正しいパチンコ

中途半端なパチ生活者が正しいパチンコをまっとうに語ろうと試みるブログ。

2016年07月 | ARCHIVE-SELECT | 2016年09月

| PAGE-SELECT | NEXT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
→サイトトップへ

【 全記事一覧 】 【 機種情報 】 【 正しいパチンコ本 】


| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

最近思ったこと

相変わらず、2週間に1回のペースで新台入れ替えを行うお店が多く、どんどん新しい機種が入ってはほとんど活躍せずに消えて行きます。

名前を出して悪いけど、例えば「仄暗い水の底から」とか、わざわざ導入する意味あるんでしょうか。いや、ヒット機種に育つ可能性だってゼロではありませんけど、すぐに客が飛んで高いお金をはたいて買った台が無駄になる・・・いや、その分を我々がサンドに入れてるお金でまかなうという具合になる方が多いでしょ。

「PROJECT TK」なんかを入れるってのはまだわかるんです。ガロの新しいのが出たら買わないといけないから、サンセイR&Dの機種は買っとかないとマズイとか、そんな感じ?

ずっと前から思っていますし、ここでも何度か書いたかもしれませんけど、入れ替えペースを落とすというワケにはいかんのでしょうか。業界の人とか、詳しい人、教えて。

素人の私の浅はかな考えかもしれませんが、入れ替えペースを落とした営業をした方が、玉を出す出さないは別として、どう考えても台を買うお金がかからないんだから、お店としてもトクでしょうに。今さら新台入れ替えだからと言ってそれ目当てにお客さんが大挙して押し寄せるなんて時代でもありませんし。

パチンコのお客さんの数は減少傾向にあるというのはご存知の通りですし、要するに商売として規模が小さくなってるわけですから、同じ経常利益を取ろうと思ったら、使うお金の方を小さくしないとどうしようもないと思うんですけど。

それなのにどうして、どうせすぐ役立たずになる台に高いお金を払って、しょっちゅう入れ替えをするんでしょう。繰り返しますが、誰か教えて。何か理由があるんでしょ。

入れ替え回数の少ないお店も存在してます。潰れるカウントダウン中の弱小店の場合も多いですが、お客さんがついて頑張ってるお店でもそういうお店はあります。しかし、どうしてそういう風にするお店が少ないんでしょうか。

ホントに、業界のこととか詳しくは知りませんけど、もし私だったら新しい機種が出たからと言って、我先にと何でも導入するんじゃなくて、もっと慎重に吟味してから買いたいと思うんですけど。むしろ他店での動向を見て、良さそうだったら、そこから買うくらいの方が有利じゃないですか。大コケしてたら避ければいいんだし。

ついでに、ある程度力のあるお店だったら、全台にパーソナルシステム(各台計数機)をつければ、ホールでドル箱を運んでるバイトさんを雇う数も圧倒的に少なくて済むと思いますから、できるだけ早く導入を進めた方がいいと思います。これに関しては、機械が高そうですから、入れたくても入れられないお店も多いんでしょうね。

パチンコ業界のこともよく知らなければ、会社を経営したこともない私の言う戯れ言ではありますが、やっぱりパチンコ店ってちょっとヘンだと思うんです。売り上げがデカくて利益もデカいという商売はもう難しいんだから、売れなくても儲かる形を作ろうとは考えないんですかね。ホント、誰か詳しい人教えて。



どっちかっていうと活況な感じがするのはスロット店の方で、これはたまたま私のテリトリー内だけの話かもしれませんが、新台入れ替えにしても、そこまでムチャをしているお店はそう多くないように思います。

何でもかんでも入れるというよりも、例えば今だったら「マドマギ2」みたいな強烈な期待度を持った機種なんかはドカっと入れるとか、割と理にかなって見えるやり方をしているお店が多いように感じます。

まあその話はいいとして、ここから先は全くの愚痴ですが、どこのお店も私の好きなゲッターマウスやサンダーVを全台設定1にしやがってコノヤロウ!って感じです。リーチ目機を育てようという気はないんでしょうか。

いや、お店が育てようという気がないんじゃなくて、面倒くさいっつって、面白さに気づいていない人が多すぎるんだと思います。スイカとかは、極論で言えば取るのが面倒であればあるほど楽しめるという面もあるわけで。でも、なんでもかんでも効率重視、合理的を良しとするというのが、最近の世代の考え方なんでしょう。

おおげさな話になりますが、生きていくことの中で、非能率的なこと、合理的ではなく無駄が多いこと、そういう中に楽しみや潤いがあると思うわけですよ、私は。あんまり揃わないスイカをいちいち狙うという行為、そこに人生の止まり木的な安らぎを感じつつ楽しもうという考え、それはもう前時代的なんでしょうか。悲しいことです。



全台設定1にしやがって感が出てきたもうひとつの大好きが機種がプチマーメイドです。面白すぎて、どうしても打ちたくて追いかけてはみたんですが、限界を感じて諦めました。最初のうちは結構、儲かりつつ楽しめたんですが、もう早くもダメですね。あんなに面白いのに。

ビッグボーナスの出玉がちょっと多いので、マグレ一発がハマるとけっこう出ちゃうこともあるので、どうせ設定1でしょうが、皆さんも打って楽しみましょう。超面白いから。

サメが笑ってない方のBARを狙っても、案外タコすべりからのハズレ(=ボーナス)も出ますし、そのあたりの杓子定規じゃないファジー感もまた良いのですよ。

チェリー重複は、私の感覚では実は単チェリーと2連チェリーには、それほどの期待度の差は感じないです。単の方がよく出るということもありますが、むしろ重複回数は単の方が多いくらいじゃないですか。私ひとり分の経験なんで怪しいですけど。

ちなみに連チェリーの期待度は10%あるかないかくらいだと思います。そのくらいがいいんですよ。期待してないとボワっと光り、ネジった時に限って光らないという駄々っ子ぶりが。

プレミアの控えめさも奥ゆかしくて良いです。遅れはかなり微妙で、違和感こそありますがアレ?ってな感じで確信が持てないくらいで、左を止めてチェリーが止まったりした時点で「ああやっぱり」となるくらいです。停止音変化も、一瞬自分の耳がおかしくなったのかな?くらいの微妙さです。それがいいんです。あくまで隠れプレミアですから。

そんなわけで、ものすごい面白いので、皆で打ちましょう。可能性は紙より薄いですが、今からでもジワジワと人気を伸ばして大人気になることを願ってやみません。


→サイトトップへ

【 全記事一覧 】 【 機種情報 】 【 正しいパチンコ本 】


関連記事
スポンサーサイト

| コラム | 22:33 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

懐かしい話007

懐かしい話001 002 003 004 005 006

大学生の頃、ちょっとした止め打ちやらなんやに凝っていたという話を前回書きましたが、今回はその頃に打っていたちょっと印象に残っている機種の話です。

メジャー機種に関しては今さら改めて書くようなこともありませんので、少しマイナー気味の機種に絞って思い出してみました。


湘南物語(ニューギン・ハネモノ)

けっこうヤクモノのクセが出る機種で、出る台(席)が決まっているような感じでした。今でも番号を覚えていて、当時よく行っていたお店の37番台と50番台はいつもよく当たった記憶があります。

スイカの中に玉をたっぷり停留して、一気に解除してVゾーン入賞(継続)を目指すというハネモノらしいハネモノでした。しかし停留解除がドバーと一気にいってしまうものですから、勢い余ってパンクということもありました。そのスリルもゲーム性の一部なんですけどね。ちなみに「50番台」の方はけっこうなパンク台でした。

今はYoutubeに動画を上げてくれている人がいるので、古いマイナー機でもこうして紹介する作業も楽しいです。(私だけが)

「湘南物語」 ニューギン レトロパチンコ


アドバンテージSS(銀座・デジパチ)

これはマイナー機すぎて、ネットを漁ってみても動画はおろか画像すら見つかりませんでした。カラー液晶のデジパチではなく、単色でほぼ数字のみの画面だったと記憶しています。

スペックがまた異端で、記憶がほとんど薄いのですが、非常に高い初当たり確率(1/50とか1/60くらいだったと思います。)で、入りにくく抜けにくい時短(確変?)機能を持っていました。多分、10%突入、90%継続みたいな感じで、ファンキードクタータイプですね。

当然当たり1個の出玉は少なく、下皿で事足りる程度だったんですが、この機種を設置していたお店のドル箱は4000個の箱で、そのミスマッチも印象深いです。初当たり確率が非常に高いこんなデジパチですら、初当たりすらけっこう荒れることを実感した機種でもあります。


エキサイトバイキング(ニューギン・1回権利モノ)

記憶が曖昧ですが、1/143の初当たり確率の1回権利モノだったと思います。この機種の特色は、当時のニューギンが新開発した高速スピンのドラムで、毎回転、急発進という感じでギューンを回るドラムの動きはなかなか気持ちのいいものでした。

ノーマルリーチの信頼度が完全に0%でしたが、スーパー突入タイミングは決まっており、その瞬間を味わう機種でした。スーパーリーチは当たりの少し手前からスローになるというシンプルなもので、スーパー発展から結果が出るまでは非常にスピーディーでした。

スーパー突入を待ちに待って、ようやくかかったスーパーリーチはあっという間に結果が出ます。このわずかな時間が非常にスリリングなんです。非常によくできた、当時のニューギンのセンスの良さが出ている機種でした。

エキサイトバイキング(ニューギン) [1回 権利物]


元祖ワニ道楽2(ニューギン・ハネモノ)

オーソドックスなハネモノで、面白く遊べました。学校のそばのお店に長いこと設置してあり、よく打っていました。ハネモノとしてはいかにも普通なんですが、セル板に書かれた群衆の中からキャラクターの「ワーリー・ドーリー」を探そう!という変な仕掛けがありました。当時なぜ流行っていたのかいまだにわからない「ウォーリーを探せ」のパロディですね。「ドーリー」っていったいなんなんでしょう。

元祖ワニ道楽2(ニューギン) [羽根物 15R]


こうして見てみると、ニューギンばっかりですね。当時のニューギンは、なかなかハイセンスで良作パチンコ機をたくさん出していました。フルーツマシーン2Aのベルトリールアクションや、これぞ力作という感じのレディースオープンのヤクモノなど、今思い出しても素晴らしかったなと思います。

ここで取り上げた機種は、特に人気があったということもありませんが、ずいぶん長いことお店に設置してありました。

今のように、次から次へと機種の入れ替えがあったわけではありませんでしたから、マイナー機やそれほど人気のない機種でも、一度設置されると台の不具合が発見されでもしないかぎり、長いこと置いてあったんです。

ですから、ある人にとっては非常に馴染みが深い機種でも、全国的には全くのマイナー機というケースも多かったのではと思います。

今回は取り上げなかった機種ですが、変則的デジパチの「ポップコーンII」、2回権利モノの「ブロンディ」、ハネモノの「黄門さん」(←ちゃまではありません)などといった機種は私にとっては馴染み深いのですが、あまり知られていないと思います。

(つづくかも)
→サイトトップへ

【 全記事一覧 】 【 機種情報 】 【 正しいパチンコ本 】


関連記事

| 懐かしい話 | 02:21 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。