正しいパチンコ

中途半端なパチ生活者が正しいパチンコをまっとうに語ろうと試みるブログ。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
→サイトトップへ

【 全記事一覧 】 【 機種情報 】 【 正しいパチンコ本 】


| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

直近のパチンコ機の傾向

儲けを志向するパチンコのやり方の中で大事な事のひとつに、状況にアジャストするという事があると思っています。状況というのは主流となるパチンコ店のルール(交換率も含む)やパチンコ機のスペックなどが主なところです。という事を踏まえつつ、今日はここ最近のパチンコ機の傾向を確認してみようと思います。

パチンコ機のスペックの主流は近年では特にその変化のスピードが加速している印象があります。2~3年前くらいまでは大半の機種が1/300~400くらいの初当たり確率で、確変率50%~、そしてフル100回時短という機種が大半でした。その後初当たり確率が1/290~1/315くらいのややおだやか目の機種が主流になってその傾向がしばらく続いたと思ったら、ここへ来てすごい勢いでCR機の多様化とギャンブル性の上昇の傾向が強まってきました。


特筆すべきなのは、いわゆるバトルタイプの台頭と定着ですね。ちょっと前まではウルトラセブンやウルトラマンくらいしかヒット機種がなかったんですけど、おそらく花の慶次の大ヒットで火がついてしまったんじゃないでしょうか。その後の流れはご存知の通り、北斗の拳などの注目機種もどんどん登場してヒットしています。

儲けを志向した場合、このバトルタイプの流行はとてもじゃないけど歓迎できるものではありません。今現在では海やエヴァが一応健在ですからどうにかバトルタイプを避けて頑張ることもできるんですけど、今後どうなるかはわかりません。パチ生活者のように生活を賭けてパチンコを打つ人でなくても、バトルタイプは資金が続かなくなってしまう懸念がありますから、正直爆発性を楽しめる反面厳しいと思います。

まったくパチ業界もうまくやったもんです。客は爆発性を求めて受け入れる、店は儲かる、つまり台も売れると。資金が枯渇してツブれる人もすでに続出してるかもしれないですけど、これって我々がバトルタイプを受け入れてしまったのが悪いんですよ(笑)。


他のタイプについては、確変状態が一見わからないいわゆる潜伏機の定着というのもあります。これは仕組みを知らずに打つ人は確実に損をします。知ってる人が得をするかというと、マレに得する事もあるでしょうけど決して得と言える程のメリットはありません。誰も得をしない、とても褒められたものではないシステムです。なぜこのシステムが定着してるのか、僕には理解できませんね。ただ、スペック的には普通の穏やかな機種も多いですから、特に問題はないとも思います。


それから、ヘソとチューリップで確変の実質継続率が違うタイプもすっかり定着しました。これは同じ出玉性能でも荒さが増しますから、儲けを志向した場合とりあえずは不利な要素です。ただ、その荒さがどうにか許容範囲に収まっている機種であれば、荒い分甘めに調整される事もあろうかと思いますから一概には言えないかもしれません。


もうひとつここ最近、特に直近の傾向ですけど、1/315タイプが減ってきてますねぇ。確変率高めで初当たり確率がやや低めの1/350前後というタイプが多くなってきたように思います。個人的には1/315タイプってなかなかバランスが取れたスペックだと思ってたんですけど少し残念です。バランスっていうのは、現在主流の33個前後の交換率にマッチしてるスペックじゃないかなと思うワケです。


結局荒い方へ荒い方へとシフトしている傾向ですから、やっぱり苦しいですよね。この傾向の発端は遡ればダービー物語の件まで行き着くんですけどね。ただ最初にも書きましたけど打ち手にできる事は状況に合わせてなんとかする事であって、苦しい状況に文句を言ったところで全く無意味です。要するに、儲けを志向してパチンコを打つ事が全般的に苦しくなってきてます。例えばひと昔、ふた昔前なら通用した、交換率の安い店で粘るなんていう作戦が今ではかなり厳しくなってるように思います。こう荒い機種が多いと投資ギャップが埋まらないですからね。

イヤな予想ですけど、また新しい流れができない限りこの荒い方へ流れる傾向は続くんじゃないですかね。店内の大半がバトルタイプになってしまったりしたら、もうパチンコで儲けるのは無理かもしれないですね。もし僕が店の人間だったら、なるべく一律調整にするよう腐心すると思いますから。だって、わざわざ出そうとする台を用意しなくたって勝手に噴く台はものすごい噴きますから。それに店側の収支では大儲けしてても、とりあえず通路にドル箱は山積みになりますからね。
関連記事
→サイトトップへ

【 全記事一覧 】 【 機種情報 】 【 正しいパチンコ本 】


| コラム | 01:01 | comments:1 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT

No title

お久しぶりです。毎回、興味深くかつ勉強させて頂いてます。
現況のスペックの流れは、おっしゃるとおりだと思います。
やはり、スロットの五号機の影響を受けてのことだと思います。
しかし、今後、スロットは穏やかであるにせよ爆裂化へシフトすると
確信してます。その時、パチンコの過激性は失われる、この繰り返しです。モウムリさんをはじめ、経歴の長い方は解っているハズです。いつの時代も搾取ありきです。なんかミニスカートの流行りとすたれに似ているような(笑)。長文で失礼致しました。

| 銀英 | 2009/02/12 01:47 | URL |















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。