正しいパチンコ

中途半端なパチ生活者が正しいパチンコをまっとうに語ろうと試みるブログ。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
→サイトトップへ

【 全記事一覧 】 【 機種情報 】 【 正しいパチンコ本 】


| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

パチ生活者がツブれるまでpt.44

今週は苦戦というか綱渡りが続いている感じで、真っ青になったり真っ赤になったりしながら過ごしている感じです。何とも言えない気持ち悪さなんですけど、こんな時に運がツカずに負けが込んだりすると絶望感でかなりキツい精神状態になります。

6/15:
久々に沖縄海のハネデジバージョンに触りました。ギリ妥協レベルくらいしか望めない感じだったんですけど、そのレベルにすら・・・という具合でした。廻る店も特になく、玉がある間はゼロよりマシと座ってようと決意。ショボい台でイラついてサッサとぶん投げるのは簡単ですけど、「最悪」よりは「悪」の方がいくぶんマシです。

6/16:
アテもなくてさ迷いそうな感じでいましたけど、とりあえずパワフルワールドの朝一確変を拾えてプチ喜び。問題はその玉を持って移動するような台もない状態で、安い金を拾って終わりとなりそうな気配で面白くありません。と思ったら、確変台を消化中に隣の人が確変を捨てました。掛け持ちで押さえるのはデリカシーに欠けるので、誰かに取られたらいいやと思ったらうまい具合にそこで今打っている台の確変が終わりました。2台目、こっちがなかなかたくさん出ました。その後電車移動してハネデジ少々、回らずヤメ。日の高いうちに帰宅しました。

6/17:
デジパチに打てる台なく、今のところ主力には据えられないと判断しているハネモノのおだてブタに座りました。結局、ハネモノはスロットに似て簡単に打てるレベルの台かどうかが判断できないんです。スロットの方が設定入れる人の癖やイベントの傾向という要素がある分読みやすいくらいです。この日座った台は結果的になかなか優良でしたけど、そんな台に安定的に座れないとダメなわけでそれは相当厳しいです。ちなみに、夜になってからまたパワフルワールドの確変が拾えました。残念ながら玉を減らす結果になりました。それにしてもパワフルワールドは、ちゃんと台に見やすいところに4ラウンド以上は絶対確変ですと明記しとかないとダメですなぁ。こんなんじゃ、せっかくの変則スペックも客に受け入れられないでしょう。

6/18:
信頼できるイベントをやってる店に行ったんですけど、一見して良いと思えるような調整の台は少なかったです。今後が不安ですねぇ。とりあえず今日は27000円くらいの能力の大海に座れました。ここの店は朝一ガラガラなんで、台数すくなくてもありさえすれば問題なしとも言えるんですけど。

迷走しつつもこの間90000円ほど儲かりましたから御の字です。


たまたまパワフルワールドの確変潜伏状態の台を拾う機会に恵まれたここ最近ですけど、潜伏拾いについて、例によって僕の環境における・・・という注釈つきですから普遍的な話にはなりませんけど少し触れてみたいと思います。

一見通常状態のフリをして確変状態が残る機種が最近は特に多くなっていますけど、そのオイシサ具合はどうなんでしょう。ハネデジ系やパワフルワールドあたりは拾ったところで大した期待収支は出ませんから、もっと儲かる台を確保し損なうリスクが高い場合はあえてスルーするケースも出てくると思います。ただ、慶次や北斗なんかは一発でなかなかの期待収支が稼げますから、見つけたらゲットしたいところです。

ただ世の中簡単にはいかないもので、朝一で落ちてる事が多いような店にはちゃんと拾いに来る人も標準配備されています。彼らと先を争って奪い合うような状態になってしまうと、その店がそれ以外儲けようがないような店であればいいのですがそうでない場合は特に好ましくありません。トラブルに発展してしまうリスクを考えれば、取り合いが激しいような場合は特に無理する事は得策ではないと思います。

それから朝一ではなくて人が捨てた直後に拾うというようなケースですけど、これは店を選んだ上で相当根気良くチェックして拾い続ければそれだけで結構儲かると思います。ただ、その方法だとトラブル必至ですからそれなりの覚悟が必要です。つまり、シマに張り付いて誰かが当たったらセグやランプを背中越しに確認とか、そういう超目立つやり方が必要になってきますからね。僕は絶対にやりません。もしやったら、多分後々とても大変な事になると思います。

ですから、隣の人が捨てた場合とか、たまたま通りかかった時に発見したとか、そういうイレギュラーな棚ボタがあった場合のみという感じですね。ちなみに、「確変ですよ」と教えてあげるのが紳士的というかカッコいいと思いますけど、別にカッコ悪くていいです。知らない方がいけないんです。


それにしても、確変の潜伏なんていうのは現代のパチンコならではの付加要素ですね。高確率のモードへ移行か否かという部分を楽しむ演出としては悪くないとは思いますけど、現状の画面演出などの感じからすると損をする人がけっこう出てしまう種類のものですから、あまり良いとは思えませんね。潜伏はあってもいいんですけど、演出面などで確変状態を捨ててしまう事がないように配慮した作りになっていないといけないのが本来だと思います。
関連記事
→サイトトップへ

【 全記事一覧 】 【 機種情報 】 【 正しいパチンコ本 】


| パチ生活者がツブれるまで | 23:16 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。