正しいパチンコ

中途半端なパチ生活者が正しいパチンコをまっとうに語ろうと試みるブログ。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
→サイトトップへ

【 全記事一覧 】 【 機種情報 】 【 正しいパチンコ本 】


| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

右打ち機について

デジパチの右打ち機が増えてきて久しいです。すっかり定着した感がありますね。


昔で言うと右打ちと言えば権利モノ(若い人は知らないですかね)でした。これは権利獲得のVゾーンに再度玉が入ってパンクをいう事態を想定して配慮されたもので、今のデジパチの右打ちとは意味合いが少し違います。話が逸れました。


右打ち機だろうが何だろうが、パチ界のトレンドは常に変化していきます。しかし、右打ち機によってより厳しくなっちゃったというのが本当のところです。

右打ち機自体がいけないんじゃありません。我々がいけないんですよ。銭形とか、ちょっと調子に乗りすぎましたね。アレは明らかにやりすぎです。ちょっとした小技でトクをするというのは、今までのパチンコ(パチスロ)界の歴史を振り返れば何度となく繰り返されてきました。古いところではハネモノのタイミング狙いからパチスロのリプレイハズシなど。そしてたまに登場する強力な攻略に関しては、すぐに対策されて短命に終わるというのが通例で、たまにそういうネタが出てきても「またか」という感じでした。

しかし今回は、繰り返しになりますけど調子に乗りすぎました。ナンバーワンメーカーの京楽の、しかもメーカーも店も長期稼動、大量導入を想定した機種が狙われた事から一気に広まって、テレビや雑誌でも思いっきり掲載されてしまって、"なんちゃってパチプロ"が増殖しちゃった!堂々と「ただいま攻略中」みたいな感じで、マイ計量カップやカウンターも丸出しでハンドルをこちょこちょしてる人がワラワラ湧いてきたあの光景は異様なものがありました。


そしてのその後に残ったのは、対策済の右打ち機、厳しくなったお店のマーク、さらに戻し1個の機種やハンドルやボタンの感度を意図的に悪くしたパチンコ台の登場です。これ、全部我々のせいですよ(笑)


しかし、こういう事だって全部、パチンコ界の流れのひとつですから受け入れて対応して生活を成り立たせるのが、"ぐうたらするためならどんな苦労もいとわない"でお馴染みのパチンコ生活者の宿命です。だから、キツくなった事はイヤな事ですがまあ仕方ないとしか思いません。


右打ち機・その後の現在ですが、ちょっと落ち着いてまた過渡期を迎えている感じです。これはあくまで私の環境においてのみの印象ですが、右打ち機は"後遺症"でお店の警戒がまだキツ目な気がします。技術介入が効く台はむしろ左打ち機の方が楽に見つかるという逆転現象すら起こってるような、起こってないような…。

ハンドルこちょこちょにしても、今でも頑張ってる人は多いでしょうが、微妙な効果の場合はしっかり検証してみるといいです。オーバー入賞が××個だ…なんて計算したとしても、普通に打ったってオーバー入賞はしますから、その場合との差と余計にかかる時間とか目立つ事とかのデメリットとのバランスをよく考えないと、やっても無駄ですからね。


今回の暴風雨みたいな右打ち機の顛末をひとことで振り返ると、「やりすぎ。でも思ったより長いこと持った。」という感じです。ちなみに、私はハンドルこちょこちょにはそこまでドップリ漬かる事はなかったです。色々と摩擦を生むというデメリットも多かったですしね。できるだけコソコソしたい性分なんです。
関連記事
→サイトトップへ

【 全記事一覧 】 【 機種情報 】 【 正しいパチンコ本 】


| コラム | 01:13 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。