正しいパチンコ

中途半端なパチ生活者が正しいパチンコをまっとうに語ろうと試みるブログ。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
→サイトトップへ

【 全記事一覧 】 【 機種情報 】 【 正しいパチンコ本 】


| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

パチンコの楽しさを掘り起こしてみましょう

面白いパチンコがないとお嘆きの方も多かろうと思いますが、楽しみや味わいは自分で探して掘り起こすものだとも思います。今のパチンコにだって探せば味わいはあります。今日はそんな味わいどころを考えてみます。

▼ゼロデザイズのZEROランプ
機種紹介のページにも書きましたが、ボタンで光る場合に離すと光るというのが素晴らしいのです。ここぞというとこでは、ネジる指にも力が入ります。


▼大釈迦ラッシュのパトランプ
大々的に回転するパターンよりも、チョロンと軽光りするパターンと、光りも鳴りもせずにヌルリと回転するパターンが実にクールです。決して目立たず、しかし必ず「あれ?」という違和感→歓喜を味わわせてくれる素敵な演出です。

▼マクロスフロンティアの復活当たり
次回転が始まったと見せかけてフリーズし、おもむろに絵柄が揃うというびっくり演出です。素直にびっくりしてもいいですし、くさいなと思ったら画面を見ずに頭上の回転数表示を見上げて、数が上がってないのに回転開始音→復活確定という流れを期待してもいいです。

▼エヴァンゲリオン7の突確を味わう
そこそこエラそうな予告だったのにシンクロリーチになってしまった場合などはもちろん「神経パルスがなんたらかんたら」を期待しますが、どっちかというとスーパーリーチなのにまず当たらないという場合に突確になってしまうという展開の方が味わい深いものです。エヴァンゲリオンシリーズは本当に突確の使い方がうまいです。

せっかくなので、どんな機種を打つ時でも自分なりに”法則”を探しながら打つと退屈な通常時に味わいとコクを与えることができます。メーカー側が意図していないような楽しみ方をも発見できる場合もあります。演出面の研究にも力を入れて楽しくやりましょう。お金のことばっかり考えてるとロクな大人になりません。
関連記事
→サイトトップへ

【 全記事一覧 】 【 機種情報 】 【 正しいパチンコ本 】


| コラム | 23:00 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。