正しいパチンコ

中途半端なパチ生活者が正しいパチンコをまっとうに語ろうと試みるブログ。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
→サイトトップへ

【 全記事一覧 】 【 機種情報 】 【 正しいパチンコ本 】


| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

パチ生活者がツブれるまでpt.88

ここしばらくずっと、安心して今後が見通せる感じというよりは、モガイてモガイてやっとこさどうにか形になっているという感じです。今週になってようやく、若干明るい・・・というか行き詰まりのドツボの危機だけは当面回避できそうな見通しが立ってきたくらいの具合です。

最近のパチ具合:

1/28:
パチスロのうる星やつら2をやったんですけど、腰が落ち着くまでアッチ掘ったりコッチ掘ったりしてる間1回も当たらなかったのが響いて、大量に使ったお金を取り返すような感じの1日でした。

2/1:
まずまずの調整の地中海のハネデジを心穏やかに打って過ごして、普通に儲かりました。

2/2:
パチスロのカイジ2を打って過ごしました。良く当たったんでよろしい設定だったんじゃないでしょうか。儲かったんで別に「実は設定1でした」でも一向に構いませんけど。

2/3:
パチスロのエヴァンゲリオンを打って過ごしました。実にいい感じで設定6っぽい挙動でした。ビッグボーナス以外は。というよくある感じで、結局その後騙されてたと気づくこれまたよくある感じで完敗しました。なまじっか推測の要素が多いだけに。

2/5・2/8~9:
5日と8日は等価店で、9日は3円交換店でアグネス・ラムを打って過ごしました。それぞれいい調整の台でした。ものすごい当たりませんでした。合計投資金額が70000円ですから、魂も抜けそうになります。

2/10~12:
3日間同じ3円交換店で地中海の1/319のやつを打ちました。初日に見つけた台を3日間打ちました。まずまずの調整で、均せば普通に当たりました。


前から時々は行ってたけど、最近よく行くようになった店があって、今週月~金の5日間でも3度行きました。実は前々からその店にちょっとした不安要素があることを感じていたんですけど、マアたまにしか行かないからイイヤと思ってました。ところが今週になってやはりというか案の定というか、不安が現実になって苦笑いといったところなんです。

それは、客の中にいる店のヌシみたいなオッサンによるものです。要するに顔を覚えられて話し掛けられるようになってしまって面倒くさいなァと、ただそれだけの事なんですけどね。今週の3日のうち3日とも現金投資が多額な割に最終的に普通の収支という展開で、足下の出玉が派手になりすぎて目立ってしまったのが引き金になりました。これがなくてもそのうちいつかはこうなってたでしょうけども。

不幸中の幸いだったのは、あまりタチの悪いタイプのオッサンではなくて、面倒くさい以外の実害がない事です。とにかくこうなってしまったのは仕方ないのでせめてこれ以上面倒くささがアップする事を避けなくてはなりません。ですから何を話し掛けられても「いやぁ、わかんないっす」「どうなんですかねぇ」くらいにしておいて、会話が弾まないタイプだと刷り込んでいかないといけません。

こういう気づかい・・・って程の事じゃありませんけど、パチ生活者をやっているとよくあります。最悪なのはパチンコ店内でのトラブルに巻き込まれる事ですから、対常連客にしても、パチ生活者同士にしても、店員に対しても、敵対視されないように注意しないといけません。かと言ってあまり気に入られても面倒くさいので、「毒にも薬にもならない空気みたいなヤツ」と思われるくらいのバランスが好ましいです。この辺の事は皆さんが考えるよりずっと大事な事なんです。

僕がパチ店内で仲間を作らないのは、性格的なこともありますけどトラブルのリスクと仲間を作る事のメリットを天秤に掛けた答です。パチ店内の人間関係トラブルは、棲息する人間のタイプもアレですし、カネがからんでいますから、それはもう実に最悪です。直接巻き込まれた事はありませんけど、パチ店で多少言葉を交わす程度の顔見知り(パチ生活者)が大変な事になってしまったのを目の当たりにした事はあります(その時はとばっちりを避けてその店を捨てました)。

思い返せば彼には少し「オレは勝ってるぜ、上手いんだぜ、プロなんだぜ」みたいな感じの態度が目立つところがありました。そんなところが他のパチ生活者グループの気に障ったみたいで、ちょっとしたキッカケが元で「お前は生意気だ」だの「態度がでかい」だのエライ事になってました。その後どうなったのか知りませんけど、パチ店内でのトラブルは相手が悪かったら大げさじゃなくて、色んな意味で非常に危険です。

とにかくパチ生活者をやるには店内に敵を作らないよう、強く意識しないとだめです。バカみたいかもしれませんけど、店内での表情はいつも柔和にするよう心がけています。狭い通路でのすれ違いの時もこちらから道を譲りますし、左右の客にも気を遣いますし、店員にも箱を下げてもらう時に毎回会釈します。他の客や店員から迷惑を被った場合も決してモメるような事はなく、「パチ店内にいる人間なんてそんなもんだ」と諦めます。たとえそれがどんなに理不尽でも。筋を通したとしてもそれはその時の気分だけの事で、一銭にもなりません。いや、それどころか結局カネを損するだけです。

これってパチ生活者を長く続けている人は大抵身につけている事なのかもしれません。だって、昔からよく見掛けたようなパチ生活者と思われる人の中でも態度の悪かった人は大抵いつの間にか消えてますし、生き残っている人はほとんどが、敵を作らないようにしていると見受けられる人ですもん。
関連記事
→サイトトップへ

【 全記事一覧 】 【 機種情報 】 【 正しいパチンコ本 】


| パチ生活者がツブれるまで | 23:21 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。