正しいパチンコ

中途半端なパチ生活者が正しいパチンコをまっとうに語ろうと試みるブログ。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
→サイトトップへ

【 全記事一覧 】 【 機種情報 】 【 正しいパチンコ本 】


| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

今年は色々、メンドクサい作業が増えました

気づけばもう11月も半ばです。まだ〆るのはだいぶ早いですが、今年のパチンコの印象を一言で表すならば、メンドクサかったなあという感じです。自分のパチンコ・スタイルは変わっていくものですが、いや、パチンコ界の状況が変わるのでそれに合わせる格好になるのですが、メンドクサい作業が増えたという事です。

ついつい昔は良かったなんて思ってしまいますが、ノドモト過ぎればという事もありますから、実際のところ去年までと比べてどっちがいいのかはわかりません。来年以降どうなるかはわかりませんが、できればもう少しだけ、マイルドなパチンコでお願いしたいです。しかし悲しいことに、その願いは絶対にかないません。

さて、今年印象に残った機種についていくつか触れてみます。

別に喜んで追いかけてたわけではありませんが、意外と多く打ったのがハネデジの戦国乙女2です。左打ち機の方が楽に台が見つかるなんていう状況がありましたから、その時にけっこう打ちました。今の感覚でいうと、出玉がほぼ一定ですからマイルドな部類ですが、以前を思い起こせばじゅうぶん荒いですね。慣れって恐ろしいものです。

大シャカラッシュもよく打ちました。これは単純に甘めの機種ですから、機会に恵まれれば打ちます。で、機会に恵まれたんです。ヌルリンと静かに光りもせずに回るパトランプの確定告知はとても素晴らしいです。その一点というような機種でした。

記録を紐解いてみると春くらいまで、地中海のハネデジをちらほら打ってますね。突き抜けたような台は打つ機会はありませんでしたが、帰るよりマシな台は簡単に見つかるという感じでした。これを打ってたということは苦しい時期だったという事です。安いんですよね。

安定した機種ですから日銭が入るので気が楽なのですが、こういうパチンコをやってると簡単に死ねます!

とにかく今年は色んな機種に触りました。数多くの機種・ゲージに自分の中の基準を作れたのは良かったと思います。色々と言えば、バラエティーコーナーに打てる台が多くなったというのも、私の環境の中ではちょっとした変化ですね。

今後についてはなるようにしかならないというのが実際のところです。この際スペック面については荒かろうがなんだろうが仕方ありませんし、それについていきますから、面白くて楽しめるパチンコ機で遊びたいです。

ゲーム性でも演出でも、これは!っていうような面白い機種をどんどん出してもらいたいです。現代のパチンコ界にも、ルパンWorld is Mineみたいな面白い機種は存在します。各メーカーさん、もっと頑張ってください。流行の猿真似みたいなパチンコばっかりというのは、売れりゃあそれでいいのか、心意気はないのかと思ってしまいます。

売れりゃあそれでいい、心意気なんざどうでもいいと言われれば、すいませんでしたとしか言えませんけど。

-----------

11/17 追記
コメント下さった方への回答:協会に入ってますし、してます。
関連記事
→サイトトップへ

【 全記事一覧 】 【 機種情報 】 【 正しいパチンコ本 】


| コラム | 00:08 | comments:3 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT

管理人さんは、納税しているのですか?
私は、この春大学を卒業したサラリーマン一年目です。仕事が終わるのが7時でホールに着くのが8時です。着いた時には、もう回る台など残っているわけもなく、あなたの様なパチプロが朝から晩まで打っています。大学生の時は、死ぬほど時間があり、多少釘もよめたのでバイト代位には、勝ってました。しかし今の状況で勝てるはずがなくバカバカしいので辞めました。あなたが台を選択してる時に、一般の人は、働いて税金を納めています。どう思いますか?

| サラリーマン一年目 | 2012/11/16 16:17 | URL |

おはようございます
いつも楽しみに拝見しています

コラムの内容も多岐に渡って非常に面白いです
ただあまり自虐的にはならなくていいのではないでしょうか?
(笑)

演出やゲーム性の解説もフムフムと納得しながら
機種によっては昔を思い出させてもらっています

最近の機種についてはモウムリさんのおっしゃるとおりで
特に色の違いで期待度を変えることについては
色を増やしすぎです 三色もあれば十分と思います 
特に黄色と金色は区別が難しいです

ついでですが
私が面白かったなと思う機種はばかばかしいギャグのものです
スキーJPとか月光仮面やおぼっちゃま君は笑いました
スキーを除くと評判はいまいちだったみたいですが・・・
とはいえおぼっちゃま君は相性が悪くそれほど打たなかったんですが
一度だけ11連したことがあったのに三人目くらいの女の先生にも勝てませんでした 
この辺のゲーム性は何とかしていただきたいです
あとバトルタイプの一旦負けて復活という演出も割合が多すぎる気がします
どうせいつかは連荘が終わるんだから復活演出は少なめにして
勝つときぐらいはスッキリ勝つようにしていただきたいです

記憶に残る好きな演出はパトラッシュの白パトです
ピキーンと鳴って白パトが回転したときの期待感は
最新機種の赤保留を上回ります(実際の期待度とは別に)
まあ実際にはがっかりパターンに行くことのほうが多いのですが
擬似蓮ごとの音の変化であれだけ期待感を高まらせた演出はすばらしいと思います

コラムの内容とずれてるコメントですみません
私の意見も発表したかったのでご容赦ください(汗)

| 週一 | 2012/11/17 08:41 | URL |

Re: タイトルなし

> あとバトルタイプの一旦負けて復活という演出も割合が多すぎる気がします
> どうせいつかは連荘が終わるんだから復活演出は少なめにして
> 勝つときぐらいはスッキリ勝つようにしていただきたいです

おっしゃるとおり!

| Mr.モウムリ | 2012/11/17 23:01 | URL |















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。