正しいパチンコ

中途半端なパチ生活者が正しいパチンコをまっとうに語ろうと試みるブログ。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
→サイトトップへ

【 全記事一覧 】 【 機種情報 】 【 正しいパチンコ本 】


| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

人間の本能に逆らう葛藤?

同じ機種を打つとして、期待値10,000円の台と期待値20,000円の台のどっちを打ちますか。こんな事を言い出すと、パチンコのやりすぎで頭がおかしくなったと思われる事でしょう。(半分事実ですけど)

100人中100人が20,000円の台を打ちます。

でも、一日の期待値が20,000円ある台だとして、半日でバカヅキして既に50,000円分浮いてるとします。ついでに条件として、今月100,000円浮く事が目標だとして、今日が今月最後のパチンコ、昨日までの浮きが50,000円だったとします。(=今やめれば今月の目標達成)こういう場合は、悩む人が多いんじゃないでしょうか。こういう心理って、人間の脳に刻み込まれている”習性”みたいなものなんですって。

たとえばけっこうな金を取る高い店に食事に行くとして

・A店は70%の確率でものすごく旨い料理、30%の確率で吐くほどマズイ料理が出てくる
・B店は100%の確率でソコソコ普通に旨い料理が出てくる

こういう場合A店を選んだ方がトータル的に見ればトクだという計算が成り立ったとしても、手堅くB店を選ぶ人が多いんですって。人間は、「得られる可能性」よりも「失うリスク」の方に心に強いインパクトを感じるようにできているんだそうです。

話をパチンコに戻して、50,000円勝ちを確定してその場で帰れば体は疲れないし、この後来るかもしれない苦しいハマリを100%確実に避ける事ができます。目標も達成して達成感を得る事も約束されています。いいことづくめです。

続行した場合、リスクが発生します。玉を減らしてくたびれ儲けになる事、目標達成の確実な機会を逃す事、これを失う事はすごく嫌です。しかも、仕事で失敗した場合は経験・教訓を得られるのと違って、パチンコで不運負けをする事って何も得るものがありません。ただ単純に金を損するだけです。

ただ、50,000円を確定して帰る事は、最初の一行目に戻って考えれば矛盾しているとも言えます。

10,000円の台と20,000円の台だったら、10,000円損しなくない、トクしたいから20,000円の台を選ぶのに、残り半日分の10,000円の期待値を捨てる事になりますから。でも、人間に刷り込まれた強い「失いたくない感」がありますから、そうそう簡単に考えられないんです。極端に大げさな話で言えば、死にたくないという事と同じですから。

いまさら言うまでもありませんが、パチンコ生活者の場合は続行以外ありえませんし、私もこういう状況で本当に帰った事は学生時代などを別にすれば一度もありません。

全く葛藤がないかと言うと、一日の前半で大勝ち状態の時は毎回100%「今帰ったらホクホクだし楽だしすげー!運勝ち最高!たまんねー!」と思います。「さて帰るか、なんちゃって」的なひとりミニコントすらやりかねません。でも実際には帰らないのは”慣れ・経験”以外の何物でもないです。

実際に玉を減らしてしまって「損したけど頑張った」と自分を慰めるせつない気持ちにも慣れていますし、逆にもっと玉が出て超大勝になって大喜びという事がよくある事も実感しています。

こういう議論が出てくると「期待値をマシンになって追う事だけが正解」なんていう話になるのですが、アマノジャクな私はそれはそれで「本当に心からそう思ってるの?」と悪い顔して思っちゃいます。

心からそう思えるためには、膨大な経験が必要だと思いますし、膨大な経験もなしに計算による裏付けを知っているというだけだったとしたら、それは甘いです。そういう考えは99%失敗しますから、暴言覚悟であえて言います、無意味であると。(ギレン・ザビみたい!)

結局結論から言うと、やっぱりひとつはカネなんです。

どういう事かというと、パチンコごとき小博打では一日に動くお金は最大でもせいぜい20万円程度です。そのくらいのお金がどうってことないと思える資金が貯まった上でパチンコを打てる状況まで持ってきて、悪い経験もいい経験も両方いっぱい積むこと、これ以外には「マシンになって…」を実践する事は難しいです。なんたって人間の脳の仕組みに逆らわないといけないんですから。

そもそもギャンブル的刺激、楽して金儲けしたいという動機で打つのがパチンコですから、ここまでのめり込むのはたとえ実際に儲かっていたとしても異常で不健全です。人としての自然な流れに逆らい続ける不健康な事です。

「マシンになる」をわかっていて自信があるつもりでも、私も含めてほとんどの人はどっかで脱落します。これだけの情報社会でパチンコで浮いてる人がいつまで経っても10%いない理由はここにあるんじゃないでしょうか。さて、私はいつまで持つのでしょうか。脱落したらそうとう厳しい事になります。これまでラクしてたんだから当然の報い?
関連記事
→サイトトップへ

【 全記事一覧 】 【 機種情報 】 【 正しいパチンコ本 】


| コラム | 21:52 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。