正しいパチンコ

中途半端なパチ生活者が正しいパチンコをまっとうに語ろうと試みるブログ。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
→サイトトップへ

【 全記事一覧 】 【 機種情報 】 【 正しいパチンコ本 】


| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

パチンコのデータを取って活かすツール

たまには攻略寄りの記事を書いて読者にコビを売ろうと思います。パチンコ中に取る記録についてのお話です。

昔だったら必要なデータは通常回転と当たりの個数くらいのもので、そのデータから導き出す数値も暗算でじゅうぶんでした。余談ですが、時短回数が固定でラウンド振り分けもなかった頃は機種スペックの計算にしたって暗算でじゅうぶんでした。しかし今となってはさすがにそういうわけにもいかなくなってきました。

「そういうわけにもいかない」感を初めて感じたのは、どのくらい前の機種だか正確には覚えてませんが(多分7~8年前?)、ピンクパンサーというデジパチを打った時です。当時のデジパチにしては珍しく当たりのラウンド振り分けが何通りもあったので、携帯のメモ機能を使ったメモでは計算がものすごく大変だったんです。

入力から計算まで一気にやるのは、やはり表計算です。ですからそのピンクパンサー以来私は表計算ソフトを入れたちっちゃいPDAで記録を取っています。PDA自体は別にパチンコ用に買ったわけではなかったのですが、今でも当時の機種を使っています。今では通信の機能(契約)は死んでいますがパチンコ専用機として活躍しています。(一旦壊れたのですが、同機種の白ロムを入手して再び使っています。)

今時のパチンコはとにかく暗算は困難ですし取るべき項目も多いですから、紙と鉛筆というわけにはいきませんし、携帯のメモ機能でも先に書いたようにとてもじゃないけどやってられません。とにかく数値を入力して即、行動の根拠となる計算結果を得ないといけませんからサクサク入力、即計算結果を確認できるというものじゃないと使い物になりません。

なぜ古い機種をいまだに使い続けているかというと、まず第一に電池の持ちが抜群にいい事。白ロムですから通信関係の電池消耗がありません。普通のスマホとかだと、勝手にWi-Fiを見に行ったりで何もしなくてもけっこう減りますからね。第二にテンキーがついている機種なので入力が正確でスピーディーな事。そして第三に、古くて機能が少ない機種なのでむしろ起動が速い事。これもスピード面でとても助かります。

とにかく今のデジパチは忙しいです。当たった後は電チューが開き出す前の瞬間を狙ってササっと入力しなくてはいけません。場合によっては止め打ちしながら左手で入力する場合もあります。ですからタッチパッドの入力だったり、起動がモッサリの機械ではストレスが半端ないです。

そんなわけで、私はテンキーつきの古いPDAを愛用しています。もうこれがないとパチンコできない体になっちゃいました。というか逆に、テンキーつきで動作の軽い端末がない人はパチンコがさぞかし大変だろうなと思うくらいです。実際みなさんどうしてるんですかね。どうでもいいですけど。

ちなみにこれは実際の自作ワークシートをキャプチャしたものです。あくまで私だけが使うものですから、他人が見ても何が何だかわかんないかもしれませんが、これでもバージョンアップにバージョンアップを重ねて洗練されたものなんですよ。

2012102302.jpg

工夫してある点は、とにかく入力を楽にする事です。小数点やマイナス符号などは私の端末だと入力に3アクションくらい必要なので、数字キー以外使わないで入力できるようになっています。また、入力を楽にするため機種スペックに関する事は右側、実践中に忙しく入力するであろう部分は左側にまとめてあります。

このワークシートに実践結果を入力する事によりこんな事がわかるようになっています。

・回転単価(個数ベース)
・回転率(250個あたり)
・電チューサポート中の玉の増減率(1回転あたり)
・あるべき電チューサポート中の玉の増減
・電チューサポート中の増減を加味した実質の平均出玉
・引き勝ち(負け)個数

しかしこれによって出た結果はものによっては展開に左右されるものもあります。例えば左打ち、電チュー優先消化の機種なんかは特に初当たりの部分がツイてる日は通常回転が余計に回りますし、電チューサポート中にクソ長いリーチが多かった場合(よく当たってる場合など)なんかは当然玉の増減ペースが違ってきます。その辺は適宜考慮に入れてやる必要があります。頭で考えてすぐわかるような事までは機能として入れてないんです。そういった意味でも、本当に私専用のツールですね。

もしかしたら、こういったツールをもっと万人向けに洗練させたものを、AndroidやiPhoneのアプリで作って売れば儲かるのかも…と思いましたがよく考えたらそんなもの売れるわけがありません。だって、別に当たりを促進したり確変を引きやすくするアプリじゃないから。そもそもこのツールを有用だと思うようなタイプの人は、とっくに自分で作ってる事でしょう。スマホの表計算アプリなんて山ほどあるでしょうからね。

ちなみに私はエクセルのド素人で、セルの中の式はシッチャカメッチャカです。加減乗除とsumしか使ってません。詳しい人だったらもっと楽に作るんでしょうねえ。いずれにせよ、ものすごい楽なんで楽したい人は作ってみるといいんじゃないかと思います。

万が一、「どうやって作るの?」と聞かれたら、この程度のものを自分で考えて作れないようではパチンコで儲けようと思っても100%失敗するので作らなくていいですと答えます。なんせ私ですら作れたんですから。
関連記事
→サイトトップへ

【 全記事一覧 】 【 機種情報 】 【 正しいパチンコ本 】


| コラム | 03:38 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。