正しいパチンコ

中途半端なパチ生活者が正しいパチンコをまっとうに語ろうと試みるブログ。

2016年11月 | ARCHIVE-SELECT | 2017年01月

| PAGE-SELECT | NEXT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
→サイトトップへ

【 全記事一覧 】 【 機種情報 】 【 正しいパチンコ本 】


| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

今年思ったこと

別にそんなに素晴らしいことを思って過ごしていたわけもないので、とても雑多な内容になりますが、2016年無事生き延びた記念として記事を投稿します。


ちょっとマジメな話をすると、パチンコ界は近年にない転換期を迎えています。”その日”はもう明後日ですから、どうなるのか見ものですね。

それに関連して、スペックが辛めの機種が多くなっていますが、その辺は一概に悪いことばかりとも思いません。辛い機種の場合、打てれば安定的で楽ですからね。そんな台あるのかと言われそうですが、打てる台がないと思うケースの大半は探し足りてないだけなので、打つだけじゃなくて探す方でもアホみたいに粘るというマメさ(=ヒマさ)が大事な感じ。

来年は色々、もっと変わって、それが実際にどういう具合になるのかが除々に見えてくるように思います。パチンコ店を経営する人の考えの実際のところはわかりませんが、現状わかっていることから考えると、生き残ろうと真剣に考えるお店には、打ち手からするともしかしたら今まで以上にチャンスが出てくるのではないかと、少し楽観的に考えていますよ。


今年はかなりパチスロをやりました。非常に環境に恵まれて、お金の面で考えても無駄な時間ばかりではありませんでした。

パチスロを今までにないくらい多く打って思ったことは、「楽しむことって大事」ってこと。儲けようとして、そのための打ち方をする以上、長く打てば打つほど高が上がるのはパチンコでもパチスロでも同じですが、パチスロの、殊に現代のノーマルタイプの面白さのおかげで、目一杯と言えるほど一日に打ってましたから、積み重ねるとけっこう違いが出ました。

来年はおそらく、今年ほどパチスロは打てそうもなく、またパチンコにどっぷり浸る感じになりそうですから、パチンコの方でもまた、楽しい打ち方を模索したいと思っています。

てっちゃん氏からコメントをもらって思い出しましたが、エヴァンゲリオン2~3とか、倖田來未、歌舞伎剣とか、勝ち負け以外の部分でもずいぶん熱心に演出の傾向を調べたりして楽しんでいました。そういうのには興味がない人が大半でしょうし、おカネの面では直接的には無意味なことですが、無意味な事というのは人生の中でとても大事。

カネ、カネと気持ちがササクレだってしまいがちですから、意味のないことに情熱を傾けるのは悪いことじゃないです。そうじゃないと結局は長続きしないんじゃないかと思っています。

 
思い出補正も多分にあって、昔の方がパチンコは面白かったと思ってしまいますが、現代のパチンコにも面白い機種はありますね。

今年打った中では、海物語3Rがお気に入りでした。魚群信頼度を設定できるなんて、夢のような話ですよ。他にもチャンス目の有無とか、好みに合わせて変えられるんですから、よくぞ世に出してくれたものです。

ジャブジャブビートも良かったです。このシリーズの良いところは、タイアップばっかりの最近にあって、パチンコオリジナルのキャラクターと、あくまで我が道を行くという感じの演出です。狙いすぎて寒くなっていることもなく、それでいてパチンコの演出としてちゃんと機能しています。

パチスロの方は、アクロスのノーマルタイプはみんな面白いです。しかし、ハナビは打ちまくりすぎてさすがに飽きてきていたのですが、数時間前に椅子から転げ落ちそうになるリーチ目が出現して、ハナビ恐るべしと再確認しました。

DSC_0068.jpg

しかも、このビッグ中にこの日2度目のハズレが出ました。(その直後、超弩級のハマリを食ったというのも恐るべし!)


今年は、というよりパチンコ生活を通じてずっと、ちょっと異常かもと自分で思えるくらいの、ある種の執着心とマメさで乗り切ってきたと思っています。確信には至りませんが、来年は、儲けるにあたってその異常性がちょっと役立つことになる予感がしないでもないです。

パチンコの技術は何一つ持ってませんが、来年も今までと同じく、普通の真人間にはできないアプローチで、粘り強く生き延びたいと思っています。
→サイトトップへ

【 全記事一覧 】 【 機種情報 】 【 正しいパチンコ本 】


関連記事
スポンサーサイト

| コラム | 00:39 | comments:1 | trackbacks(-) | TOP↑

最近思ったこと

パチスロの方は、私の大好きなリーチ目マシンが色々遊べるようになって大変けっこうなことなんですが、儲けようと思ったらハナビ以外打っちゃいけないというのが私の環境での状況となっています。

でも、いい加減ハナビも飽きてきた・・・というか完全に飽きてますから、色々打ちたいんですよ。サンダーとか、ゲッターマウスとか、新しいところではクランキーセレブレーションとか。

クランキーセレブレーション、面白いですねえ。凄まじく面白いと思います。演出の類は、稀に発生するスイカorチェリー告知以外は全くないので、出目だけで楽しむタイプなんですが、とっつきやすいと思いますし、チェリーさえ注意してれば好きなところを押して楽しめるので、一日の中でも変化に富んだ楽しみ方ができるところも良いです。

DSC_0061.jpg DSC_0056.jpg
DSC_0065.jpg DSC_0066.jpg

面白いのはいいんですが、これまで4度打って毎回、設定1以下の当たりっぷりで大敗を喫しています。こんなに面白い機種を設定1にしやがってコノヤロウという気持ちよりも、もうちょっとまともに引け、自分!という感じです。

毎度毎度、この機種はよく当たるって聞いて打ちに来たんですけど、どうなってるの?っていう具合です。

クランキーセレブレーションについては、当たりを引けないっぷりが問題ですが、サンダーとかゲッターマウス、プチマーメイドといった私の好きなヤツらは軒並み、儲けようと思ったらちょっと打てそうな感じがないですね。

でも楽しいから打っちゃう、そして負けるという当たり前の結果になっています。その分を補填すべくハナビやパチンコを打ってるような毎日ですから、いったい何をやってるんだか。パチンコの方が断然手堅いんで、パチンコを打つ日も多くなってますね。

楽しいパチスロ生活ももうボチボチかなという感じがしてます。いや、感じがしてるってより実際には既に・・・てのが本当のところで、パチンコの方で楽しみを見出していこうかなと思ってます。


というのが実は主題ではなくて、パチスロで遊びすぎて収支の深刻な悪化という事態に陥ったことにより、思い出した感覚があるということです。

私なんかは根本的にはジャンキーみたいなものですから、追い込まれれば追い込まれるほど、ギャンブルが楽しくなっちゃうんです。危険というか、破滅的な性だと思いますよ。

20代の頃、初めてパチンコ生活に突入した時のことを思い出します。

当時はCR機と現金機が共存している時代で、荒いCR機とマイルドな現金機という格好で住み分けされていました。しかしよく回るもののハマリが半端ないCR機で連日ハマリ倒して、軍資金が底をつきかけたことがあります。

もうここでまた負けたらアウトだという段階に入り、安くても多少は安定的な現金機を打つか、あくまでよく回るCR機を打つかで悩んだことがあります。

よく回る、ヒキさえまともなら儲かるチャンスの大きいCR機を打てるチャンスこそが最後で、現金機でハマって資金が尽きたらそれこそ最悪だという考えに思い至り、結局はCR機で勝負して勝ち、ピンチを脱出したという経験があります。

そこまでのギリギリな状況は今となってはそうありませんが、あの時の感覚、あれこそギャンブルの醍醐味だと感じます。だって、震えたもん。


ギャンブルは適度に、余裕のあるお金で楽しみましょう的なことをよく言っている私ですが、それと真逆で、震えるようなヤバイ状況で谷底に向かって飛び込んで見る感じ、アレってスゴイっすよね。そういうギャンブルが一番楽しいというのはどうしようもない、否定できない事実です。

バクチ好きでどうしようもなくって、こんなことになってしまっているわけで。でも、あしたのジョーの矢吹丈じゃありませんが、他の誰がなんと言おうと、ギャンブルでしか真っ白になるまで燃えることができないという、完全な中毒者なんですよねえ。

人には言えないような暮らしですし、ハタから見れば最悪ですけど、考えれば考えるほど、他のことではここまで一生懸命になれそうもありません。遊んで暮らすためならどんな苦労だって構わないし、休みなんてなくたっていいくらい思えてしまうわけですから、我ながら壊れてます。
→サイトトップへ

【 全記事一覧 】 【 機種情報 】 【 正しいパチンコ本 】


関連記事

| コラム | 18:45 | comments:1 | trackbacks(-) | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。