正しいパチンコ

中途半端なパチ生活者が正しいパチンコをまっとうに語ろうと試みるブログ。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
→サイトトップへ

【 全記事一覧 】 【 機種情報 】 【 正しいパチンコ本 】


| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

2012年の一番面白いパチンコ

大晦日となりました。健康のためもう休んでいます。いや、年末年始を口実にダラけたいのでダラけています。

今年も色々なパチンコ機が使い捨てられてきました。高価なパチンコ機も下手をすると一週間で産業廃棄物扱いですから、少しズレた世界である事は間違いありません。もっと長く大事に遊ばせてもらえばベストなのですが、我々打ち手がすぐ飽きて新しい機種ばっかり座りたがるんだから自業自得です。しかし、それぞれの機種の味わいを見出す前に次のが出るんだから無理もない面もあり、どっちもどっちです。

海物語で言えば、今年は去年の秋に出たプレミアム海物語、今年に入ってからの大海物語2デラックス海物語に触れる機会がありました。海物語が特別なシリーズである事には変わりありませんが、特別感は薄れてきてしまいました。ハード面、ソフト面、両面の性能においても、お客さんの評判においても、ずいぶんなところまで成り下がってしまった印象です。

関係ありませんが、プレミアム海物語のこの音楽はなかなか構成がしっかりしている力作です。海物語シリーズの音楽は意図的に才能がない感じを目指して作られていると思われますので、毎度苦笑いなのですが、この曲くらいまともであれば連チャンが続く事を祈って握るコブシにも力が入ろうものです。

今年は銭形タイプのライトミドル機が躍進を遂げた年であった印象も強いです。パチンコ界のトレンドに大きな変化を与えました。しかしながら、結局は電チューやアタッカーに余計に玉を入れるゲームみたいな機種しか触る機会がありませんでした。お店の扱いは厳しいです。

ライトミドルの荒さでこの扱いではちょっとイヤだなあと思います。もう少し、回る台を探して普通に打つ感じでやりたいところです。ライトミドルという呼び方がウマいというかなんというか。軽~いスナック感覚のネーミングですけど、少し前のミドルより数段荒いですから、クレイジーライトとでも呼ぶべきです。昔の巨人ファンには懐かしい響きだし、語呂も悪くないです。

今年クレイジーライト機で一番触ったのはゼロデザイズです。ボタンのネジリがとても気に入ったので、忙しいST中もネジリに余念がありませんでした。ハネデジよりもクレイジーライトの方がネジリのワクワク感が高いという珍しい機種でもありました。

また、多種多様なスペックの機種がどんどん登場したという印象もあります。ハロー!プロジェクトカメレオンみたいな、初当たり確率1/260くらいの機種があったかと思えば、1/400のマックスも懲りもせず次々にリリースされました。それにしても、軒並み荒い!もう少しマイルドな機種を・・・と望んだところで、それも自業自得なので仕方ありません。

だって、マイルド機種は我々打ち手があまりにも座んないせいか、ひどい扱いなんですもの。デジテンとかくるくるパチンコなんて、とんでもない事になっています。どうやったらあんなに回らないようにできるんでしょうか。期待値的には、パチンコ史上最も低いレベルだったんじゃないでしょうか。ブンブン回る前提で設計された機種が、他機種と同じ回りなんですから。

ハネデジに関しても、多様性と荒さが数段アップしました。しかし、ハネデジに関しては、多少の荒さはむしろ必要だと思っています。一部の例外を除けば、ハネデジは荒い機種でもかわいいもんなんで、ある程度の荒さは打てる調整の可能性を増してくれます。

しかし、使い捨て感はハネデジでも同様で、結果的にかなり多くの機種に触りました。覇Load2エウレカセブン宇宙をかける少女哭きの竜戦国乙女2ゼロデザイズルパンなど、枚挙に暇がありません。

しかし、最近はバラエティコーナーにもお下がりじゃなくて早いペースで新台を入れるお店が多いので、その都度いい台を探せば割と見つかるといういい流れも見られました。アケシメをあまりしないお店が多い中で、ハネデジのこの傾向は小さな事ですけど、けっこう楽させてもらえた部分だと思います。

さて、今年のパチンコ機を語る上で外せないのは、今年一番というよりここ数年で一番とも言えそうな大物機種のAKB48です。

個人的な感想としては、導入台数が多くてあまり減台されないので、回る台を探して打つという普通のパチンコができる機種であるという面だけでも評価できると思っています。ラッシュ中に玉を増やそうと頑張っている人も多いようですが、個人的にはまた同じ轍を踏むつもりかね?という気分です。こういう機種は余計な事しない方がいいんです。まあ、細かい事は各自勝手に判断してください。

総合的にみて良かった機種だと思っていますが、欲を言えばもう少しだけいい調整が多ければ・・・というのは私の腕の問題ですから仕方ないですね。死んだ気になってダイブできるくらいの調整でもないくらいの台を等価店で打つというケースが多く、ダイブの結果血まみれという日が多くてうんざりしました。ちょっと大げさですが、勝ち負け6ケタが当たり前みたいな感じで恐ろしいです。(実際、6ケタ負けた日はありませんでしたが)

そんなこんなで、ここまでの話の流れとは全く関係ありませんけど、私の独断で2012年の一番面白いパチンコはルパン三世99バージョンに決定致しました。私の環境では扱い的に、もう打てそうもないのが残念でなりません。

P.S.
ちょっと、「年末年始 パチンコ」「正月 パチンコ」で検索しすぎです!ヤル気まんまんじゃないですか(笑)。
関連記事
→サイトトップへ

【 全記事一覧 】 【 機種情報 】 【 正しいパチンコ本 】


| コラム | 20:08 | comments:1 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT

新年おめでとうございます

昨年私が一番打ったのはおそらくAKBだと思うんですが
この機種かなり荒い気がするんですよね
一度しか良い思いができてないからでしょうか?(笑)
銭形くらいの感じで打てるとありがたいんですが

今年もモウムリさんにはさりげない有益情報と
楽しい記事を期待してます

| | 2013/01/05 01:42 | URL |















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。