正しいパチンコ

中途半端なパチ生活者が正しいパチンコをまっとうに語ろうと試みるブログ。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
→サイトトップへ

【 全記事一覧 】 【 機種情報 】 【 正しいパチンコ本 】


| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

パチ生活者に向いているタイプ

パチ生活者に向いているタイプというお話ですけど、自分にあてはまる内容が多い方は特に今後間違えを犯さないよう注意すると良いです。


さて、パチ生活者向けの資質の中で性格的な部分より先に、まずは必要になってくる能力という部分から考えます。まず第一にある程度の数字の取り扱いに対するセンスというか、まあ少なくとも数字や計算に抵抗がない程度じゃないとダメです。現在はデジパチをメインにせざるを得ない状況だと思いますから、釘に関する事以外は全て数字で判断できます。

あっちの台とこっちの台、どっちがいいかというレベルの話もそうなんですけど、いわゆる立ち回りも数字が基準になります。ごくごく単純化した話で例をあげますと、A店は8割方20000円クラスの台に座れるソコソコのお店、B店は40000円超級の優秀台を置く場合があるけど、その頻度は3日に1日程度。それにアブレると10000円レベルの遊び台しかない・・・なんていう場合の判断を計算に基づいて行うわけです。立ち回りは全て応用問題ですけど、それをリアルタイムにこなしていくワケですから、数字に弱い人は条件に恵まれ続けるという幸運がない限り勝てません。

それからもうひとつは「気づけるセンス」です。何も、ちょっと前の湘爆やアラジンみたいな攻略法に気づけるというような話ではなく、もっと日常的な事柄についてです。具体的には電チューの解放1回ごとに狙える機種であるとか、右打ちでトクする機種であるとか。打ち方だけではなく、スペックの評価の仕方なども含みます。これは資質というほど難しい話ではありませんから、気づこうとする習慣と言い換えてもいいかもしれません。(この項目はちょっとわかりにくいですねぇ)

さて今度は性格的な部分ですけど、マレな性質を持った人間でないとパチ生活者はできないと思います。毎日10時間を超える時間パチンコ台の前に座り続けるなんてことは普通の人間のやることではありません。超ド級に暇ですから、まずはある程度暇に耐えられる性質の持ち主である必要があります。暇なだけならまだしも、止め打ちという別に面白くもない作業をし続けないといけません。(いつも、止め打ちさえ必要なければ寝ながらうてるのになァ・・・とアホな事を考えたりします)

それからもうひとつ、一言で言うとパチ生活者は(おそらく)皆、多かれ少なかれ「壊れてる人」です。社会の一員として過ごすよりも、ゴミとして最悪の暮らしをした方がマシだと考えるほどに壊れています。社会との摩擦を非常に面倒で煩わしいと考えますから、それを避ける為にはどんな面倒な煩わしい事でも頑張るという屈折っぷり(笑)。



8/19のパチンコ:
成り行き上毎日のようにハネデジを打ってます。今日もルパンのハネデジを12.5時間打ちました。恐ろしく当たらず、ハネデジなのに30000円近く入ってしまって、なんとか生還するのが精一杯でした。昨日に続いて1/99の500回転オーバーを喰らったのが致命傷でした。どんなにレアなハマリを体験しようとも、その分後から帳尻が合って返ってくるワケではないのがパチンコの血も涙もないところです。ドッサリ引き負けして2500円の浮きでした。



関連記事
→サイトトップへ

【 全記事一覧 】 【 機種情報 】 【 正しいパチンコ本 】


| コラム | 00:24 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。