正しいパチンコ

中途半端なパチ生活者が正しいパチンコをまっとうに語ろうと試みるブログ。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
→サイトトップへ

【 全記事一覧 】 【 機種情報 】 【 正しいパチンコ本 】


| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

フィーバーネプチューン (SANKYO 1994年)

「懐かしいパチンコ図鑑」カテゴリの記事は、思い出のある機種について僕がニヤニヤするために書いています。

フィーバーネプチューン

賞球数 7&15
大当り確率 1/205
ラウンド
カウント 最高16R(9カウント)

当時のSANKYOというメーカーの立ち位置は、デジパチ界の横綱的存在でした。プロ野球で言うと巨人のような、大リーグで言うとヤンキースのような、圧倒的ナンバーワンメーカーだったわけです。他メーカーから常に数歩リードしつつ洗練された機種を次々にリリースしていたように思います。そのSANKYOが満を持してという感じで新しい台枠「ナスカ」を発表した際、そのナスカ枠第一弾としてドラム式のこの「フィーバーネプチューン」、液晶機の「フィーバーウォーズ」が同時リリースされました。従来の昭和な台枠の印象から一新された斬新なデザインには少なからず驚きました。

さてこのフィーバーネプチューン、肝心のパチンコの内容についてもさすがにドラム式デジパチの老舗と感心させる仕上がりです。ドラムの絵柄もありがちなチェリーなどのフルーツではなく、深海をイメージしたイラストになっており、サウンドも独特の深みのあるもので、機種の持つ世界観にこだわった出来映えです。リーチアクションの目玉は、ドラム式でありながら搭載された全回転リーチ「深海竜巻リーチ」でした。液晶と違って、ドラムが全回転の形に揃うよう調整されながら回転した後に全回転に突入しますから、突入前にいくらか予測できました。それがまた楽しかったわけです。(ちなみに動画を見てもらうとわかりますけど、この全回転リーチは鉄板ではありません。揃ってないところで止まるとハズレです。それがまたスリリングなんですけど。)



ちなみに、兄弟機として+2回確変ループ機の「CRフィーバーネプチューン」もリリースされました。個人的にはネプチューンのドラムアクションを楽しむには当たってナンボだと思いますので、打つなら高確率な現金機しか考えられませんでした。

余談ですけど、この入魂に新台枠「ナスカ」にはちょっとした欠陥がありました。下皿の玉抜き穴の上に500円玉を置いたまま玉抜きレバーを引くと、500円玉が食われてしまう事があったんです。パチンコで負ける前にナスカに500円負けた人も少なくなかったんではないでしょうか。
関連記事
→サイトトップへ

【 全記事一覧 】 【 機種情報 】 【 正しいパチンコ本 】


| 懐かしいパチンコ図鑑 | 23:13 | comments:1 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT

No title

ひさしぶりです。
覚えてないかな?

更新頻度から、たまにしか覗きませんが、かなりリニューアルされましたね。
あれ、間違った!とおもいました^^;

がんばってください。

| ヤッツメン | 2010/03/05 22:33 | URL |















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。