正しいパチンコ

中途半端なパチ生活者が正しいパチンコをまっとうに語ろうと試みるブログ。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
→サイトトップへ

【 全記事一覧 】 【 機種情報 】 【 正しいパチンコ本 】


| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

パチ生活者がツブれるまでpt.59

それといったアテがなく出かけたんですけど、朝一でグラディエーターの確変台が落ちてたのを拾えました。

あの不親切というか嫌がらせのような確変/通常判別のランプ表示はたまらんですなあ。アレは紙にでも書いたヤツを見た方がいいのかもしれませんけど、それはそれでスタイリッシュさに欠けるので、困ったものです。個人的には確変の潜伏を意図的に多くしている機種は、パチンコのゲーム性作りという面で非常に安易で程度の低いものだと思っています。それでも演出などが非常に面白いとかでお客さんがつけば別なんですけど、結局使い捨て台大量生産→拾いをやる人だけ少しトク→すぐ入替え→入替え費用は誰が払うの?…という事になりますからね。

ちなみにその後グラディエーターで出た玉を持って地中海。持ち玉なら一応打てる程度と踏んでいたんですけど、これが思いの外よく回ったので粘りました。その結果大敗しました。むきー。


今日も長話します。パチンコの計算のお話です。

現在のパチンコは純粋にヤクモノのみで抽選するタイプは皆無といっていい状態ですから、台の能力を数値化して判断しやすいです。これは知識だけで特殊な技能を必要としませんから、僕のような大した技術を持たない人間に優しい状況とも言えるかもしれません。

ただ、近頃主流のデジパチは仕組みが非常に複雑です。
・電チューとヘソで突確率が変わる=釘調整でトータル確率が変わる
・当たりの種類が多い(ラウンド振り分け)
・確変・時短中に玉の増減が激しい
・店によって出玉の量がまちまちである

機種の仕様によるものはともかく、アタッカーやスルーチャッカーの調整が店によってまちまちというのは近年になって顕著になってきた傾向です。昔、というかけっこう大昔はアタッカーの上の釘構成自体も違っていました。今の機種は左右1箇所ずつ、計2箇所からしかアタッカーへ玉が入るルートがありませんけど、昔の機種は左右の他にヘソの下、つまりアタッカーの真上からも入るルートがあるのが普通で、あっと言う間にラウンドが消化できたものです。要するに、パチンコの状況はアタッカーひとつとっても時代とともに変化していきますから、計算もそれに即したものに変化していかないといけないという事を言いたいんです。

複雑化した仕組みに対応するためには、当たり前の事ですけど平均値を適切に計算して、その数値を使用しないといけないです。それぞれのポイントごとに少し考えてみる事にします。

平均出玉については、ラウンド振り分けがある機種に関しても出現率とラウンド1個で取れる玉から簡単に計算できますから特に問題ないと思います。ただ、アタッカーの拾い具合にしても当たり1回や2回やそこらの実績だけでは正しく判断できません。釘調整からある程度推測できるようにならないと実践的ではありません。思ったより少なかった…では痛いですからね。

トータル確率という考え方は昔からありましたけど、これに関しては今でもそのまま通用しますね。トータル確率が変化するケースとしては、電チューとヘソで突確率が違う機種の場合になりますけど、僕としてはそれほど神経質になる事はないです。一概には言えませんけど、僕の過去の経験の中のほぼ100%に近いケースにおいて、”打てる”レベルの調整の台を置く店で、確変中にヘソ消化が頻発するというような配慮のない調整は見たことがありません。逆に言えば、そんな所で削ってくるような店にはロクな調整の台はないんじゃないかと。

それから、確変開始直後に少しヘソから回ってしまうような機種の場合はというと、ほとんど無視していいレベルでしょう。気になるのであれば、トータル確率を適当に辛目に計算すればいいだけの事です。何回ヘソから回ったかを正確に記録してそれに基づいて計算する事もできますけど、そんなの労力の無駄です。大事なのは行動を決定するための判断材料とするための計算です。その程度の微妙な差で、”打てる台””打てない台”が分岐する事はありません。計算はあくまで手段であって、計算それ自体が目的ではありませんからね。まあ、計算マニアな人が好きでやる分にはいいんじゃないですか。

次に、確変・時短中の玉の増減についてです。他人様のブログを覗き見する事もありまして、そんな折に時々玉の増減を回転率の方に含めてしまっている人がいますけど、これは間違いです。実際のその台の能力に対して、展開によって結構無視できないレベルで誤差が出るんじゃないでしょうか。厳密に正解を求めるんであれば、その機種の電チューサポート率と、電チューサポート中ひと回りで何個増減するのかという数値から計算するのが正解です。どっかに含めて計算するんであれば、平均出玉の方に含めるのが実践的です。これでも実践上特に深刻な誤差は出ないです。

それから、皆さんの大好きな言葉の”ボーダーライン”というヤツです。これに関しては、あまりに普及し過ぎてしまって猫も杓子もボーダーラインみたいな感じですけど、個人的にはほどんど使わない考え方です。例えば今打っている機種の、今打っている台の出玉調整におけるボーダーラインが千円●●回転だったとしましょう。…で?それが何か?…損益分岐点が算出できても特に意味がないように思うんですけど。それから、ボーダーライン・プラスいくつなんていう記述をたまに見かけますけど、それも何の役に立つのかという印象です。

ボーダーラインプラスいくつだろうと、足りる足りないはケースバイケースです。極端な例を出すと、サラの振り分けが1/3で出玉4000個の一発台のボーダーラインは等価交換では千円あたり0.19です。トータル確率1/100で出玉1500個という調整のデジパチのボーダーラインは等価交換で千円あたり16.7です。それぞれボーダーライン・プラス3回転入賞するとしたら、一発台の方はとんでもないお宝台で、デジパチの方はごく平凡な台という事になります。

個人的な考えとしては、もうボーダーラインという考え方は捨て去っていいと思っています。出玉調整、トータル確率、デジタルの消化ペースなど全て総合して判断した上で、持ち玉時給がいくらかというのを判断材料にするのが今現在のパチンコにおいては実践的だと思います。それプラス、投資ギャップを計算に入れれば大抵のケースにじゅうぶん対応できると思います。


とにかくパチンコにおける計算は実践に即した形である程度妥当な数値を求められるようにする事が肝要です。計算する事は目的ではなくて手段ですから、あまりに細かく計算する必要はないというか、労力の無駄と言っていいような話です。だた、実践の数値からあまりにかけ離れないようにポイントを押さえる事が大切だという事です。パチンコの計算はそこまで難しい計算力を求められるものでもありません。要するにある程度数字を扱うセンスがあれば、無駄な労力を使わないで効率的に計算できると思います。

それから、数字があまりにも苦手でお手上げな人に関しては、現代のパチンコで儲けようとしても無理です。儲けるだけがパチンコではありませんから、勝ち負けを度外視して、余裕のあるお金の範囲でできるだけ楽しく遊ぶ事をお勧めします。
関連記事
→サイトトップへ

【 全記事一覧 】 【 機種情報 】 【 正しいパチンコ本 】


| パチ生活者がツブれるまで | 01:29 | comments:3 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT

連続書き込み失礼します。うっとうしかったらいってくださいな。自粛します。

そーよ!これよ!この感じよ!って思って読んでます。ちょっとしたコーフンです(笑)。以前から、繰り返し繰り返し、いわれてる内容なんですけど、昨日今日と、特にバッキリきてます!!

さらに更新が楽しみです!

自分はパチ生活者では全然ない、シロートなんですが、このお話のコク深さに酔っております(笑)。

| マッサンゲアナ | 2009/07/30 23:23 | URL |

モウムリさん 釘の解説とかやってもらう事はムリですか? いつも日記楽しみにしてます

| たっくん | 2009/07/31 09:28 | URL |

Re: パチ生活者がツブれるまでpt.59

>>マッサンゲアナさま
毎度どうもです。

>>たっくんさま
他サイトの記事でじゅうぶんだと思います。
そもそも、釘解説ってあまり意味ないです。
釘は回る台を打って覚えるしかないですから。

| モウムリ | 2009/07/31 11:21 | URL |















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。