正しいパチンコ

中途半端なパチ生活者が正しいパチンコをまっとうに語ろうと試みるブログ。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
→サイトトップへ

【 全記事一覧 】 【 機種情報 】 【 正しいパチンコ本 】


| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

技術介入時代のパチンコに思う事

(全部書いてから気づいたのですが、今回の内容は全部グチですね。)

パチンコ界は日々変化していき、それに対応していかないとパチンコ生活が続けられないという事は今までいったい何度書いたかと思うくらいです。

本音のところでは精神の安定上「回る台を打つ」という方向でいきたいところです。ここでいう「回る」というのは、機種のスペックに対してじゅうぶんな回りがあるという意味ではなくて、絶対的な回転率の事です。

しかし昨今ではなかなかそういうワケにはいきません。つまり、止め打ちとかの技術介入の比重が激高系の機種を打つ機会が多くなってしまうというのが実際のところです。千円分の玉で20回程度、機種や台によっては20回を切る程度の台を打つ事も珍しくなくなってきました。(それでも1日20,000~30,000円レベルになってしまう台も珍しくありませんから、異常な感じがします。)

ハッキリ言ってこういうパチンコは好みじゃありませんが、えり好みして生活できるほどの余裕はありません。そんなわけで技術介入系の回らない台を打つ事も多く、通常時回らない代わりに当たった時とその後は恐ろしく玉が出ます。そしてその玉を出している時、正直言って気持ちが悪いです。そのココロは…。

ちょっと感覚としてわかってもらえない気がしますが、非常に強い焼畑農業感や、店には黙認してもらっているだけでバレバレな事、昔よりも台の釘保全に対する気遣いが尋常じゃない事などの要素が入り交じって、気持ちが悪いんです。

気持ちが悪いからと言って別に行動に影響しませんし、しないように心がけていますが、誰が何と言おうと気持ちが悪いです。本音を言えば、多少収入が減っても気持ち悪くないパチンコを打ちたいところです。しかし私の腕だと気持ち悪くないパチンコだと、収入減は多少では済まないというのが現在の状況なので仕方ありません。

(こっから蛇足)

技術介入系もいいですが、ちょっと現在の状況はバランスが悪い感じがします。「蒼天の拳」が出た頃くらいが丁度良かったのかな、なんて思ったり…。今の感じだと、どんどんパチンコが面白くなくなってしまう気がしてなりません。デジタルが回りませんし、遊べる機種がパチンコ史上例を見ないほど少ないですからね。

こうなっちゃったのは誰が悪いのかわかりません。メーカーが出す機種にキツイ機種が多いのは確かですが、たまに出るマイルドで遊べる機種には客の方も見向きもしませんし、お店はと言えばパチンコ機を大事に使う事が少ないです。もう、客も含めて業界全体が悪いみたいな…。

(蛇足ここまで)



P.S.
コメントをくださった山田さんへ

ありがとうございます。掲示板でのやりとりも覚えていますよ。(失礼な言い方かもしれませんが)根気一本でもトコトン徹底すれば力になるという事を勉強させて頂いたと思います。私のパチンコ内容については、書いても参考にはならないでしょうし、書くことによる万一のリスクもありますので書きません。すみません。

多分遠方のお住まいだと思いますので無理だと思いますが、山田さんのような方とはネット上ではなく実際にお会いしてじっくりお話してみたいと思っています。何かの間違えで(笑)実現する日を楽しみにしています。
関連記事
→サイトトップへ

【 全記事一覧 】 【 機種情報 】 【 正しいパチンコ本 】


| コラム | 23:55 | comments:1 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT

復活おめでとうございます。
休止する前からコメントはしていませんが読ませていただいていました。

今回の焼畑農業という言葉は本当に最近の状況にしっくり来る気がします。自分が打つだけでもそうなのに、のり打ちで本気で焼き払うつもりで来てる人たちがいるとかなりげんなりした気持ちになります。
ま、彼らに文句を言ってどうにかなるものでもないし、文句を言う資格もないんですがね。

これからも無理のない範囲で続けていただけると楽しみが増えてうれしいです。

| かい | 2012/07/14 01:56 | URL |















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。