正しいパチンコ

中途半端なパチ生活者が正しいパチンコをまっとうに語ろうと試みるブログ。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
→サイトトップへ

【 全記事一覧 】 【 機種情報 】 【 正しいパチンコ本 】


| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

亜流海物語の系譜

海物語シリーズは、1995年に登場した初代機も含めてほとんどの機種に触れたことがあります。そんな私のようなオールドファンならずとも馴染みが深い人が多いと思います。

横向きに絵柄が流れる5ラインで、予告やスーパーリーチがシンプルであるという部分が特徴ですが、その特徴をほとんど丸パクリしたような亜流機種が他メーカーから数多くリリースされていて、「まあ、それはそれでいいんじゃないの」的な流れになっているところが面白いところです。

新しいところではニューギンの「楽園娘」がありますが、これに関してはあまりのやっつけ仕事に語ることもありませんね。過去には、パクリ機種といえどもなかなか良くできた機種もボチボチ存在しました。

CR楽園娘

個人的に高く評価しているのは藤商事の「ドルフィンダイブ」です。ハネデジの方しか打ったことはありませんが、なかなか当たる気がするいいバランスの演出でした。シンプルさは本家譲りなのですが、打ち込むほどに見えてくるリーチの強弱も楽しさの一員でした。ちなみに、海の生き物の中になぜか淡水魚も混じっているというイマイチ仕上がってない感も密かに楽しんでいました。

ドルフィンダイブ - 淡水魚リーチ
CRドルフィンダイブ

ニューギンの「おさかな物語」もそれなりに楽しんで打っていたように思います。これも洗練さとは程遠い作りの荒さなんですが、魚群探査とか絵柄がギューギューに詰まって多面張になるリーチなど、適当に新要素を追加してあって好感を持ちました。当たり中に流れる「おさかな天国」のロウファイさがB級臭を漂わせていて良いです。

西陣の「海です」なんてのも、それほど打った回数はありませんが印象に残っています。投げやりにも程がある機種名もですが、マリンちゃんに相当する女性キャラが妙にリアルな金髪女で、ハッキリ言って怖い!

CR海です - 怖い・・・
CR海です

大一の「海伝説」は、意図的にオリジナリティを排除しているとすら感じられるほどに本家ソックリです。清々しいほどです。数字とキャラクターの対応まで本家と同じです。ついでに、ギンギラパラダイスの時にはいたのにいつのまにかなかったことになっていたカサゴが復活しています。


これらの亜流機種は本家海はミドルしかなかった時代にハネデジや昔の現金機みたいなスペックを搭載したりして多くリリースされていましたが、最近は本家の方でひと通りのスペックを網羅してしまっているという点も、最近あんまり出ない理由かもしれませんね。
関連記事
→サイトトップへ

【 全記事一覧 】 【 機種情報 】 【 正しいパチンコ本 】


| コラム | 01:30 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。