正しいパチンコ

中途半端なパチ生活者が正しいパチンコをまっとうに語ろうと試みるブログ。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
→サイトトップへ

【 全記事一覧 】 【 機種情報 】 【 正しいパチンコ本 】


| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

パチ生活者がツブれるまでpt.12

消去法で、時々ここに登場する快適な店に行きました。消去法ってことは確たるアテがあったわけじゃありません。沖縄海SAD(ハネデジ)に打てそうな台があって助かりました。ただ、持ち玉時給1900円といったところで、金曜日だし12時間目いっぱい頑張ってみようと決意しました。

いやあ、連チャンしないしない。朝から5回転確変を当たり14回連続スルーって。1/10を70回転引けなかったという事ですね。と、こう書いてみると7倍程度ですからそこまでレアじゃないとも思いますけど、実際に食らうとヤル気失せますねぇ。かと思えば15回目の当たりから10連チャン。ハネデジと言えども荒いですねぇ。結局最終的に5500円の浮き、というか負けずに済みました。


何だかんだでハネデジを打つ機会も少なくないんですけど、店でもなかなかの人気っぷりですね、ハネデジ。店によってはハネデジが大盛況でそれ以外の機種はガラガラなんてところもあるくらいです。あんまり深手を負わないで済むし、5000個くらいなら一気に出ちゃう事もありますから、遊びとしてもなかなか良いものだと思いますよ。液晶の演出にしても、1/300タイプだと面白くない機種でも1/99だと適当に当たる分良さが初めて理解できるような機種もありますからね。

ところで、現在は小額で遊ぶ機種としてはハネデジが定着してますからその出番がなくなってしまったジャンルとしてハネモノがあります。玉が転がって当たり穴に入ると大当たりっていう楽しさはデジタル表示の演出では絶対に超えられない面白さがありますから、ゲームとしては非常にコク深くて楽しいものなだけに、ちょっと今の情況は残念ですね。

個人的には、たぬ吉くん以来当たり前になったラウンド振り分けなど、デジタル要素が増えてゲーム性が荒くなった事が衰退の原因だと思っています。荒い=投資がかさむ・・・っていう事は、ハネモノを打つ理由のひとつがツブれてしまっているのと同じですからね。それからもうひとつ、レレレにおまかせなんかはかなりヒドかったですけど、平気で台を叩くような輩の横行もハネモノの命を縮めたように思います。ハネモノ全盛期の昔の機種こそ、叩けば当たるみたいなスキは多かったと思うんですけど、そこは客の方でも自主規制してもっとマナー良く遊んでたように思い起こされます。
関連記事
→サイトトップへ

【 全記事一覧 】 【 機種情報 】 【 正しいパチンコ本 】


| パチ生活者がツブれるまで | 01:17 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。