正しいパチンコ

中途半端なパチ生活者が正しいパチンコをまっとうに語ろうと試みるブログ。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
→サイトトップへ

【 全記事一覧 】 【 機種情報 】 【 正しいパチンコ本 】


| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

一本取られたパチンコ機

昔に比べてパチンコで儲けようとするにあたって厳しくなったとはよく言われますし、実際そうだとは思います。昔も昔、大昔ですけど、平成ひとケタ時代なんかは主流機種のスペックにしても交換率にしても、安定性が格段に上だったように思います。ただその代わり(?)、パチ店内にシャレにならないほど危ない人物が多かったなんていうような理由でギャンブル性とは別の部分でのリスクはもっと高かったとか、色々ありますから、ひと言で昔は良かったと片付けるのも安易かなと思います。

ただそれはあくまで儲けるという観点での話。遊ぶ、楽しむという観点で言えば「昔は良かった」というジジくさいセリフも確信を持って断言できてしまいます。パチンコ機の演出に関しては、ハード面でもソフト面でも飛躍的に向上していますけど、向上=良くなったとは言えないのが残念なところです。昨今の派手派手演出=悪とは言いませんけど、いつも思う事は「そういうんじゃないんだよなー、僕が楽しくなれるポイントは・・・」っていう事です。

液晶の部品とかコンピュータの性能とか、今よりはるかに低いレベルだった時代でも、打ち手のツボをうまい事刺激してくれていて、思わずハァ~っと感心のため息を漏らしてしまうようなパチンコ機が色々とありました。思い出として美化されている事を差し引いても、そのような「一本とられた!」的な機種の絶対数は昔の方が圧倒的に多かったです。登場する機種は圧倒的に少なかったにもかかわらず。

そんなわけで、今回は「懐かしい話」のカテゴリとして、昔懐かしい機種の中から僕が一本とられたパチンコ機を思い出してみます。ちょっとマイナー機が多いのでなかなか思い出を共有しずらいとは思うんですけどね。


【その1:けっこう昔編】

▼フィーバー・アラビアン
ドラム式デジパチと言えばSANKYOの得意とするところです。フィーバー・クィーンの驚異的な完成度の高さでその地位を不動のものにしたという印象があります。その後クィーンのリメイク機や後継機が数多くリリースされましたけど、どうしても初代を超えられず、的外れな方向性だなぁという印象を持っていました。そんな中リリースされたこのアラビアンは、それまでのノウハウを惜しげもなくつぎ込んだ上でそれらが実に絶妙なバランスでミックスされていたように思います。リーチや予告の種類はそう多くありませんでしたけど、「メリハリ感」「通常時の期待感の持続」という相反する事柄がうまく共存できていたと思います。
(こちらにフィーバーアラビアンのゲームがあります)
http://www.vector.co.jp/soft/win95/game/se052387.html

▼CRフルーツパッション
これは有名な名機ですからご存知の方も多いと思います。16ラウンド当たりは必ず次回までの確変、1ラウンド当たりは通常というもので、今でいうバトルタイプのようなゲーム性で、初当たり確率は設定1:1/65、設定2:1/71、設定3:1/77とかなり高めです。デジタルを回すのにスルー通過→電チュー開放→玉が入るというステップが必要ですからそれなりに大変なんですけど、それでも高確率機の強みで「良く回れば簡単に大儲け」という印象があります。この機種を追って遠征した事を思い出します。デジタル部は7セグ3桁デジタルとシンプルそのもので、そっけないくらいにスピーディーでした。確変の消化も猛スピードで、連荘が続いて30分で10000発とか、本当に爆発性を体感できました。トータル的な印象としては、徹底的に無駄を省いてあるもののポイントだけは心憎いほどに押さえてあるという感じです。

▼フィーバーパワフルIII
超有名な名機中の名機です。リメイク機がやたらたくさんありますけど、パワフルIIIの魅力が継承されている機種はひとつもありません。個人的に思うパワフルIII最大の魅力は、出目に余計な操作がされていない部分にあります。意図的に7が止まりやすくなっているリメイク機が多いんですけど、そういうのを見るにつけ「わかっとらんなあ」と憤慨しています(笑)。パワフルIIIには、とにかく最初の停止で角に7が出るだけで少しドキドキできるという楽しさがありました。ノーマルしか存在しないリーチも必ず決まった周回数で止まりますから、「メロン越え」が激アツスーパーリーチの役割だったわけです。

▼エキサイトバイキング
これは相当古いです。15年くらい前の機種だと思います。ドラム式の1回権利モノで、確か1/160くらいの大当たり確率で2200個程度の出玉が取れました。当時主流のデジパチは1/220~1/240くらいの当たり確率のものが多かったですから、この当たりの軽さはかなり気持ちが良かった記憶があります。ドラム式デジタルで、アクションはノーマルorスローの2種類しかありません。しかも、ノーマルは当たる可能性が0%で、スローに発展しない限り絶対に当たりません。しかしその潔さが素晴らしいんです。当然、スローに発展した時の脳汁感はとてつもないものがあります。しかも高確率ですから、15分に1回くらいのペースでその激脳汁タイムが味わえます。本来のデジタル式パチンコってこういうものだと思います。最近のパチンコ機は、「リーチになると当たるかもしれないから少し嬉しい」という当然の感覚が全くない機種が多すぎます。

▼フルーツマシーン2A
これも古いです。エキサイトバイキングと同じニューギンの機種なんですけど、ニューギンは昔から時々超ハイセンスな機械をリリースするんですよね。このフルーツマシーン2Aは連チャン性のないノーマルデジパチでありながら大当たり確率はやや低めの1/230(多分)と、生まれながらにして「良く回る台」みたいな性格を持っていました。そして最大の特徴を表示部にあります。ドラム式でもなく、液晶でもなく、7セグでもなく、ドットでもありません。個人的にパチンコ史上で歴史に埋もれてしまった事が残念でならないベルト式表示部を採用しています。遠めに見るとドラム風ですけど、良く見るとまったくの平面です。その平面のベルトがスルスルと、時にピューンと高速で回転する様は実に美しかったです。ぜひとも復活させてもらいたいものです。


【その2:ちょっと前編】

▼ダブルウィング
ハネモノです。ゼロ戦みたいな飛行機のヤクモノっていう事自体がノスタルジーを感じさせますけど、通常時のV入賞パターン(王道のゴンドラ→中央レール、ダイレクトのイレギュラー)も気持ちがいいですし、何よりもガチンコ勝負の貯留ラウンド数の昇格ゲームが本当に素晴らしかったです。3ラウンド連続で自力継続に成功すると、問答無用で最終ラウンドまでの貯留(=実質継続確定)が約束されるというものです。液晶やドットによる見せ掛けではなく、本当のガチンコ勝負ですからとてもアツくなれます。パチンコはこうでないといけません。ちなみに、ちょっとした止め打ちで大幅に自力継続率をアップさせる事ができました。

▼デビルマン倶楽部
ニューギンのハイセンスパチンコです。ハネモノなんですけどとにかくV入賞パターンが素晴らしすぎました。個人的にはこれほど玉が美しい軌道を描いてVに吸い込まれる機種はないと思っています。デビルマンのウイングによって奥に玉が回って中央のレールに乗る王道ルートももちろん気持ちがいいんですけど、この機種のキモはイレギュラー入賞にあります。壁に跳ね返ってナナメに飛び込むパターンや、手前のハズレに落ちるかに見えて上手く跳ね返り、綺麗な半円状の弧を描いてVに飛び込むパターンなど、まさに芸術的でした。


古い=良かったというような単純な話ではないつもりなんですけど少しでも共感いただけるでしょうかね。ただ、現在のメーカーの担当者がダメだとかそういう事でもないです。どっちかってと我々遊戯者側に問題があるように思います。現在でも渋いなァとか、なかなかいいセンスだなァなんていう機種もない事もないんですけど、そういう機種ってなぜか不人気なんですよね。それではメーカー側も流行りの派手派手機種に力を入れるしかありませんから仕方ないです。

最後に、詳細は書きませんけど僕が今までに「一本とられた!」と感心したその他の機種をザっと列挙して記事を終わります。順番は適当です。メーカーもごっちゃだし時代も追っていません。

CRジャマイカ、フィーバーゼウス、マジカルチェイサー、フィーバービッグチャイム、ホー助くん、弾丸物語SP、ミサイル776D、ダービー物語、寿司だニャン、エキサイトジャック、たぬ吉くん2、アドバンテージSS、花百景、スタークロス、道路工事

関連記事
→サイトトップへ

【 全記事一覧 】 【 機種情報 】 【 正しいパチンコ本 】


| 懐かしい話 | 00:26 | comments:3 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT

いつも楽しく拝見させていただいてます☆彡

今回の記事は、自分とだいぶ時代がかぶってるので共感しまくりデシタ(笑)
学生時代、「これは何だか狙えるなぁ」とスタークロスを止め打ちをしていたら、人生初の出禁を食らったのを思い出しました(;^_^A☆彡

| のりまる | 2009/08/30 08:40 | URL |

Re: 一本取られたパチンコ機

当時の大一のハンドルで止め打ちとは、責め苦に近いですね(笑)

| モウムリ | 2009/08/31 19:34 | URL |

コイン二、三枚挟む奴でしたっけ(;^_^A?
楽しくて夢中でしたね☆彡あの頃の気持ちはもう味わえないでしょうけど、、今はステージの玉の動きで我慢するしかないですね。結構玉の軌道にあわせて、顔動いてますよ、自分(笑)

| のりまる | 2009/09/01 07:23 | URL |















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。