正しいパチンコ

中途半端なパチ生活者が正しいパチンコをまっとうに語ろうと試みるブログ。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
→サイトトップへ

【 全記事一覧 】 【 機種情報 】 【 正しいパチンコ本 】


| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

パチ生活者がツブれるまでpt.45

このところ割と良い内容のパチンコができているのは結構な事なんですけど、結果的に儲けにつながらなかった場合は単にチャンスを逃しているだけなんで無意味です。

6/19:
納得レベル、このレベルに毎日確実に座れれば100点という感じの大海に座りましたけど、30000円入ってしまうと「その後並々に当たっても浮いて帰るのは厳しい」となってしまいますから、一気にヤル気がそがれます。ヤル気があろうとなかろうと、打つ以外ないのでそれはそれはムカつく遊戯となります。11時間打ったあげく結局交換なしでした。パチンコで30000円負けるなんて珍しくもありませんけど、良く考えるととんでもない金銭感覚です。

6/20:
前日の据え置きの大海に座りました。午前中に確変が当たるという快挙を成し遂げましたけど、噴くでもなく飲まれるでもなく、引き負け額だけがどんどん増えていくような格好・・・という割とよくある感じでした。丁度使ったお金の分交換しました。つまり、くたびれもうけ。

6/21:
出してないのに回すと締められるってのも最近では当たり前の風潮です。どうせ当たらないのに。別の店へ移動してアグネス・ラムを打ちました。22000円くらいの能力の台でした。8連続単発なんて事をやってるうちに万発引き負けを達成しました。5000円ほど負けました。

6/22:
前日の据え置きのアグネス・ラムに座りました。20000円入った時点でああ今日もまた・・・という風情でしたけど、その後奇跡の挽回を見せました。日も落ちた頃にはどうやら大勝ムード・・・と思ったんですけど、最後に”本日最大”をもらって結局並々の儲けにとどまりました。

この間、15000円ほどの負けでした。こうなるとわかっていれば家で寝ていた方がよかったんですけど、わかりようがないので仕方ありません。



愚痴ばかりというのもアレなんで、少し記事を続けます。

儲けを志向したパチンコのやり方と言えば、お題目のように「回る台を持ち玉で打つ」と言われますし、それは実に簡潔かつ的確です。ただ、言うは易し行うは難しですし、さらに近年のパチンコの傾向からいくと益々大変になっていると思います。ひと昔、ふた昔前だったら、乱暴に言ってしまえば「ヒマなヤツなら儲けられる」だったかもしれません。それに対して現代のパチンコの場合はそうはいきません。

「儲ける」という線引きについてはパチ生活者レベルという前提として話を進めます。まず、「回る台」に座るために必要な技術という部分でも、昔であればパチンコ機の釘のゲージも単純でしたしステージ依存度も今ほどではありませんでした。極端な話、試し打ちでも割とどうにかなったものです。それに対して近年では、ハッキリ言って試し打ちだけでは全く歯が立たないと言っても過言ではないと言えます。(ゲージやステージという要因の他、打てるレベルの台の絶対数が少なくなっているということもあります)

もうひとつ、現在のパチンコ機は非常に回転ムラが激しいですから特に試し打ちだけでは簡単に騙されます。ですから、打てるレベルの台に安定的に座り続けるためには、台の良し悪しを総合的に的確に判断できる技術が昔以上に求められるんです。ちなみに、その技術は良く回る台を玉をよく見て打ち、なぜ回るのかを把握するよう努めるという作業を積み重ねる以外に身に付ける方法はありません。

そして現代のパチンコを難しくしている要素として、過剰とも言えるスペックの荒さと出玉性能の高さがあります。荒ければ荒いほど当然のことですけど投資金額にしても獲得出玉にしてもバラツキが大きくなります。現代のパチンコでは当たり前のように起こりうる範囲のハマリでも一般的な金銭感覚で言ったらとんでもない大金を損しますから、それに対応できる資金力が必要になってきます。資金力が足りない場合は、リスクも含めて数値を管理して作戦を練る必要があります。いわゆる期待収支がじゅうぶんでも、資金力に見合った作戦を取らないと結果が出る前にツブれる可能性が高くなってしまうからです。例えて言うなら、「サイコロひと振り1000円、ピンの目が出れば10000円の賞金」というゲームなら簡単ですけど、「ひとふり1億円、ピンの目で10億円」というゲームの場合は簡単ではないというようなものです。


とにかく現代のパチンコは付け焼刃や生兵法では絶対と言っていいほど儲ける事はできませんから、そうとう兜の緒を締めてかからないといけません。それほど難しいんです。例えば10年、15年前くらいにパチンコで生活できていた人がいたとして、その人たちの中で現代のパチンコでも同様に儲けられる人がどのくらいいるかと考えてみると、これが案外少ないんじゃないでしょうか。物事の原理原則に沿って自分で考えた上で行動できない限り無理だと思います。
関連記事
→サイトトップへ

【 全記事一覧 】 【 機種情報 】 【 正しいパチンコ本 】


| パチ生活者がツブれるまで | 00:01 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。