正しいパチンコ

中途半端なパチ生活者が正しいパチンコをまっとうに語ろうと試みるブログ。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
→サイトトップへ

【 全記事一覧 】 【 機種情報 】 【 正しいパチンコ本 】


| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

パチンコは仕事じゃありません pt.2

インターネット&ブログなどの情報発信ツールの普及によって、期待収支うんぬんという考え方が浸透してきました。これは良い事とは思いません。うまい人が増えると私が儲けにくくなるという話ではありませんよ。

ひとことで言うと「生兵法は怪我の元」という事です。期待収支だなんだと言っても、理解している人は結局ほとんどいないと思っています。期待収支という言葉を使う人が10人いたとしたら、9人までは期待収支を算出できていません。(別に必ずしも算出する必要もないとは思いますが。)

こんな不確かなものに引きずり回されて、パチンコに引き込まれてしまって危険な目に遭っている(ことにすら気づいていない)人が増えたんじゃないかと思っています。期待収支だなんだと言って、運良く勝ったら「やっぱり正しい理論で、勝つべくして勝った」と思い、運悪く負けたら負けたで「理論上は勝てるから大丈夫」という具合で、ズルズルとパチンコにハマってしまう、これは怖いことですよお。パチンコ依存症の一種です。

ハッキリ言って、パチンコってものは2~3年くらいならじゅうぶん運勝ちで生活できちゃいます。ここで言う運勝ちっていうのは、当たりを余計に引いたとか確変が余計に続いたとかそういう事じゃなくて、ある程度ちゃんんとしたパチンコを打たせてもらえる環境や展開に恵まれるという事です。

デジタル式で数字だけ見てると、そういう運勝ちに気づかずに手痛いしっぺ返しを食います。私自身の思い出すのも恐ろしいような経験に基いて言っているのです。ここまでグチグチ書いた事は、完全に私が体験した勘違いの内容ですよ。自分はうまいと思っていましたし、自分の理論でいけば間違いないと思っていましたし、自分の力で儲けていると思っていました。ほとんど大間違いの調子乗りでしたけどね。

そして大間違いの調子乗りは、いまだに顔を出すから困りものです。痛い目に遭った事も喉元過ぎればなんとやらで、すぐに忘れてまた、自分はうまいなあ、さすがオレ様だ、勝つべくして勝つ…それがジャスティス!とか思っちゃうんです。液晶が暗くなった時にガラスに映る自分の調子に乗った顔を見てハっする事がよくあります。今まで、調子乗り→それに気づく→また調子乗るの繰り返しでここまで来ました。

パチンコは労働じゃありませんから、経験や技術によってという部分があってもそんなものは環境や状況がおこす風で簡単に吹き飛ぶ程度のもので、たまたま条件に恵まれて儲けられているだけと心得るくらいが丁度いいと思います。

そんな事もあって、前にも書いたようにパチンコを打つ事を”稼働”なんていう言い方をする事に強い違和感を感じます。そういう性質のものじゃないでしょう。パチンコはギャンブルですから、儲かるまでずっと打つという事を頑張るだけです。儲かるまでずっと打つというのが本来なのに、打ってれば儲かるというような感覚でいるから”稼働”とか言うんですかね。

「儲かるまで打つ」と「打ってれば儲かる」はぜんぜん違いますよ。パチンコ株式会社に給料もらうんじゃありませんから。
関連記事
→サイトトップへ

【 全記事一覧 】 【 機種情報 】 【 正しいパチンコ本 】


| コラム | 23:00 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。