正しいパチンコ

中途半端なパチ生活者が正しいパチンコをまっとうに語ろうと試みるブログ。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
→サイトトップへ

【 全記事一覧 】 【 機種情報 】 【 正しいパチンコ本 】


| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

遊ぶんジャー (京楽 1991年)

遊ぶんジャー (京楽) 遊ぶんジャー (京楽)
 保留連チャン+確変デジパチ
 初当たり確率 1/240
 大当たり出玉 約2300個

今ではデジパチ界をリードする存在になっている京楽も、この機種がリリースされた1991年当時はどちらかと言うとマイナーメーカーでした。野球で言うと、SANKYO・平和・西陣が巨人・阪神・ソフトバンクだとすれば、京楽はオリックスという感じでした。オリックスファンの方すみません。ちなみに私も阪急時代から30年来のファンです。

そのいまいちパっとしなかった京楽が初の液晶デジパチとしてリリースしたのがこの「遊ぶんじゃー」です。お気楽なネーミングとギャグ漫画タッチのセル板や液晶図柄の楽しいデジパチに仕上がっていました。

大当たり図柄15種
遊ぶんジャー (京楽)

ご覧の通りの遊び(レジャー)をテーマにした絵柄で、当時のデジパチとしてはなかなか凝ったデザインでした。そこはかとなく漂うB級臭は当時の京楽のイメージにピッタリです(笑)。

演出はノーマルリーチとロングリーチだけのシンプルなものでした。ノーマルがある程度長引くと音が変わってロングに発展し、大当たり図柄手前からヌルリンと動くというものでしたが、ロングはなかなかの高信頼度でした。総合的になかなかバランスが良く、面白いデジパチだったと思います。

確変+保留連チャンを搭載したデジパチなのですが、そのシステムはまず、15種の当たり図柄のうち3か7で揃うと次回大当たりまで電チュー確率がアップする確変機能(今でいう時短と同じようなものです)+ある条件を満たすと保留玉4個をそれぞれ1/24の確率で大当たりに書き換えるというものでした。

そしてその条件とは、大当たり最終の16ラウンドのVゾーン入賞個数が4~7個だった場合です。ただ打っていると8個以上入賞してしまう事もありますから、最終ラウンドに止め打ちをして入賞個数を調整する事により、連チャン率をアップさせる事ができました。

記憶が確かなら、同じ京楽系メーカーのまさむらの「マスタークライム」も同じシステムだったように思います。

当時の連チャン現金機は、そもそも本来は違法な当たり確率アップ機能を搭載していながら黙認されていたという状況ですから、実機の中を調べた内容が雑誌で公開されるまで詳細な連チャンシステムは公開されていませんでした。

当たると無条件で連チャン抽選が行われるタイプ(たそがれ連チャン機と呼ばれていました)とは違う、この機種のような条件つきの連チャン機の場合は、入賞個数調整などの工夫をしない限りお店(釘調整)によって連チャン率が違うなんて事もありました。当時ならではですね。

あまり出荷台数が多くなかった機種らしいのですが、私のよく行っていたお店に導入されており、見事に誰も打ってませんでした(笑)。そんな無人のコーナーで私ひとり打っていた思い出があります。割とデジタルはよく回ったのですが、ラッキーナンバーが少ないルールのお店だったのでべつに甘いというわけではありませんでしたけどね。
関連記事
→サイトトップへ

【 全記事一覧 】 【 機種情報 】 【 正しいパチンコ本 】


| 懐かしいパチンコ図鑑 | 02:17 | comments:1 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT

私も遊ぶんじゃー
打ちました
新台入れ替えでよく回り
出玉で「スーパーファミコン」に
交換した思い出があります

| パチ夫 | 2013/12/08 22:48 | URL |















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。