正しいパチンコ

中途半端なパチ生活者が正しいパチンコをまっとうに語ろうと試みるブログ。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
→サイトトップへ

【 全記事一覧 】 【 機種情報 】 【 正しいパチンコ本 】


| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

12年前の日記~ピストル大名発見!

前回の記事の続きです。1999年を乗り切って2000年に突入しましたが、ねぐらにしていたお店の無制限サービスタイムが一週間の間短縮という事で、その間まともにパチンコしていません。しかしそれなりに遊んで楽しんでいたようなので、そんな日記を抜粋しました。

2000.1.1
休もうと思ったけど、朝パチっと目が空いたら非常に丁度いい時刻だったので身支度して出かける。××店の地下の現金機なら、大抵の場合無制限札は取れるしそこまでひどい事にはならないと思う。

「なにわのシンデレラ」に座ってみたら、なんと1回転で「くつリーチ成功」で当たり。びっくり。しかしガラガラの現金機コーナーなのに突然隣におばちゃんが座った。これがイヤでイヤで、回りも中途半端だったので飲まれて追い銭なしでやめ。

しかしこの「シンデレラ」、1個の玉で2回転する事があったぞ!昔△△の駅前の店で打った「球界王」で同じ経験があるけど、その時同様しばらくしたらすぐ直っちゃった。1個で2回転の場合、乱数は同じものを拾うのかな?だとしたら当たったら保1ダブル確定か…。

さて、打ちたい台のなくなったけど無制限タイムの残り時間の間だけCR機を試してみようと、「CRドルフィンリング」の左から2番目に座ってみたら、なんとまたも1回転で当たり。しかも確変。さらに無制限。もっと驚いた事に、回りをつかむ前にバカスカ当たってよくわかんなくなってる!バカヅキ!

そんなこんなで潤沢な持ち玉になって、回りの方も千円分の玉で30回以上あるので最後まで打つ事に…。というところで”ヤツ”は現れた。隣へ座った若い男が斜めに足を組んだまま打つので、腕や背中がこっちに当たって気持ち悪い。しかも粘ること粘ること。6時を過ぎて持ち玉が全滅するまでずっと斜め座りポーズで打ち続けられた。

でも不幸に耐えたご褒美に元旦早々大勝ちとなった。

1発当たりとか、隣の人に悩まされるとか、元旦早々楽しくやっています(笑)。年末に「CRスピンドール3」でガッツリ稼いだので資金に余裕があり、気楽にパチンコ生活をエンジョイしていました。

さて、ねぐらのお店の無制限タイム短縮の間に別のお店を新規開拓したいと考えていた私は、電車に乗って少し遠方のお店に行ってこの正月を過ごしていました。下に引用する日記に出てくる地名・店名は、既に閉店しているようなので実名で書きます。

2000.1.2
異様に早起きしたので朝から風呂を沸かして入ってから出かける。横浜に行った帰りに電車の窓から見える星川のゴールデン・パフィオというお店を見に行った。しかし、星川で降りた瞬間もうダメっぽい。他の店がまったくないんだもん。

期待しないで一応お店に入ってみた。店名から、最近ありがちな小奇麗な”パチンコぱあらあ”みたいなお店かと想像してたら全然違った。典型的な”パチンコ屋”って感じで、しかも超ガラガラ。一応ルールとか釘を見ておこうと店一周、この時点で儲かんないなぁと判明。

しかし、そんなガッカリ感はどうでもよろしい。なんせ懐かしい機種のオンパレードで嬉しくなった。「フィーバー・アラビアン」「ラッキートマト」「UFOキャッチャー」「フィーバー・花札」パチスロの「クリエーター7」と、昔打った事があって最近はとんと見かけないような機種が大量に。これは遊んでいくしかないでしょう。

まずは「ラッキートマト」に座って打ち始めたら案の定の回りだけど、遊ぶにはこんなもんでじゅうぶん。これが千円で当たるというバカヅキでそこから一気に16,000個出ちゃった。「ラッキートマト」は東大和に住んでた頃、全力で打ってたけどこんなに爆発した事ないよ。その後もガンガン当たって、怖いくらい。

持ち玉を1箱だけ残して全部流して、後は大好きだった「フィーバー・アラビアン」で遊んで帰ろう…と思ったら「アラビアン」のコーナーの左ハジに1台だけ「フィーバー・ピストル大名」が!これも打つしかないでしょう。で、「ピストル大名」と「アラビアン」を半箱ずつ打って、最後の締めに「クリエーター7」を少し打ってお店を出た。思わぬところで大儲け。

楽しんで儲かって最高。いい気分で相鉄に乗り込んでそのまま横浜、川崎と回って腕時計やCDなどを買って帰宅。帰ってから鶏鍋を作ってたらふく食った。

最近はこういうお店はあまりないのですが、1円パチンコに懐かしい機種を置いている店はちらほら見かけますね。少し前に、出かけた先にあったパチンコ屋の1円コーナーに「スキージャンプ」があったので思わず打っちゃいました。アレは当たらなくてもリーチにさえなればDVDを見る気分で楽しめます。

さて、今回最後に引用する日記は、今ではもう見かけないタイプの懐かしいお店でのお話です。

2000.1.6
駅前のダイエーのとこにある▲▲というお店へ。あまり気を引かないお店だけど、性能が高そうな「熱血冒険王」があるので。回りはさほどでもないけど、とりあえず持ち玉になったので続行。それにしてもこの店、足元は狭いし回転数表示がないし、疲れるなあ。6時に飲まれてヤメ。わざわざ「冒険王」目当てで来るにはちとしんどい。

今のパチンコ店で、台の上に回転数表示がない店というのはもう見かけなくなりました。しかしこの頃は時々ありましたし、もっと昔は表示がある店の方が珍しかったくらいです。じゃあどうやって回転数を把握していたのかと言うと、ヘソに玉が入るたびに1個、2個…と数えていたんです。懐かしいですね。

今では回転数どころか、パーソナルシステムで出玉数まで把握できちゃうとか至れり尽くせりですね。その設備のお金は我々打ち手がサンドに突っ込んだお金ですけど。

また余談ですが、星川という地名からわかるように当時は神奈川県在住でした。横浜市で数年間過ごしていましたから、パチスロの裏モノ天国でした。「スペーススペクター」「ビーバーX」「ボルキャニック」「ワークスカーニバル」などの裏モノが堂々と設置されていました。連チャンシステムなどはよくわかっていなかったのですが、やたら爆発するしドハマリするし、コーナーの雰囲気が荒くれていて裏モノ感を盛り上げていました(笑)。

関連:
機種情報のページ
(日記に登場している「CRドルフィンリング」の紹介記事へのリンクがあります。)

フィーバー・ピストル大名のキン●マリーチの動画
関連記事
→サイトトップへ

【 全記事一覧 】 【 機種情報 】 【 正しいパチンコ本 】


| 懐かしい話 | 23:57 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。