正しいパチンコ

中途半端なパチ生活者が正しいパチンコをまっとうに語ろうと試みるブログ。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
→サイトトップへ

【 全記事一覧 】 【 機種情報 】 【 正しいパチンコ本 】


| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

パチンコ年代記(クロニクル) 神保美佳

パチンコ年代記(クロニクル)は神保美佳さんの本です。

パチンコを文化としてとらえて、第一部では筆者の取材による膨大な資料を元にしたパチンコの歴史、第二部ではパチンコに登場するキャラクターについてまとめてあります。

第一部、パチンコの歴史と言うと、皆さんはどういうスタートラインから書かれていると想像されるでしょうか。これが実は、17世紀のヨーロッパで玉と釘を使った「マーブル」というゲーム機が存在しており、そこから始まっています。このように、我々が想像するよりももっとずっと深く調べられた本で、非常に読み応えがあります。

パチンコのルーツ、ウォールマシーン

日本のパチンコに関しては1920年代後半に「一銭パチンコ」として大人の娯楽として定着したという話から始まり、現代パチンコの本当のルーツとも言える有名な「正村ゲージ」など、そのゲーム内容や当時の法律なども含めて詳細に記述されています。

正村ゲージ 15秒開き告知ポスター パチンコ

もちろん、CR機以降の近代史についても細かく記載されており、パチンコの発祥から現代までの歴史の全てが網羅されていると言っても過言ではありません。

第二部はガラっと変わって「夢々ちゃん」や「黄門ちゃま」などのパチンコ・キャラクターにスポットを当てた内容になっており、筆者の前書きで、「本を前後半で破いても問題ない」と書かれているように、全く違った切り口の内容となっています。

もちろんかなり詳細な取材に基いて書かれているので、有名どころの「マリンちゃん」などだけではなく、藤商事の「藤丸くん」、西陣の「ニッキー」、タイヨーエレックのプラシチック枠のイメージキャラ「プラわ君」などマニアックなキャラクターについての内容や、芸能人とのタイアップ機についてもまとめられています。

ドラム君

パチンコというと、どうしてもお金の部分やそれに直結する攻略についてばかり目が行ってしまいますし、そういう需要がありますから書籍にしてもそういった切り口のものが大半で、「パチンコ年代記」のようなパチンコ文化について詳しく紹介したものはほとんどありません。そういった意味では本当に貴重な資料としてもとても素晴らしい本ですし、もちろん読み物としても楽しめるものとなっています。

私はパチンコ生活者ですから、いやでも毎日のようにパチンコに触れますし、パチンコの事を考えずには生活できないスタイルです。だからこそお金の事ばかりではやってられないという気持ちがあります。ですからどんなパチンコ機を打つ時でも楽しみを見出そうとします。

玉と釘を使った遊戯であるという点においては17世紀から今日まで変わっていないわけです。ついついがっついて儲けてやろうばかり考えてしまいますが、そこに文化を感じながら打てればその方が楽しいじゃないですか。
関連記事
→サイトトップへ

【 全記事一覧 】 【 機種情報 】 【 正しいパチンコ本 】


| 正しいパチンコ本 | 23:12 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。