正しいパチンコ

中途半端なパチ生活者が正しいパチンコをまっとうに語ろうと試みるブログ。

2016年09月 | ARCHIVE-SELECT | 2016年11月

| PAGE-SELECT |

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
→サイトトップへ

【 全記事一覧 】 【 機種情報 】 【 正しいパチンコ本 】


| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

ノーマルタイプを元気にしよう(ハナビ編)

現行ノーマルタイプの楽しさを私なりに広めていきたいと思っています。ここを読んで、1~2人ほどの人が「ちょっとやってみようかな」と思ってくれたら幸いです。

今回はハナビ(HANABI)の楽しみ方というお話です。超ヒット機種だけに、私ごときが語るべきかという思いもあるのですが・・・。

001_20161014234815f60.jpg

おそらくここ最近のノーマルタイプの中では最大のヒット機種、というよりブッチギリですね。特別な存在の、5号機史に残るパチスロ機に育ちました。今さら私ごときが語ることもないのですが、ノーマルタイプに馴染みがないという人が対象です。

今現在でも、割と設定が入りやすい地域が多いんじゃないでしょうか。それだけに儲けるにはどうすればいいかみたいな話に興味がある人も多いと思いますが、儲けたいという人は、パチスロなんて打ってないで別のことで精を出しましょう。

ノーマルタイプ初心者がいかにして楽しく遊ぶかという話中心で進めます。


フラッシュすれば小役かボーナス、ガセフラッシュなし(不発は除く)という明確さが広く受け入れられた理由のひとつだと思います。ただし、それ以外にも味わいどころがたくさんあります。

そのうちのひとつは5号機ならではの小役重複当選です。個人的にはパチスロに重複当選はあってもなくても良いと思っているのですが、ハナビほど上手く使ってくれれば文句なしです。

リプレイやチェリー時、重複当選時によく出る「シダレフラッシュ」が発生した場合は期待が高まります。全消灯したと思ったらリプレイ・・・と思ったらシダレというのが割とよくある期待パターンです。

熱めのパターンだったとしても20%にも満たない期待度です。しかし、それがイイんです。20%も当たらないということは、それなりに期待できるパターンが良く出るということを意味します。当たっても外れてもおかしくないわけです。

その次のゲームが楽しみになるという意味では、ホントに素晴らしいバランスだと思います。リプレイでもけっこう当たりますし、4号機ではあり得なかった新しいハナビの楽しみを提供してくれました。


そしてもうひとつ、いいスパイスになっているのが遅れです。遅れはチェリーorボーナスで、だいたい1/100くらいの出現率で20%くらいボーナスが当たるそうですよ。

遅れがわからない、わかりづらいという人は、おそらく「遅れ」という呼び名に惑わされています。正直言って、「遅れた」って感じではないんです。

「遅れ」というと、リールのスタートに対して音が遅れるのをイメージすると思いますし、ハナビの遅れも実際そうなんですが、受ける感じとしてはそういうことではないんです。

002_20161015002213454.jpg

おそらく、どういう事がおこっているかというと、遅れるというよりも、スタート音のテロリロン♪の最初の「テ」の音が少し欠けるという感じです。あえて絵で表すとこんな具合に。灰色の部分が鳴ってないと思ってください。

006_20161015002438303.jpg

実際、遅れの時に毎回同じ音なのかは私にもわかんないですが、何通りかあるように感じます。

とにかく、スタート音のアタマがヘンな音になるという感じです。妙に強い音に聞こえることもありますし、ズッコケた感じに聞こえることもあります。ムリヤリ絵にしてみると、例えばこんな具合ですかね。

004_201610150022167e1.jpg 005_201610150022170bd.jpg

ちょっと無理あるか。とにかく、「リールに回転に対して遅れる」という感じではないです。むしろ、リールなんて見てなくても遅れればわかります。

ちなみに、Youtubeで遅れの音をアップしてる人がいたので動画で聞いてみたのですが、全くわかりませんでした。お店では100%わかるんですが、どうして動画だとわかんないんだろ。

さて、その遅れが発生した場合、それを聞き取れたと確信できた場合、チェリーを否定したら、氷の取りこぼしの心配もありませんし、好きなところを押して楽しみましょう。


RTの延命のためにリプレイハズシ(もどき)が苦手という人もいるかもしれません。バー(HANABI絵柄)を上段かその1個上で押せば良いのですから、氷やボーナスを揃えられる人なら絶対にできると思います。

ただ、私としてもHANABI絵柄はそんなに見やすいとは思いません。人によって見やすい絵柄、見づらい絵柄は違うと思いますが、私の場合はHANABIを枠上~上段ではなく、その下の氷を中~下段に押した方が断然押しやすいです。失敗することが多いという人は、氷下段狙いを試してみたらどうでしょうか。

どうしてもその2コマ目押しができないという人用の最後の手段手順としては、逆押しの右リールを止めた後に一旦手を止めて、左リールを見ます。そして左リールの3連ドンちゃんのタイミングで中を押し、パンパン!というリズムで続いて左リールを押すとけっこう成功します。(けっこう失敗しますが^^;)

左リールだけを見て3連ドンちゃんが通過するところで中、右とパンパン!と押すってことです。


さて、設定推測云々という話も既に語り尽くされていますが、一応少し触れておきます。

一番強烈なのはBIG中のハズレですが、アホみたいに毎日のように打ってれば、そんなに珍しくもありません。出たらさすがに粘る価値はあると思いますが、5~6確定ではありませんから、薄い確率を引いてしまったかもという覚悟はしといて、粘って負けても恨んじゃいけません。あり得るんですから。

低設定だとAT機のフリーズ並の低確率ですが、AT機のフリーズくらいの確率では出ますから、引く時は引きます。どう考えても設定5~6じゃなかったよなあという日でもハズレが出たという日は複数回経験があります。

BIG中の斜め風鈴や、RT中のハズレというのもいかにも推測に役立ちそうな感じがしますが、実際は役立つ頃には勝負はついてますからあしからず。

現実的には、入ってる可能性があるお店で適当に座って打つ、そのくらいの方が当たる確率は高いと思ってます。その過程で、BIG、RT中の数字が良かろうと悪かろうと、出りゃ良かったね、出なきゃ腹立つ、そんな感じの打ち方でも、必死で数値を見て打つのと大差ないです。

1日終わって勝負がついた後、最終的にコイン持ちが良かったかどうか、これがハナビの設定推測の一番強いとこです。というかそれ以外ないくらいです。つまり、打ってる途中の挙動での判断はあんまり役に立たないです。勘違いしてる人が多いですが、パチスロなんてそんなもんじゃないですか。


余談ですが、前の日まで当たってない台を狙う「設定上げ狙い」とか、いかにも有効っぽく語られますが、いわゆる「上げ狙い」ほど命中率の低いものはないように思ってますけど、どうでしょうか。

お店の人もそんなこと考えて設定を変えたりしてないんじゃないですか。もっと適当に決めてると思います。というか、前日の具合を参考にするとするなら、据え置き狙いの方が断然当たる率は高いと思いますよ。

・・・という私のテリトリー内のみで、私ひとりの少ない経験から感ずること、という余談でした。


まあ、そんなつまんない話は置いといて、ハナビはボーナス確率は1~6でほとんど差がありませんから、その日だけを見れば設定がいくつだろうと変わんないです。

でも、ハナビはやっぱり甘い機種ですから、別に設定1ばっかり打ってもじゅうぶん勝った負けたと楽しめます。打ってみればわかりますが、わかりやすさがウリのひとつの機種ですから、ノーマルタイプの入門機としては最適だと思います。

ハナビでノーマルタイプに馴染んだら、他のノーマルタイプもぜひ打ってみてください。ただし、液晶がついてるやつ、アレはまた別の楽しみ方をする機械ですし、ノーマルタイプ本来の楽しさからはちょっとズレるので、できれば液晶ナシのタイプで遊んでみてほしいと思ってます。

DSC_0048.jpg

→サイトトップへ

【 全記事一覧 】 【 機種情報 】 【 正しいパチンコ本 】


関連記事
スポンサーサイト

| コラム | 00:59 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

| PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。