正しいパチンコ

中途半端なパチ生活者が正しいパチンコをまっとうに語ろうと試みるブログ。

2012年09月 | ARCHIVE-SELECT | 2012年11月

| PAGE-SELECT | NEXT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
→サイトトップへ

【 全記事一覧 】 【 機種情報 】 【 正しいパチンコ本 】


| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

パチンコ年代記(クロニクル) 神保美佳

パチンコ年代記(クロニクル)は神保美佳さんの本です。

パチンコを文化としてとらえて、第一部では筆者の取材による膨大な資料を元にしたパチンコの歴史、第二部ではパチンコに登場するキャラクターについてまとめてあります。

第一部、パチンコの歴史と言うと、皆さんはどういうスタートラインから書かれていると想像されるでしょうか。これが実は、17世紀のヨーロッパで玉と釘を使った「マーブル」というゲーム機が存在しており、そこから始まっています。このように、我々が想像するよりももっとずっと深く調べられた本で、非常に読み応えがあります。

パチンコのルーツ、ウォールマシーン

日本のパチンコに関しては1920年代後半に「一銭パチンコ」として大人の娯楽として定着したという話から始まり、現代パチンコの本当のルーツとも言える有名な「正村ゲージ」など、そのゲーム内容や当時の法律なども含めて詳細に記述されています。

正村ゲージ 15秒開き告知ポスター パチンコ

もちろん、CR機以降の近代史についても細かく記載されており、パチンコの発祥から現代までの歴史の全てが網羅されていると言っても過言ではありません。

第二部はガラっと変わって「夢々ちゃん」や「黄門ちゃま」などのパチンコ・キャラクターにスポットを当てた内容になっており、筆者の前書きで、「本を前後半で破いても問題ない」と書かれているように、全く違った切り口の内容となっています。

もちろんかなり詳細な取材に基いて書かれているので、有名どころの「マリンちゃん」などだけではなく、藤商事の「藤丸くん」、西陣の「ニッキー」、タイヨーエレックのプラシチック枠のイメージキャラ「プラわ君」などマニアックなキャラクターについての内容や、芸能人とのタイアップ機についてもまとめられています。

ドラム君

パチンコというと、どうしてもお金の部分やそれに直結する攻略についてばかり目が行ってしまいますし、そういう需要がありますから書籍にしてもそういった切り口のものが大半で、「パチンコ年代記」のようなパチンコ文化について詳しく紹介したものはほとんどありません。そういった意味では本当に貴重な資料としてもとても素晴らしい本ですし、もちろん読み物としても楽しめるものとなっています。

私はパチンコ生活者ですから、いやでも毎日のようにパチンコに触れますし、パチンコの事を考えずには生活できないスタイルです。だからこそお金の事ばかりではやってられないという気持ちがあります。ですからどんなパチンコ機を打つ時でも楽しみを見出そうとします。

玉と釘を使った遊戯であるという点においては17世紀から今日まで変わっていないわけです。ついついがっついて儲けてやろうばかり考えてしまいますが、そこに文化を感じながら打てればその方が楽しいじゃないですか。
→サイトトップへ

【 全記事一覧 】 【 機種情報 】 【 正しいパチンコ本 】


関連記事
スポンサーサイト

| 正しいパチンコ本 | 23:12 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

プロゴルファー織部金次郎 (サミー 1999年)

パチンコ プロゴルファー織部金次郎 プロゴルファー織部金次郎
 (サミー 1999年)
 時短機能つき現金機
 大当たり確率 1/235(?)
 大当たり出玉 約2000個(?)

かなりのマイナー機だと思います。Sammyの公式サイトに特設ページが残っていましたが、今回取り上げている現金機版についてのスペック情報などはそこにも載っていませんでした。

ですから、初当たり確率などは私の薄い記憶によるもので、間違っているかもしれません。かすかな記憶によると、絵柄によって時短回数の振り分けがあったような?もしかしたら時短なしor時短ありの振り分け?う~ん、思い出せません。いずれにせよ、マイルドなタイプのデジパチでした。

超マイナー機ですから、覚えている人は少ないと思います。まして打った事があるという人はもっと少ないはずで、このアクセスの少ないブログをお読みの方と限定すると、ひとりもいないという可能性が高いです。

それでも私には深いかかわりのある機種なので印象に残っているんです。1999年といえば、私が始めてパチンコ生活者となって世間からはみ出し始めた頃です。そして初めて生活のために打ったのが、現金機版の「プロゴルファー織部金次郎」だったんです。

当時の主流はだいたい初当たり確率が1/300~1/320、確変突入率・継続率が50%くらい、時短なしというCRデジパチでした。

しかし資金がとぼしく不安だった私は初当たり確率の高めな現金機の中に少しでも稼げそうな機種を探しました。「なにわのシンデレラ」「フィーバー・ゼウス」といったデジパチや、「ファインプレー」などの打った事があって馴染みのある機種には打てそうな台は見つからず、結局たどりついたのがこのマイナー機だったのです。

超マイナー機という事は当時から人気はなく、無人のコーナーでただひとり毎日打っていたという記憶があります。しかも毎日同じ席で。運良く、ある程度のお金をこの機種で貯める事ができ、CR機に挑戦できるようになりました。

いや、運良くと言っていいのかはわかりませんね。織部金次郎を見つける事ができずに、資金が即なくなっていればまた違った人生だったのかも…。

私は人気のない面白くないと言われている機種でも、打ち込むにつれてそれなりに楽しみを見い出せるタイプなので、この退屈なデジパチもそれなりに楽しんで遊んでいました。割と演出の種類は多いのですが、何でも当たるし何でもハズれるという感じで嫌いじゃなかったです。

パチンコ プロゴルファー織部金次郎

それなりに演出の強弱はつけてあるようでしたが、どれをとっても中途半端、いい方に解釈すればどんな演出でも当たる可能性があるというタイプだったように思います。

しかし、やたら音が大きいのにはちょっと参りました。ただでさえガラガラのお店のそれもほぼ無人のコーナーで、キンキンと響き渡るBGMと効果音。そして毎日同じヤツ(私)が同じ席で朝から夜まで打っているんですから、さぞかし妙な光景だったことでしょう。
→サイトトップへ

【 全記事一覧 】 【 機種情報 】 【 正しいパチンコ本 】


関連記事

| 懐かしいパチンコ図鑑 | 02:32 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。