

【 全記事一覧 】 【 機種情報 】 【 正しいパチンコ本 】


| コラム | 02:16 | comments:1 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT

見た目がハッキリしている低換金店での釘なんかだとわかりやすくていいのですが、等価交換だと微妙な台を打つ機会が多いので計算は大事ですよね。等価主流のパチンコで儲けるっては大変ですね。

| 鬼 | 2013/06/26 19:18 | URL |















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。