正しいパチンコ

中途半端なパチ生活者が正しいパチンコをまっとうに語ろうと試みるブログ。

2012年07月 | ARCHIVE-SELECT | 2012年09月

| PAGE-SELECT | NEXT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
→サイトトップへ

【 全記事一覧 】 【 機種情報 】 【 正しいパチンコ本 】


| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

CRぱちんこAKB48について思うところ

CRぱちんこAKB48、8月27日からお店にデビューしますね。


さすが国民的タレントのAKB48と、現在の最強ぱちんこメーカーの京楽のタイアップという事で、今年一番の注目機種となっています。導入台数も、小規模店でも24台とか36台とか、ちょっと大きいお店だと48台とかヘタをすると100台とか、えらい事になっています。海シリーズの新作やエヴァなど全く問題にならないほどで、別格です。

27日が楽しみだというファンも多い事でしょうし、台や整理券の確保に並ぶという人もいるんじゃないでしょうか。私はというと、とりあえずわざわざ最初から打とうとは思ってないです。あんまりごった返しているコーナーで過ごすのも疲れるでしょうし、朝一番に自由に台を選べる状態でもないでしょうし、狙いに行くメリットが全く見えてきません。楽しみにしている方に喜んでお譲りしたいです。

お店の扱いに関しては、あくまで予想ですし全部のお店で同じ傾向なんて事はありませんが、ある程度大事に使う(出す)事は期待できます。ところが導入直後はまた事情が違うような気がします。1台何十万円もする機械を今回は何十台も買ったわけですから、お店の方は本当にキツイと思います。かと言ってここまで大々的にド派手デビューを飾る機種の導入をスルーはできないという、苦しい選択を半ば強制されてしまった状態だったりして。

お客さんがいっぱい座ってくれるうちに少しでも稼いでおこうというのは至極まっとうです。それを”ボッタクリ”だなんて批判の目で見るのはナンセンスというか、経済観念の欠如も甚だしいというものです。1,000円で売れる商品を500円でわざわざ売らないというのと同じです。

そもそも「新台入替=出る」なんていう話はもうずぅ~~~~っと前からナシになっています。ほんのついこないだまでは新台はけっこう賑わっていましたが、さすがにみんな気づいたようで新台初日でも台が余裕で空いてるなんてケースが多くなってきていますもんね。


ただ、他の機種と違うところは冒頭に書いた通りの別格の扱いだという事です。導入台数が半端じゃありませんから、この機種がコケる事はお店にとってもマズイ事だと思います。デジタルの回転が途切れまくってイライラするとか、あまりにも出ない機種だというイメージを持たれてコケる事は避けたいはずです。その後も長い事使っていかなくちゃいけない機種ですから、ある程度釘のアケシメをしながら使う機種になると予想しています。

ただ、繰り返しになりますけど導入直後はお客さんが多いですから、別に回さなくても勝手にドル箱がいっぱい積んである感じにはなると思います。という事は…。

というわけで、今後おそらく触る事は決して少なくない機種になりそうだと予想しています。ただし、演出面などお店にコントロールできない原因でコケた場合は早々に撤退しちゃうお店もあるかもしれませんけどね。昔の機種でいうと、海物語のカリブみたいに。


それから、最近新機種が出るとすぐに技術介入要素を気にする人も多い事と思われます。AKB48は1種2種混合機です。じゃあVハズシで儲かるんじゃ!?なんて期待を…。なんて煽っておいてなんですが、私の予想では天下の京楽、こないだまでの流れの最大の”被害者”京楽が、そんなスキのある機種をこんなに大々的な形でリリースするとはとても思えません。まあ、色んな面において自分で仮説を立てて検証してみる事はいい事だと思いますけど。

むしろ期待しているのは、長いこと釘のアケシメをしつつ大事に使われて、テリトリー内の各店の台のデキなどを細かく把握して回る台を探すっていう、私好みのスタイルで打てる機種に育ってくれる事です。

不安点は初当たりの半分が時短も何もないド単発8ラウンド(1,000個くらい?)というスペックにお客さんがどういう印象を持つかというところです。ド単発採用機種としては、最近ではギンパラとかコンバトラーがありますが、どっちもコケてますね…。


どっちに転ぶかはフタを空けてみないとわかりませんけど、コケたらお店もお客さんも大損です。ぜひ頑張ってほしいものです。
→サイトトップへ

【 全記事一覧 】 【 機種情報 】 【 正しいパチンコ本 】


関連記事
スポンサーサイト

| コラム | 02:13 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

自分だけ知っていて他は盲目?

だがお前、博打を打って生きるならよく考えなくちゃいけねえぜ。おりんのグラ賽なんか皆知ってるさ。自分だけが気づいて他が盲目なんてことは、この世にはたんとは無え。そう思ったら穴ぼこにおちるぜ。

阿佐田哲也の麻雀放浪記という小説の登場人物のセリフを引用しました。

いい言葉ですねえ。パチンコにもそもまま当てはまりそうです。「パチンコは博打じゃない!確率のシューソクがうんぬんかんぬん…」とツッコミが入ったりして。いやいや、パチンコなんて博打ですよ。その辺を間違えると穴ぼこにおちるぜ。

ちょっと昔のパチスロのストック解除の仕組みとかゾーンとかを知ったり、パチンコでも特に技術介入系の知識を得たりすると「こりゃいい事を知った!」と思うでしょうし、実際怪しげな当たりを早く引く方法みたいな攻略法とは違って実際に効果がありますから、うまくいってお金が儲かる事も多いでしょう。

ここで、冒頭のセリフです。自分が知ってるという事は大抵の場合みんな知ってるんです。みんな知ってるオトク打法を「只今攻略中」の看板を出してやってると余計な摩擦を生む事もありましょうし、その遊戯で得るお金の分のメリットを得られる場合と、逆に差し引き損になる場合もあったりするわけです。

そういう、トクしてると思ってたら実質損だったなんていう事の他にも、調子に乗りすぎるとロクな事がないという面も顔を出したりします。攻略系の話だけじゃなくて、いいお店やデキのいい台を見つけて知っている場合なんか、ついつい「オレ様はうまいし目ざといから見つけて知っている」と調子に乗っちゃいがちなんです。そんなもん、他の人も知ってると考えた方が自然ですよね。他の人は知ってるけどもっとイイのを知ってるから自分に打たせてくれてるんです。

パチンコ生活をしていると孤独ですから、ややもすると自分の見えているごくごく狭い範囲の事が全てだというような錯覚におちいってしまいがちなんです。ヘタをすると、この近辺で一番ウマイのはオレ様だ!みたいな壮大な勘違いをしてしまいかねません。ウマイ人は自分が打ってるようなショボイ店や台に見向きもしてないだけなのに!

パチンコで収入を得るなんていうフワフワした事に依存した生活をしていると、ついつい確かなものが欲しくなってしまうんです。ですから自信を持ってパチンコを打ちたいと思いますし、自分の腕がいいから儲かっていると思いたいものなんです。しかしそんなものは実際はやっぱりフワフワしたもので、これで大丈夫!間違いない!なんていうのは願望、幻想に過ぎないと考えた方がいいと思っています。

元来怠け者だからパチンコ生活者なんかをやってるクセに、真面目に勤勉に、そして謙虚に日々を過ごさないといけないと思っています。何でしょうこのヘンな矛盾した感じは。


それはそれとして、阿佐田哲也の本は面白いのでおすすめです。麻雀放浪記は映画にもなってて、これがまた実に名作です。高品格が怖すぎてチビリそうです。
→サイトトップへ

【 全記事一覧 】 【 機種情報 】 【 正しいパチンコ本 】


関連記事

| コラム | 03:54 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。