正しいパチンコ

中途半端なパチ生活者が正しいパチンコをまっとうに語ろうと試みるブログ。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
→サイトトップへ

【 全記事一覧 】 【 機種情報 】 【 正しいパチンコ本 】


| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

13年前の日記~爆回!CRスピンドール3

前回の記事の続きで、13年前にパチンコ生活者としてロクデナシ・デビューをした頃の日記から抜粋しました。

----------------------------------

荒いCR機で結果を出し安泰かと思われましたが、お目当ての機種のコーナーに巣食う常連のオッサンたちとの摩擦が主な原因でまた現金機に打てる台を探す日々に入りました。収支は落ちましたが、ガラガラの店をネグラにして精神的にとても安定しました。そんな頃の日記から抜粋します。

1999.12.13
土日休んでしまったのでたっぷり回そうと出かけたら××店がやってない。入れ替え作業をしてる。普段は入れ替えでも店休にはなっていないのでかなり大規模みたいだ。あんまり人気のなかった「CRなにわのシンデレラ」がなくなりそうだ。あれはデキの良い台が複数あって、CR機の要になってた機種だけにヤバイかも。まあ、打ったら必ず1,000回ハマリを食らうんだしそう思えば気が楽。

××店は色々イヤな部分も多いので、今日もやっぱり△△店で現金機をやろうっと。何日か通って、現金機の中で「ルパン」「ウェスタン」が回らないのは確認済みだし、権利物の「ミルキーバー」「エキサイトコンバット」はラッキーナンバーの条件が厳しいからパス。今日は「フィーバー・カジノ」にとりあえず座ってみよう。自分の中に基準がない機種なんで、打ち散らかしてみてもいいや。

少し打ちまわって、良く回る台にたどり着いたので夜までここに座っていよう。無制限札も2回目の当たりで無事ゲットできたことだし、出玉関係とかデータを取りたいからたとえ回りが落ちてもできるだけ長いこと打っていたい。ところがいつ玉を飲まれてもおかしくない出たり入ったりが続いて、回りも大した事がない手応え。ちんたらちんたら目一杯の時間まで回して、どんぶり勘定で2万円くらいの台だと結論。

お店の居心地がいいから、いまいちパっとしないけど今後も打ってもいいかな。それにしても、カジノつまんないなあ。こんなに面白くないデジパチ他に知らない。

実は「フィーバー・カジノ」は打ち込むと味の出るなかなか面白い機種でした。そんなこんなで、「フィーバー・カジノ」「メタルアーミー」などの現金機デジパチを機嫌よく数日間打って心穏やかに過ごしていたのですが、ある日ある機種との出会いをきっかけにまたCR機の荒波に揉まれる日々に突入します。そのきっかけとなった日の日記を引用します。

1999.12.16
お気に入りになりつつある「フィーバー・カジノ」を打とうと思ったら、新たなアキになっている台はないし昨日まで打ってた台もシメられてるような気がする。朝一のイメージでそう思ったんだけど、考え込んでいるうちにわかんなくなった。とりあえずデキの良いと心得ている席に座って打ってみたけど、こんな日に限って当たりが悪くて、800回転回す間に1回しか当たらなかった。無制限タイムの残り時間も少ないし、今日はぶん投げちゃった。どっちみち千円分の玉で29回転と、喜んで粘るような台じゃなかった。

まだ日も高いので、残りの無制限タイムの間限定でCR機をつっついて見ることにする。この店のCR機は打った事がないけど、とりあえず今週の新装開店で入って既に誰も座ってない「CRスピンドール3」に座ってみた。適当に座っただけで席を選んだ根拠はナシ。ところがコレが回る。良く回るなあ。そしてうまいこと無制限タイム中に確変が当たって、その3連チャン目に無制限札ゲット。その後はお約束の1,000回ハマリをもらいつつも順当に出てくれて助かった。

それにしても確変中の玉増えがすさまじいね。電チューひと開きで最高7個拾ったぞ!あんまり面白くない機種だけど、回る間は現金機やめてこっちにしよう。

結局、この「CRスピンドール3」を軸にしたままこの1999年は乗り切ってしまいました。朝から打てない人にとっては一回交換に等しいような持ち玉ルールが若干厳しいお店だったせいか、とても良く回りました。最悪でも千円分の玉で30回転を超えていて、デキのいい台がアキになった日は40回を越えていました。自分がうまくなったと壮大な勘違いをしてしまいました。

この時代の甘いパチンコで稼いで会社勤めの頃に比べて収入が大幅に上がり、有頂天になっていました。丁度そんな折に学生時代の友達が結婚をした姿を見て「俺って、これでいいのか?」と一瞬思いましたが、なんせ有頂天ですから「ま、いっか」で思考停止してしまいました。ここで思いとどまっていたら…とは今となっては思いません。

ちょっと異常なくらい働くのが嫌いで、自分が「働かなくて済むのなら死ぬほど苦労してもいい」と考える人格破産者である事を何度も繰り返し思い知らされる事になるという事を、この時はまだこの有頂天男は知る由もありませんでした。
関連記事
→サイトトップへ

【 全記事一覧 】 【 機種情報 】 【 正しいパチンコ本 】


| 懐かしい話 | 23:38 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。