正しいパチンコ

中途半端なパチ生活者が正しいパチンコをまっとうに語ろうと試みるブログ。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
→サイトトップへ

【 全記事一覧 】 【 機種情報 】 【 正しいパチンコ本 】


| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

自分を計るモノサシ

パチンコの自力がある、うまいと言えるレベルってどのくらいなんでしょう。

私としては、最低でも10年(あくまで最低でも・・・)頑張ってる人というのが第一条件だと思います。ある程度長い期間頑張る事自体、ある程度の自力がないと難しいと思います。長い期間になれば、色々な変化にも対応してきたと思いますから、得意分野の一点突破ではなく、総合力で頑張ってきた証とも言えるんじゃないかと思います。

かくいう私は、最初にパチンコ生活者になったのは12年前ですが、途中で就職していてかなり間が空いているので、だいたい丸7年くらいです。ハッキリ言って、運だけで生き残ってきました。何度か、ここで大きな不運が来たらヤバい!という局面がありましたが、そういう正念場では毎回運に後押しされてきました。

パチンコ生活者になってすぐ、現金機に限界を感じて乏しい資金でCR機にダイブした時も、半年で100万円引き負けて安いのを覚悟でハネデジでとにかく結果を出して生き残ろうと試みた時も、優良な3円交換店が次々に等価交換になって自分の能力では八方塞がりの状況に追い込まれた時も、その都度運の後押しで生活を成り立たせながら乗り越える事ができました。

しかしこれは7年だから通用しただけです。10年、20年とこう都合よくは行きませんから、自力がないと必ず淘汰されると思います。

ところが孤独なパチンコ生活をしていると、自分を計るモノサシを自分勝手に都合よく設定してしまい、今のこのやり方でOKと考えてしまうものです。身近に親しいうまい人でもいれば別でしょうが、私はパチンコの仲間はいませんし作る気もありませんから、漫然と過ごしていると楽な方へ楽な方へと流れていってしまいます。

常々よく感じるのが、いつの間にか勝手に自分の限界を決めてしまって、現状のぬるま湯にドップリつかってしまいがちだという事です。

往復3時間かけて打ちに行くのはキツイから、なんて勝手に選択肢から外してますけど、よくよく考えればそのくらい遠方まで出ている時期だってありました。打つ時間にしたって、目一杯打ってるかというとけっこう休みが多いです。先月も8日休みましたしね。大した腕もないのに打たなさ過ぎです。せめて時間でカバーするくらいの気概が必要ですもんね。

遠くで打つ、多く打つ、キツく感じるのは冷静に考えるとちょっとおかしいです。会社行くのに比べたら超ラクです。

とりあえず今年もあと一ヶ月ですから、ここいらでもう一度ネジを巻き直してパチンコで遊び倒してやろうかなと思っています。とりあえず今月の目標はいっぱい打つ事です。
関連記事
→サイトトップへ

【 全記事一覧 】 【 機種情報 】 【 正しいパチンコ本 】


| コラム | 00:22 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。