正しいパチンコ

中途半端なパチ生活者が正しいパチンコをまっとうに語ろうと試みるブログ。

2015年02月 | ARCHIVE-SELECT | 2015年04月

| PAGE-SELECT |

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
→サイトトップへ

【 全記事一覧 】 【 機種情報 】 【 正しいパチンコ本 】


| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

最近打ってみた機種

最近触れた機種についてのお話です。


▼ギンギラパラダイス~情熱カーニバル
ハネデジのやつです。1個戻しの新内規適応機種です。大昔の権利モノはスタートがスルーになっていて戻しナシでしたが、大抵の機種はスルーの下に落としがついていて、ソコソコ入賞するようになっていたので、実質デジタル式のパチンコ史上最も戻しが少ないタイプかもしれません。

STは入れば1/31.5で50回転ですから、ちょっと運が良ければ10連以上も珍しくなく、なかなか刺激的なゲーム性になっています。

海シリーズの顔をしていますが、スピードが遅い機種でした。時短中、確変中の長いアオリ演出が多すぎるんです。それが楽しいものになっていればいいのですが、そういうことでもありません。ただ、この機種のスペックで海シリーズのスピードがあったらけっこう大変なことになってしまうとは思います。それでも、なんか別の方法で調整できなかったものかと思います。

ところで、これは私が打ったお店だけの話かもしれませんが、電サポ中は別に左打ちしてても玉持ちが右打ちと変わんなかったです。電サポ保留から先に消化されていくタイプなので、左打ちするデメリットはありません。というか、電サポ中にヘソ保留を貯めるのがとても楽です。

問題があるとすれば、あんまりそういうことを堂々とやるのはアホのすることなので、ヘソ保留が貯まったら速やかに右打ちというのがよろしいかと思います。


▼CRハクション大魔王
ハネデジのやつを打ちました。ドラム式ですが、ひと目見てガオガオなんとかの続編的な位置づけとわかります。2時間くらいしか打ってませんが、ノーマルリーチっぽいので当たってみたり、今どきの主流とはちょっと違う演出の傾向を持った機種なのかもしれません。

ロングST機は、ST中の演出さえ楽しければ他はどうでもいいくらいだとすら思うのですが、残念ながらST中は面白くなかったです。けっこう調子よく当たった私が言うのだから間違いないです。


▼CRA祭りだ!サブちゃん
平和系のアムテックスというメーカーの、特に斬新なところのないありがちなハネモノです。しかし、なかなかツボを押さえた楽しいハネモノだと思います。通常ルートの回転体の中に1箇所、SPルートへ行く「リプレイ」というのがあるのが良いです。

SPルートは(見た目上)1/3で当たりと、良いです。SPルートでも1/4なんていう機種だと、SPに入っても入ってもハズれ続けるというツラい展開がよくあるので、多少SPに入りにくくても入ったらよく当たるというのは良いです。

もうひとう良いところは、ボタン長押しで液晶画面上の演出モードを「丸見えモード」にできます。これはチャッカーに入った時点で、「もし当たったら何ラウンド」というのがわかるようになっているというものです。隠すばかりが良いとは限らないという逆転の発想です。丸見え、けっこうじゃないですか。

この機能は実際に打ってみるとなかなか楽しいです。16ラウンドのナキの場合は素直に期待しますし、2ラウンドのナキの場合は一応当たりを願いますが惜しいところでハズれても悔しさが少なく済んで良いです。


▼CRモモキュンソード
ハネデジのやつを打ちました。常時8個保留ということで、回りにくいという印象を持つ人も多いとは思いますが、保留先読み演出が頻発するタイプなので、当たるまでにいかに保留を空けておくことができるかという、隠れゲーム性がある・・・とまで言うと言い過ぎですが。

ちなみに常時8個保留で、しかも左打ち機、入賞順消化ということで、電サポ中にヘソ保留を埋めることができないのでは?と思ってましたが、実はST終了時(内部的には最後の1回転中)にアイテム選択みたいなしょうもない時間があり、それがけっこう長いのでその間に全部埋まります。ということで見た目より実質甘い機種です。

それはそれとして、演出面はそこまでハズしてなくて最近よくある「大馬鹿が作ったパチンコ機」みたいなことは断じてないんですが、なんとも歯がゆいというか、あと一歩作りこめばかなり楽しめる機種だったかもしれないな・・・という印象を持ちます。

原因は期待度を示唆する要素が多すぎて、それぞれが複合したときのバランスがよろしくないというところだと思います。擬似連回数と保留の色くらいにしといた方が良かったんじゃないかな・・・なんて、パチンコ台を作ったこともないくせに思ってみたりします。


ハネデジとかハネモノばっかり打ってますが、等価交換店なら別として、そうじゃない店の場合一人で打つならハネデジ以外は結局打つ機会がないです。昔みたいに荒い機種ほど甘い調整なんてこともなく、終日打ち切れることを優先した方が現実的です。

今回は珍しく、全体的にいいこと書きました。
→サイトトップへ

【 全記事一覧 】 【 機種情報 】 【 正しいパチンコ本 】


関連記事
スポンサーサイト

| コラム | 00:17 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

| PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。