正しいパチンコ

中途半端なパチ生活者が正しいパチンコをまっとうに語ろうと試みるブログ。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
→サイトトップへ

【 全記事一覧 】 【 機種情報 】 【 正しいパチンコ本 】


| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

パチ生活者がツブれるまでpt.60

地中海の評判は全国的にはどうなんでしょうかね。とある店においては、地中海が早くも減台されて代わりに大海SPが復活なんていうパターンもありますけど。別にパチンコ機の人気がどうだろうと基本的には関係ないんですけど、海だけは別ですね。大いに店に利益をもたらして、どんどん稼いでもらいたいものです。とにかくパチ業界が活発で元気になるために、海にはこれからも当面働いてもらいたいものです。海以外の機種はどっちみち使い捨てなんですから。

7/30:
アブれてさまよって、ヘロヘロのフラフラになりつつも、帰るよりマシ程度の地中海に座りました。3時くらいまでお金入れればじゅうぶんだろうみたいなレベルでした。お約束通り3時くらいに玉がなくなって負けたのはいいんですけど、5000円残っていたカードを紛失して半狂乱になりました(笑)。まったく、パチンコ人生2度目の大失態。完全にボケてました。

8/3:
31日の金曜日は夕方から予定があって、それまでの間だけでも打とうと思っていたんですけど、5000円紛失事件から立ち直れず(笑)、休んじゃいました。8月初日はアグネス・ラム。25000円くらいの能力の台でした。ハネデジでこのくらいあれば、一応満足です。もし100日中100日このくらいのハネデジに座れればもう万事OKなんですけど。

2日間でだいたい勝ち負けなしくらいでした。いや、カード紛失の分、5000円負けでした。


カード紛失のインパクトが強すぎましたけど、それについては特に語るべき事もありませんし正直早く忘れたいので(笑)別の話題を…(引きずってるなあ)。

最近のパチンコ遊戯の半分くらいの頻度で行っている店は、基本的に毎週月曜日に新台入替えがあります。毎週ってすごい話です。新しく入った機種もどんどん使い捨てられています。すでに「萌え剣」「キカイダー」「裕次郎」がなくなっているっていうんだから、恐ろしい事です。他の店でもかなりの頻度で入替えが実施されていますから、ここ最近は特に海系以外の新機種にはとんとご縁がないです。足りてる台を見つけられたら打つ事はやぶさかでないんですけど、なにかと有利な条件が揃っている海系を放っぽらかしてまでチャレンジする余裕はないですね。

機種の中身にしたってせいぜい「初当たり確率やや低め+潜伏機能つき」「バトルタイプ」くらいしかバリエーションがありませんし、あまり決め付けてしまうのは損につながる場合もあるんですけど、大抵の機種はトロくて厳しいですから、正直新機種にはウトい感じになっています。スペックをネットで確認しておくだけで、結局触りもしないままに消えていく場合が多いですね。打つケースがあるとすれば確変拾いくらいです。

どっちかっていうとパチ店の客の中では普通じゃない層であるところの僕がどう考えようと、体勢には全く影響しませんけど、個人的にはもっとバラエティに富んだ機種が色々と登場してほしいですね。そんな中、一瞬注目しかけたのが「デビルマン倶楽部2」です。パトラッシュグリーンのようなタイプらしいんですけど、右側に回転体がついているのを見て、オヤっと思って興味を引かれました。こりゃ、もしかしたら大変な事になる可能性があるなァなんて思いつつ、そうなったとしても出禁になると困る店では打てないぞ…なんて考えてたんですけど、フタを開けてみたらあの回転体は演出用のギミックだそうです。な~んだ、面白くない。

儲けを考えた場合、荒い機種とか、台の能力の良し悪しの判断に時間がかかるような機種はなかなか手が出しづらいんですけど、それはさておき他の機種にないゲーム性を搭載している機種には好感を持ちます。問題はそんな機種が非常に少ないという事ではあるんですけど。それでも、ヒトヒネリ工夫の効いた機種も近年でもないこともないです。

「パトラッシュシリーズ」なんかは、演出面はちょっと残念ですけどゲーム性はなかなかスリリングで良いと思います。「信長の野望」のハネデジバージョンも良いです。連荘よりもラウンド振り分けを思い切り荒くしてありますから、これがなかなか刺激的です。ハネデジと言えば、「匠の道」「ルパン」「いなかっぺ大将」なんかは15ラウンド比率を高くしてあって、かなりメリハリのある出方をするようになっています。他、ちょっと古い機種でいうと昔の「ポップカルチャー」みたいな「ハイパーパッション」とか、昔の一回権利物を思わせる一般電役の「花いち」、ヤクモノのガチンコ抽選で確変抽選される「寿司だにゃん」等も独自のゲーム性でした。(ただ、ヤクモノ抽選を使う機種の場合作りが甘いと「湘爆」「アラジン」みたいなことになってしまうんですけどね)

規定の範囲内でも工夫次第で面白いゲーム性を生み出す事は可能だとは思うんですけどね。というより、前出の機種も含めて実際にユニークなゲーム性を搭載した機種もない事はないんです。問題は、多くの客がそういう機種を好まないという部分だと思いますよ。パチンコ機が多様化するというのは良い事だと思いますから、変則スペックを見かけたらなるべく打ってあげましょう。僕ですか?僕は海でいいです(笑)。
関連記事
→サイトトップへ

【 全記事一覧 】 【 機種情報 】 【 正しいパチンコ本 】


| パチ生活者がツブれるまで | 01:03 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。