正しいパチンコ

中途半端なパチ生活者が正しいパチンコをまっとうに語ろうと試みるブログ。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
→サイトトップへ

【 全記事一覧 】 【 機種情報 】 【 正しいパチンコ本 】


| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

ポップアート(ニューギン)

ポップアート(ニューギン)
ハネモノ、賞球数5&10、最高継続回数8R



パチンコに行く時にお金をいくら持っていきますか?私は現金6~7万円+貯玉カードという感じですが、まったく正気の沙汰じゃありません。

この「ポップアート」は正確なリリース年月はわかりませんが、おそらく1990年あたりの機種だと思います。当時はまたハネモノがホールの真ん中通路あたりで堂々と幅を効かせていた頃でした。そんなホールの"主力"のハネモノの中でも、賞球数を少なくして当たりやすい仕様にしてある機種がいくつかありました。

当時のハネモノとしてもかなり出玉を少なく設計されたこの「ポップアート」はとにかく非常によく当たりました。しかし1度当たったくらいでは玉を箱に落とすほど出ませんから、当たりを繰り返してじわじわと打ち止めを目指すというタイプでした。(当時一般的な打ち止め個数は3000~4000個程度)実におとなしい性格のパチンコ機ですから、打ち止めまで出るような調整の台は当たってる時間の方が長いくらいでした。逆に言うとそのくらい当たらないと打ち止めまでは到達できないという事です。

今では考えられないほど平和でおとなしいパチンコ機です。まさに"遊べるパチンコ"でした。ここで冒頭の「いくら持っていきますか」という話題に戻るわけですが、このポップアートなど本当の意味での"遊べるパチンコ"がホールにたくさんあったこの頃、私は小銭をかき集めてポケットに何百円が突っ込んでパチンコ店に行っていました。若いパチンコファンには信じがたい話でしょうが、数百円からひと勝負できたのが当時のパチンコです。

ポケットから小銭を出して200円ずつ玉を買って、チャッカーに入賞するたびにワクワクしたものです。当時から勝ち負けの記録はつけていましたが、1回のパチンコで負ける金額というのは多くても2000円くらい、大体は1000円以内くらいで遊んでいたように思います。2000円も負けたら放心状態でした(笑)。

ちなみにこの「ポップアート」は私が生まれて初めて打ったパチンコ機です。同時期によく打っていたのは「パチンコ大賞(西陣)」「たぬき丼(平和)」「ファンシー2(三洋)」「パニーギャルズ(西陣)」「CR-V(西陣)」などのハネモノでした。デジパチや一発台は不良が打つものだと思っていました(笑)。

この頃は本当にパチンコが楽しかったです。玉に触っているだけでワクワクしました。これが間違いの始まりでした(笑)。
関連記事
→サイトトップへ

【 全記事一覧 】 【 機種情報 】 【 正しいパチンコ本 】


| 懐かしいパチンコ図鑑 | 00:22 | comments:1 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT

ほんとですね・・・。
今のパチからは全く想像が付かないです。
色々と衝撃的です。。

| kujira | 2012/06/13 23:20 | URL |















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。