正しいパチンコ

中途半端なパチ生活者が正しいパチンコをまっとうに語ろうと試みるブログ。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
→サイトトップへ

【 全記事一覧 】 【 機種情報 】 【 正しいパチンコ本 】


| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

上達は苦しみの先に

長いことパチンコばっかりやってると、さすがに上達するなあと感じる事もあれば、長いことやってるのに全然上達しないなあ、何やってるんだオレ!と思う事もそれ以上にあります。

負けてる人を0、とりあえず儲かる理屈を知っていて多少なりとも結果を出している人を1として、うまい人を10とすれば、私はだいたい3くらいに位置しているのかなと思います。

最近はインターネットに繋いで情報を拾うのが簡単ですから、0から1は随分ハードルが下がりました。その1はとても重要な事は間違いありません。ただ、その1だけでどうにかしようとすると「生兵法は怪我の元」という事になります。(そもそもパチンコで儲けるなんて事自体がアレだという話は置いといて・・・)

乱暴に片付けてしまうと、1は重要なんですけど、知ってるというだけの事です。極端な話、文字が読めたというだけの事です。しかし、パチンコには運がつきものですから結果が出る事もあるんです。結果が出なかった人が静かに退場してるだけの話です。ぶっちゃけ、1年や2年なら運だけで食べていけます。

※スタート地点での不運でトン死しなかった事自体幸運なんですよ。「引き負けててツイてる」というケースはザラにあります。

ところが1を2以上にするのは大変なんです。

釘の写真に矢印が書いてあるやつを見て勉強する・・・!?無意味です。あのような画像はカッコいいです。カッコいいから色んなところに掲載されているんです。(画像の上に玉が動画で踊っていれば少しは役立つかもしれませんね。)

数値関連の勉強をする・・・!?それは0から1の段階の話です。スペックさえ押さえられれば実用の計算は色んなケースを想定して臨機応変に、リアルタイムにできるはずです。できて当たり前、問題はそれを現場で瞬間の判断に役立てられるかどうかなんです。

パチンコ攻略サイトを見て勉強・・・!?パチンコ攻略サイトは、詳細スペック関連を別にすれば100あるうち99までは、筆者の自己愛を満たすためのものです。自己顕示欲とまで言ってしまうと言い過ぎですが、賢い人が賢いと褒めてもらいたいというもので、読んで上達するというものとは根本的に違います。ひとつの切り口として参考にするという程度の読み方が正しいバランス感覚です。

1からその上が大変なのは、ツイてる間に上達しない限り自分の血を流して経験を得る必要があるからです。

たとえば機種選択という問題に直面した場合、悩むポイントはスペックの荒さと自分の資金量という事になるのですが、どの程度の荒さまでなら「大丈夫」なのかというのは、ハッキリ言って知識や計算だけでは完全には答えは出ません。時には血を流して自身の経験から最善を模索するしかないと思っています。

確かに、スペックの荒さによって不運でアウトになってしまう確率というのも前提がキッチリしていれば何パーセントという風に算出できます。しかし算出できたところで、自分の体験は一発勝負です。0.01パーセントを引かない保証はありません。0.01パーセントを引く前提で動くのはナンセンスですが、引いたらトン死では済まないという事だけは押さえておかないといけません。その為の判断に必要なのは経験から来る感覚です。

もっと細かい話で言えば回りムラに関しても、OKな台と見込みがない台の判断なんてのは、釘も含めてですが「手応え」という経験に基づくものが大きいと思っています。経験を積めば積むほど、逆に言えば痛い目を見れば見るほど「手応え」の制度は上がります。

ホールでの立ち振る舞いなんてのも、経験から学ぶしかない事のひとつですね。わざわざ危険な目に自分から飛び込むような事をしても損にしかならないのですが、一般社会とパチンコホールでは常識が違います。普通の事をしてるつもりが危ない事をしてる場合が多々あります。しかし大概、理不尽がまかり通る世界で、それにアジャストしないわけにはいきません。

経験上、しみじみと感じる事があります。上達は苦しみの先にしかないという事です。

「しか」は言い過ぎかもしれませんが、環境に恵まれたりして楽に儲かる状態の時には上達のチャンスが少ないのは確かだと思います。(あくまでこれは私の実感なので、おそらく共感は得られないと思いますが。)

環境は人それぞれまちまちですからなかなか具体例は上げられないのですが、私の環境下においては、少ないお店、あるいはひとつのお店で半ジグマ的に打っていても収支は頭打ちです。しかし、もし仮にひとつのホールに巣食っても、多分ソコソコ食べていけるとも思っています。そうすれば今は楽だと思います。苦労しないと思います。

ソコソコ食べていけますから、ジグマスタイルの人もよく見かけます。あるホールに行くといつも必ず粘っている人です。(私とまったく同じ日にたまたまいつもいると考えるのは不自然ですから・・・)そういう人はけっこうたくさんいたのですが、ここ2~3年で全員見かけなくなりました。もっと良い、私の知らない店に移ったと思いたいのですが・・・そういう人もいるかもしれませんが・・・。

私の環境では、ジグマスタイルだと同じ台を何度も打つケースも多くなると思いますし、ある程度の内容で打てる日が少なくなるのは当たり前の事です。巣食ってもソコソコ食っていけるような優秀なお店の使い方としては勿体無いです。昔とは違うんです。と同時に、先に書いた上達のチャンスが少なくなるという面もあって、やはり不利だと思います。

あくまで私の経験上ですが、上達を実感できたのは決まって、失敗して出血する事を覚悟で経験の少ない事に飛び込んた後です。

たまにこういう真面目な事を書くと決まって最後に落としたくなります。そもそも、パチンコの上達の先にあるものなんて世間体の悪さや自分の程度を下げる事といったマイナス要素ばっかりです。

2012112801.jpg

関連記事
→サイトトップへ

【 全記事一覧 】 【 機種情報 】 【 正しいパチンコ本 】


| コラム | 00:22 | comments:1 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT

本当にいい記事ですね。
モウムリさんファンで暇があれば(びっくりする位つまんないパチンコ中)過去の記事を読み返していますがこの記事は本当に共感を持つ部分が多いです。最近はお忙しいのか記事の更新が少ないですね。金が発生してないのに何言ってんだって言われそうですけど、また面白い記事の更新よろしくお願いします。

| キツイんじゃー | 2014/05/12 09:51 | URL |















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。