正しいパチンコ

中途半端なパチ生活者が正しいパチンコをまっとうに語ろうと試みるブログ。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
→サイトトップへ

【 全記事一覧 】 【 機種情報 】 【 正しいパチンコ本 】


| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

パチンコのヤメ時

パチンコのヤメ時のお話です。ハマリを避けて出玉の頂点で勝ち抜ける効率的な方法を求めて必死な方はこれからも一生その調子で頑張ってください。


あくまで僕流のヤメ方ですから、正しいワケではありません。まず、1円でも多く稼ごうという発想であるとするなら完全に間違っています。というのは、疲労や効率を考慮してますから期待値の出る目いっぱいまではまず打ち切らないからです。前提として、僕の行く店は全店漏れなく10時開店です。閉店時刻は22:30~22:50とまちまちですけど、大体そのあたりです。・・・という事を踏まえつつ記事を進めます。

ヤメる時刻を決定するのはおおまかに言うと「現在の持ち玉状況」「座っている台の能力」が基準になります。大体の目安ですけど、持ち玉時給が2000円を超えている場合は21:30までは打つ事にしています。持ち玉時給2000円カツカツの台の場合なんかは特に15ラウンド機の場合決して優秀台というレベルではありませんから、けっこう苦しいものがありますけど、とにかく今現在の持ち玉であるという状況を生かしつつ、翌日以降の体調維持を考えた僕なりの落としどころが21:30という時刻なわけです。

ただし、どうしても体調がかんばしくないとか疲れが貯まっているというような身体的な理由や、席が出入り口に近くて寒い(笑)とか、隣にキチガイがいるとか、そういった理由がある場合は、20時あたりでオリてしまう場合もあります。要するに、そのマイナス要因が3000円の価値アリなら我慢、ナシならオリという感じですね。ただし、何が何でも20時までは打ちます。この1日10時間というラインだけは、サボる習慣がつくのが怖いので絶対に守るようにしています。

ちなみに、やむなく持ち玉でも2000円に満たない台に座ってしまっている展開の時は大抵打っててそうとうストレスたまってますし、早くオリる事による損害も少ないですから、心置きなく(笑)20時でオリる事も多いです。ただ、逆に安い分時間でカバーという考え方もありますから、ツイていて機嫌がいい時とか、両隣が空き台で快適な場合なんかは逆に22時くらいまで続ける場合もあります。

要するに、持ち玉があるという条件の場合は最短で20時までが絶対ラインで、通常21:30まで、最長で22時までという感じですね。


問題は持ち玉が途中で壊滅した場合です。これについては、台の能力次第ですから一概に言えません。残時間での期待収支を計算してその金額と店廻りのメリットを考慮して判断というのが基本スタイルです。廻る店もない場合は帰ってラクする悦楽(笑)との天秤ですね。最初にちょっと触れましたけど、一応打てるレベルの台であれば日が落ちてから現金投資してもいくばくかの期待収支は出る場合が多いです。ただ、結局金額は小さいですから、あくまでもその小さい金額も拾いに行くような事はしない場合が多いです。甘いっちゃ甘いんですけど、効率と体調維持という事を大義名分にしています。


ちなみに、昔は標準的なヤメ時刻を22:00にしていましたけど、少しでも早く帰りたいですから、昼食休憩を取るのをヤメて以来今の時刻になりました(昼食はウィダーとかで済ます事が多いです)。それから、実に実践的だと自負しているんですけど(笑)、帰りの電車の時刻表と照らし合わせて店によって21:30を21:25とか21:35とか調整しています。電車を待ってる時間も大きく考えればパチンコ時間と同じですからね。


ここを読んでいただいてる方は皆さんおわかりでしょうし、そうでない方もここまでの流れでおわかりだと思いますけど、勝ちを守るために早めにヤメるとか、超大勝が確定してしまったので勝ち逃げでオリるとか、そういう事はしません。というかそういう発想すらありません。明日明後日に打てる台が見つかる保証は全くありませんから、打てる時に少しでも打っておきたくなるワケです。そういう機会を自ら捨ててしまうと後で必ず後悔する事を経験上知っていますからね。

それでも夕方を過ぎると、勝ちを守りたいとかではない理由、つまり単純に疲れたとか飽きたという部分で早く帰りたい気持ちでいっぱいですけどね。バイト中の学生みたいに、残り時間ばかり気にしています。iPodで40分のアルバムを聴いて、「よし、これを聴き終わったら残り~時間だ・・・」とかそんな過ごし方です。残り数分になったらもうカウントダウン気分です(笑)。そんな時に15ラウンド機ならともかくハネデジの単発が当たったりすると逆にコンニャローなんて思ったりしますね(笑)。

それからちょっと違う話ですけど、いつの頃からか、夕方18:00を過ぎた辺りの時刻になると1000以上ハマるつもり・・・というか残り時間1回も当たらないつもりで打つ習慣になっていました。大体は当たりますけど、頭の中では「ストレートなら19:30に飲まれる・・・早く帰れる!」みたいな屈折した気分です(笑)。要するに、当たれば当たったで嬉しいですし、本当にハマった場合の精神的ショックを和らげる自己防衛的な考えが習慣になってしまっているワケです。



1/27のパチンコ:

アテにしていた機種のあったお店でその該当台がダメという典型的な失敗でしたけど、運よく別の機種に一応打てる台が見つかりました。とは言っても18000円くらいの沖縄海のハネデジです。20:30まで打ちました。ちなみに徒歩圏内の店なんで交通費かからない事を考えれば失敗からのリカバーとしては納得でした。20000円くらい儲かりました。
関連記事
→サイトトップへ

【 全記事一覧 】 【 機種情報 】 【 正しいパチンコ本 】


| コラム | 21:46 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。