正しいパチンコ

中途半端なパチ生活者が正しいパチンコをまっとうに語ろうと試みるブログ。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
→サイトトップへ

【 全記事一覧 】 【 機種情報 】 【 正しいパチンコ本 】


| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

パチ生活者がツブれるまでpt.22

ここ最近割とよく行く店へ行きました。パトラッシュGREENに座ったんですけど、この店でこの機種に座ってる日っていうのは、イマイチぱっとしない日という感じです。安い金で当たってくれてとりあえず戦える状態になったものの、夕方に持ち玉尽きてギブアップしました。帰りにお店廻ってたら青ドンの天井近い台を拾えたんですけど、REGが当たってしまって残念。2000円とかを換金するというのも多少恥ずかしい部分もありますけど、それをしないと天井拾う意味がないですからねぇ。合計9500円の負けでした。


ところで、最近はパチンコ機は多様化し、特にゲーム性の荒い機種が幅を利かせてきました。そんな中今日僕が打ったパトラッシュ(1、2)のGRENNとか、新しめの機種ではシャカラッシュやパワフルワールドなど、高めの初当たり確率、高連チャン率、ラウンド振り分けというタイプがちらほら登場しています。連チャンして当たり前というスペックであるとともに、少出玉のラウンドに偏った場合のダメージ(逆の場合の爆発性)が大きいですから、高初当たり確率と言えども非常に荒いタイプだとは思いますけど、個人的にはこのタイプは今後のパチンコ機の可能性を示しているように感じます。

というのは、パチンコっていうのはとりあえず当たりを引けない事には面白みがありません。たとえ液晶演出でどんなに飽きさせない工夫をしていたとしても、1/400タイプなどでは結局のところ何も当たらずに500回転、1000回転と経過していく事もザラですから、普通のファンの方には特にツライんじゃないでしょうか。かと言って、ちょっと前にデビューしてヒットせずに消えて行ったドラゴン伝説やナナシーのリメイク機のような、穏やかすぎるゲーム性の機種ではお店が回せないですから、結局「手堅く負ける」機種になってしまうワケです。ですから、パトラッシュGREENなどのようなタイプは、とりあえず当たるという部分と、波荒性(ヘンな言葉で恐縮です)がいい具合の落としどころにまとまっているように感じます。だったらハネデジのバトルタイプとかでもいいじゃないかとも思ったりしますが、1/99ではなくて1/150前後の初当たり確率っていうのが絶妙な感じがするんですよね。

個人的にはこのタイプに期待している部分があるんですよ。ですから、今回SANKYOが強いブランドのパワフルシリーズとしてワールドをリリースした事にちょっと注目してたりするんですよ。他メーカーも人気シリーズをこのタイプの機種でリリースするとか、回数切り確変を生かせるような演出を工夫するなどしてくれるといいなと思います。そして何より、客側がこのタイプの魅力を理解して台に座ってあげる事が大切かなと。この手の機種って、小技が効く場合も多いですしお店が大事に使うようになれば、僕らパチ生活者にとってもメリットがありますからね。

というように、自分に都合のいい事にはならないというのもパチンコの特徴ですけど(笑)。
関連記事
→サイトトップへ

【 全記事一覧 】 【 機種情報 】 【 正しいパチンコ本 】


| パチ生活者がツブれるまで | 23:17 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。