正しいパチンコ

中途半端なパチ生活者が正しいパチンコをまっとうに語ろうと試みるブログ。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
→サイトトップへ

【 全記事一覧 】 【 機種情報 】 【 正しいパチンコ本 】


| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

パチ生活者がツブれるまでpt.72

先週の金曜日と今日(月曜日)は、ハネモノの「もっと!レレレにおまかせ」を打っていました。金曜日に座った台は40000円くらいの能力の台でした。週末を超えて残るとは思えなかったんですけど、締まってもまだイケると予測して今日も同じ席に座りました。案の定オトシがキッチリ締められてましたけど、なんとか20000円くらいの能力はあったようです。

最新の”レレレ”について思った事少々。読んでトクするような話はありませんけど。

締められてもまたイケると判断した根拠なんですけど、(おそらく)ネカセによるヤクモノのデキがけっこうあるのかなと感じました。SPルートへ行く振り分け率は、旧レレレと違ってタイミングによる部分が大きいのでネカセ云々で変化しないんじゃないかと思いました。差が出てくるのは、ホウキのツッツキ率というか、ノーマルルートから回転体へ向かう振り分け率です。今日狙った台は非常にそれが優秀だったから、ちょっとやそっとナキを締められようとも簡単には止まらないんじゃないかと思ったんです。

この感じって、「イヤミのここで一発」に似ています。あの機種の場合はSPルート振り分け率がネカセで超々極端に変わりましたから、優秀なヤクモノの台は締めても締めても出てしまうという現象がありました。本当に全くナカなくて客が誰も打たないレベルまで締めないと止められないくらいに。そしてそれが短命に終わった原因だったんですけどね。レレレの場合は、イヤミほどではないですけど強力なヤクモノを持った台が存在するように思います。そういう台の場合、イラつくくらいナキが悪くても案外勝負になってしまったりする場合もあります。ただし、そのOKラインの線引きは難しいと思いますけど。半日ムダに過ごす覚悟が必要かもしれません。

こないだの記事を読んだ人の中には、「前と言ってる事が違うゾ」とお思いの方がいるかもしれませんね。けっこう最初の印象や旧レレレからの印象と、現在の印象が打てば打つほど食い違ってきているんですよねぇ。前述のホウキ具合次第ですけど、歴代レレレとは比べ物にならないほど甘いヤクモノだなあと感じています。とは言っても、1軒のお店でしか打った事ないですし、触った台も3台だけなんで全くの見当違いの可能性もなきにしもあらずですけどね。結局、何が言いたいんだと自らに問いたいですねぇ(笑)。

それから、直撃当たりはあるもののそれほどデカい出玉でもありませんし、確率も低いです。さらに大きい当たり、中くらいの当たり、小さい当たりの振り分け率がほぼ1/3で、変則のオマケラウンド付きボーナスの振り分け率は非常に低くなっていますから、割と安定した機種だと思います。高い期待値の台なら非常に負けにくいと思います。逆に言えば、小額なら別ですけどマグレではまず勝てません。荒い要素としては、大きい当たりと中くらいの当たりの出玉差が大きいですから、持ち玉を稼ぐ前に振り分けで苦労するとけっこうキツイ事になるかもしれません。


それから、ひとっつも面白くないと書いたSPルートですけど、一応の楽しみ方はあります。打てばすぐわかると思いますけど、当たるタイミングは下記の通りです。

1回目開放の場合:
Vが11時の瞬間にポケットに乗ったらドンピシャ

2回目開放の場合:
Vが2時の瞬間にポケットに乗ったらドンピシャ

3回目開放の場合(ハジメちゃんルート):
Vが12時の瞬間にポケットに乗ったらドンピシャ

旧作のように、ポケットから落ちた後に球道が曲がる事はほどんどありませんから、このタイミングかやや早いくらいだとほとんどハズしません。ですから、玉が落ちる瞬間を見るのではなくてポケットの乗っかる瞬間に注目するのが正しい楽しみ方です。ちなみに、上からの普通のSP入賞の場合はポケットに乗る前にそれなりに玉が遊びますから一応「コレはどうかな?」と楽しめます。ハジメちゃんルートの場合は、ストンと素直に乗っかりますからかなり早い段階に当たりハズレがわかってしまって、それこそひとっつも面白くありません。


長々書いてきましたけど、ヤクモノの甘い台があったら頑張ってみるといいかもしれません。そして、そういう機種は長生きしませんから、案外早いこと消えてしまうか、超キツキツ調整のまま一生を終えるかどっちかじゃないでしょうか。
関連記事
→サイトトップへ

【 全記事一覧 】 【 機種情報 】 【 正しいパチンコ本 】


| パチ生活者がツブれるまで | 22:36 | comments:3 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT

Re: パチ生活者がツブれるまでpt.72

はじめまして、いつも楽しみに読ましていただいています、ヤマオといいます。
僕もパチ生活者です最近ハネ物を触りだしたんですが(使える店を見つけたので)
モウムリさんに質問?なんですが、羽物の釘を見る場合に、寄りと泣きどちらを優先させますか?
一概な答えがないのは分かっていますが、自分の使っている店ではどちらかが、けっこうな良調整で片方はヤヤシメといったところです。ヤクモノの癖はまだ把握できていないので、釘だけで選んでいる状態なんですが…。ちなみにその店は42玉4000発終了です。デジパチの持玉が飲まれたときやアテがないときに使っています。
結果はなんとか出てるんですが収支のムラが…(泣)
もしよろしければ、モウムリさんの羽物の釘に関する考えや、僕の立ち回りについて思うことがあれば聞かせていただきたいのですが、漠然な質問で申し訳ありません。本当に気が向いたらでけっこうです。

| ヤマオ | 2009/09/14 23:55 | URL |

Re: パチ生活者がツブれるまでpt.72

漠然としてますねぇ(笑)。ナキとヨリ、どっちかと言われればヨリだと思いますけどその度合いによると思います。

それから、ハネモノは難しいので永続的・安定的な戦力としては考えてません。今ハネモノを打っているのは、レレレの導入直後でお店が調整に失敗している状況を拾っているだけです。時々ハネモノを打つ場合は、僕の場合大抵そんなケースです。

(僕の環境においては)現状のハネモノの扱いからして、真面目に(?)釘だ何だと考えてスマートにやるよりも、単に「当たりのいい台を打ってみる」というマーク戦法の方が結局儲かる場合が多いです。

要するに、通常の状態においてはあまりエネルギーを注ぎ込む必要はないと考えています。あくまでゼロよりマシ程度の穴埋めに使えれば御の字くらいに思います。

| モウムリ | 2009/09/15 00:21 | URL |

Re: パチ生活者がツブれるまでpt.72

わざわざ返答ありがとうございますm(_ _)m
羽物は最近覚えて、楽しくて楽しくて(笑)あわよくば羽物をメインに♪なんて考えもあったんですが…。
気軽に触っていくようにします、本当にありがとうございました。

| ヤマオ | 2009/09/15 00:36 | URL |















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。