正しいパチンコ

中途半端なパチ生活者が正しいパチンコをまっとうに語ろうと試みるブログ。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
→サイトトップへ

【 全記事一覧 】 【 機種情報 】 【 正しいパチンコ本 】


| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

パチ生活者がツブれるまでpt.38

いやはや、決して投げやりになったり油断したりしたつもりはなかったんですけど、内容的にひどい週となってしまいました。

25日:
大海を終日、なかなか良い調整の台を打てました。また打ち切れる持ち玉に恵まれました。

26日:
大海の据え置き狙い実らず。そんなに出したわけでもないのに回すと1日で締められるってのも最近慣れてきました。店移動してアグネス・ラムを少々。回らずサッサとオリ。

27日:
アブレて放浪、ハネモノを少し打ちましたけど、持ち玉無くなって追加するほどの台ではないと判断してオリました。結局連日のアブれ。

28日:
アテにしていたパチイベントに参加するも完全にガセ化していました。ただ、そうなった場合でも近隣のスロ店にアテがあったからこそ参加したんです。というわけでスロ店へ移動、エヴァスロをやりましたけど、子役落ちなど全ての数値が設定6を上回るペースでした。ただし、ビッグボーナスを除く。そんなんしてたら結局数値は下落という、とてもとてもよくあるパターンとなりました。ベル数えるだけで儲かるほど簡単じゃありません。要するにヨミが悪かったって事で、まったくいいとこなかったです。

29日:
アグネス・ラムを打ちました。20000を切るくらいの妥協レベルでした。だからこそフルに粘るという考えもありますけど、回りムラとか日に100個しか増やせないスルーとか、なにかとイラつく感じだった事もあって10時間でオリました。効率重視とでも言っておきましょう。

この間80000円ほどの浮きでした。


自分のパチ能力を過信するなかれと思った週でした。能力の過信、これはかなり陥りやすい罠です。内容的には直感的に理解しづらい事柄なのでなかなか一言では語れませんけど。過信(ニアイコールで慢心とも言えるかもしれません)が発生してしまうケースとしてすごくよくあるのがツキに恵まれて良い結果が続いているような場合です。そしてそのツキというものはデジタルの抽選結果についてのツキだけではありません。いやむしろデジタル以外の部分でツキに恵まれているような時に過信というエアポケットが口を開けがちです。

つまり、デジタルのヒキは並々かむしろ若干の不ヅキ程度でも良調整の台にありつける日が多くて、結果しばらくの間良い収支をあげ続けているというような場合です。こんな場合はいわゆる期待収支も高いですから自分がとてもうまく立ち回れているように感じます。ただ、その良い調整の台にありつけている状況こそ、環境に恵まれているとか、店が調整ミスをしていてそこを突けているというような幸運に助けられているものであって、自身の実力以上のものが出ているだけではないかと疑ってみる必要があるという事です。

少し話は横へ逸れますけど、ツキというものの取り扱い(?)においてパチ生活者と一般パチファンとの間にはけっこう大きな認識の違いがあるように思います。パチ生活者とひとくくりにしてしまいましたけど、ここでは僕個人の認識と思ってもらった方が間違いがないような気もします。

一般パチファンの場合は、上手な人で内容実収支ともに良い成績の人であったとしても、なかなかデジタル抽選以外のツキを意識して自身のパチ内容を評価できている人はほとんどいないのではないでしょうか。それに対して、別に僕が思慮深いとか賢明であるという事を言うのではなく、毎日毎日、状況が良い時も悪い時も打ち続けないと見えてこない事じゃなかろうかと思うわけです。

収入をあてにして打つ以上、環境や巡り合わせに恵まれた場合のみ良い内容のパチができるという程度では無理がありますから、大抵の場合に平均的にある程度の内容をつけられるようにコントロールする必要があるわけです。


毎度のようにとりとめがなくなってきましたんで、少々強引にまとめてしまうと、

▼ツキには以下のような要素があり、それら全て考慮して自身のパチ内容を評価する必要がある。
・デジタル抽選のツキ
・周囲の状況のツキ
・巡り合わせによるツキ


▼デジタル抽選以外のツキ要素に恵まれている場合は自覚しづらく、考えにスキが生まれやすい。

…ということです。もうひとつだけ補足すると、(矛盾して見えますけど)パチのツキにおいてはたとえ多少ツイていなくとも、あまりに酷い最悪のドツボでない限り、「最悪に陥らない」という点において十分にツイていると考えるべきです。現代のパチの荒さはそのくらい厳しいんです。

そりゃ考えすぎだよとお思いかもしれませんけど、その認識では甘いと僕は断言します。
関連記事
→サイトトップへ

【 全記事一覧 】 【 機種情報 】 【 正しいパチンコ本 】


| パチ生活者がツブれるまで | 22:46 | comments:1 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT

No title

おはこんばんちは、モウムリしゃん。

わかったでちゅ☆。

ここのブログタイトル。

「正しいパチンコとの向き合い方」 だったんでちゅねぇ☆。

| ピーカープリンコ | 2009/05/29 23:07 | URL |















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。