正しいパチンコ

中途半端なパチ生活者が正しいパチンコをまっとうに語ろうと試みるブログ。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
→サイトトップへ

【 全記事一覧 】 【 機種情報 】 【 正しいパチンコ本 】


| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

なんでパチンコ生活者なんかになっちゃったのか

私は日々パチンコで遊んで暮らしていますが、生まれた頃からパチンコ生活者だったわけじゃなくて、学校を出てからしばらくはサラリーマンをしていました。サラリーマンがなぜパチンコ生活者になっちゃったのかというと、自己紹介をする時に冒頭に「普通の人よりだいぶバカでお馴染みの」をつけないといけないような人間だからに他ならないのですが、どういった心理で無謀な世界に飛び込んでしまったのかを思い出してみます。


学生時代は人並みに遊びつつも、単位はしっかり取って進級や卒業は安泰という真面目な学生でした。就職も早々と決めて、あとはレールに乗って人生を進んでいくものだと思っていました。

その時の仲間たちとは今でもしょっちゅう顔を合わせるのですが、定職につかずに仕事を変えまくっている者、バイトで暮らしている者、CDを出したけど売れなくて怪しい仕事に手を染めている者など、当時の彼らは私よりもフラフラしている印象でした。日々真面目にスーツと革靴で暮らしていた私は、そんな彼らの奔放な暮らしぶりに少し羨ましさを感じていたのかもしれません。

そして何年か勤めているうちに、今流行りの言葉でいうと"ブラック会社"みたいな感じで休みは少なく労働時間は長くという生活にイヤ気がさして、次の仕事も決めずに辞めちゃいました。1999年の10月の事です。

次の仕事は決めていませんでしたが、根拠もなく「パチンコで稼げばいいじゃん」と本気で思っていました。いや、根拠と言えば学生時代に一応パチンコで勝ってはいたんです。しかしその内容といえば、ハネモノのデキのいい台を毎日打ったり、「花百景」「セブンショック」などの当時の雑誌で"昇天打法"と呼ばれた地味な攻略法で少額を稼いでいた程度のものでした。

パチンコで儲ける方法は頭では理解していましたが、ハッキリ言って技術ゼロ、丸腰で戦場に飛び込んでいったようなものです。現に、サラリーマン生活をしながら休みの日などにパチンコを打ってはいましたが、全然勝ってなかったです。それでも「オレは特別、全力で打てばパチンコで儲けるなんて楽勝!」と本気で思っていました。この時既に20代も折り返していましたから、まったく精神的に幼いというか単なるバカというか。

また、会社を辞める直前まで住んでいたアパートの取り壊しが1年後に決まっていて、会社員という肩書き(在職証明)がある間に引越しをしなくてはならず、僅かな貯金をはたいてしまいました。ですから、パチンコで儲けて暮らしてやろうと思っていたくせに資金がほとんどありませんでした。

社員旅行の積立金が返還された分が10万円、これが全財産でした。会社の上司の好意で有給休暇をお金に変えてもらえたので最後の給料が1ヶ月後に入る事にはなっていましたが、とにかくパチンコ生活のスタート時点で手元にあったお金は10万円です。(その後の展開は昔の日記の記事にあります)

しかし、CR機を打たずに大当たり確率の高い現金機でしのげば大丈夫だろうと考えていました。結局その作戦はうまくいったのですが、こんなものは運以外の何物でもありません。当時は自分なりに考えていたつもりでいましたが、今から思えば何も考えていないに等しかったですね。

さて、前出の「フラフラしていた仲間たち」ですが、私の目にフラフラしているように見えていただけで、実は資格を取ったり、キチンと将来の事を考えていました。私がズブズブの日陰者生活を続けている間に彼らは立派な大人になりました。気づけばフラフラしてるのは私ひとりです。ざまあ見ろとしか言いようがありません。


現在パチンコ生活をしている人の中には、きちんと計画を立てて実現性の高い絵を描いた上で生活を軌道に乗せたという方もいらっしゃるかもしれませんが、私の想像ではおそらく、私のように無鉄砲にこの世界に入ってしまった者が多いのではと思います。その中で、運が良かった者だけがスタートを切れたに過ぎない、という面がありそうです。

どっちにしろ、ロクなもんじゃありませんからこんなバカ記事が誰かの参考になる事はなく、またあってはならないと思います。

万一パチンコ生活をしている人がいたら、20代~30代前半くらいなら何も考える必要はなくて即刻社会復帰するべきです。しなさい。しろ。ある程度の年齢まで来ちゃった人は、こういうご時世でどっちにしろ悲惨ですから、楽な方を選ぶくらいしかないと思います。ただ、身勝手な生活にはリスクは当然です。耐え難い悲惨さにさらされる覚悟は常に必要です。

--------

記事#310 カネが全て、少しでも多く儲ける事が正しい!?のコメントへのお返事

近いかもしれませんし、近くないかもしれませんね。関東は広いですから。ちなみに東大和にいたのはもう大昔、オリックス・ブルーウェーブでイチローが打ちまくっていたような時代の事で、今は全然違うところに住まってパチンコを打っています。そして、何故に関西人とお思いだったのかはわかりませんが、実は幼少の頃(小学校に上がる前)は兵庫県の尼崎に住んでいました。

関連記事
→サイトトップへ

【 全記事一覧 】 【 機種情報 】 【 正しいパチンコ本 】


| コラム | 01:28 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。