正しいパチンコ

中途半端なパチ生活者が正しいパチンコをまっとうに語ろうと試みるブログ。

2010年04月 | ARCHIVE-SELECT | 2010年06月

| PAGE-SELECT | NEXT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
→サイトトップへ

【 全記事一覧 】 【 機種情報 】 【 正しいパチンコ本 】


| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

パチ生活者がツブれるまでpt.105

4月中の本文内の日付が全部3月になってる事に気づきましたけど、直しても一銭にもならないのでなかった事にしました。

最近のパチ具合:

5/25:
苦しい日でした。ステルス→地中海(ハネデジ)→仕事人竜とバラまき結局腰落ち着かず(1回も当たらず)、決して喜んで打つほどでもないアグネス・ラムに着地しましたけど、万発引き負けでけっこう大変な負け。完全に負け確定な日って、逆に気がラクな部分があったりもしますけど。

5/26:
もっとレレレにおまかせをやりました。いい台でしたねぇ。会心の勝ち。

5/27:
締まってもまだイケると踏んで前日と同じ店へ行ったらコテンパンに締まってました。急いで移動したけど芳しくなく、スロットに活路。エヴァンゲリオン魂の奇跡を最後まで打ちました。非常にいい具合で、設定6と考えるのが自然な挙動でした。6っぽい台打って儲かったという事でウマい!?…いやいや、かな~りたまたまです。見方によっちゃあ単なるスロット好きのオッサンの行動と大差なかったなー。


特にまとまった話でもないけど、ちょっと思った事など色々とという感じのお話。

スロットの事
ここ最近ちょいちょい打ってます。パチンコよりは面白いけど肩が痛くなるのでツラいです。もしいい台に安定的に座れる条件が揃っても、体力的に厳しいと思います。マックスベットとレバーを1個にまとめて欲しいものです。子役とりこぼしがないタイプの場合はもう、マックスベットから第3ストップボタンまで全部ワンタッチにまとめて欲しいくらいです。ってか、千円札入れたら設定に応じたメダルがサンドから出てくるでもいいくらいです。

スロットの事その2
自分の技術や環境を考えると、やっぱりスロットはメインにはなり得ないなあと思います。期待収支50000円の設定6を取れたとしても、その確率が10%しかなければ5000円と同じなわけで。もし僕が全力でスロットに取り組んだとしても、失敗を繰り返して時々成功、気づいたらほとんど内容つけられないまま日にちだけがどんどん過ぎ去って行くという感じになりそうです。

パチンコのリスクの事
こないだパチンコ生活者以外の人はハネデジだけやってるのがいいと書きましたけど、正直なところハネデジどころか一切やらないのがいいと思っています。バイト代わりにやるにしてもリスキー過ぎて成立しないと思います。結果が出るまで打ち切るというのがパチンコで儲ける唯一の方法なんですけど、近年のパチンコ機で結果を出すにはひとりの人間が使える時間だけではじゅうぶんに足りてるとは言いがたいです。

パチンコの釘の事
パチンコ生活者は鷹のような鋭い眼光で釘を読み切って…なんて事はないです。僕の場合はですけど、慣れてる店・慣れてる機種以外では極端に言えば論外台を除外する程度のところから始まるといった感じです。それから、ステージ具合の把握と過去打った台の据え置き狙い(ちょっと締まったけどまだ足りてると判断…というのも含む)が基本となりますから、泥臭く意地汚くという感じが実際の所です。怒られそうですけど、雑誌とかの釘写真に矢印がインポーズされているようなアレ、ほとんど無意味だと思ってます。異論は認めます。

パチンコ中の事
とにかくヒマつぶしに難儀します。ご飯のメニューの検討など色々な過ごし方がありますけど、この季節は野球のナイター中継がありそれを携帯に見れるんだから良い時代です。18時以降はそれで楽しめますから1日が短く感じて大変結構な事です。それによって止め打ちがおそろかになる?別に携帯見ながらでもまるっきり玉を見てないワケでもありませんし、多少損するのは確かでしょうが微々たる金額です。精神の安定の方が重要です。
→サイトトップへ

【 全記事一覧 】 【 機種情報 】 【 正しいパチンコ本 】


関連記事
スポンサーサイト

| パチ生活者がツブれるまで | 01:48 | comments:2 | trackbacks(-) | TOP↑

スーパーコンビSP (SANKYO 1995年)

スーパーコンビSP(SANKYO)
大当たり確率 1/105
3回権利モノ)



古くからパチンコを知っているファンの人にとっては「スーパーコンビ」と言えばいわゆる一発台の名機という事になるんでしょうけど、僕はヤングメェンなので初代スーパーコンビは見たことがありません。ちなみにその初代スーパーコンビというのは、ヤクモノに横っ飛びに飛び込んだ玉が3ツ穴クルーンで回り、手前の穴に入ると大当たりというものです。DAIDOからリリースされた「ミサイル7-7-6D」の方が正統後継機という感じですね。

話が逸れるようですけど、デジパチのヘソ入賞のギミックではなく大当たりに直結するヤクモノとしての3ツ穴クルーンというもの自体、若いパチンコファンは体験した事がないんじゃないでしょうか。デジパチの「カイジ」の液晶演出でクルーンが出てきますからそれを想像される方もいるかもしれませんけど、アレはちょっと雰囲気違います。基本的にあんなにデカイ皿であんなにスイースイーと玉がゆっくる回る感じではなくて、飛び込みから当たりまでを擬音で表現するなら「ポイッ、クルクルポン!」って感じです。大量出玉の大当たりが決まる瞬間にしてはあっけない感じです。

さてようやくスーパーコンビSPの話ですけど、実はこの機種は液晶デジタル式の権利モノで、3ツ穴クルーン自体ついてません。スタートチャッカーに玉が入るとデジタルが変動します。デジタルはルーレットに玉が飛び込む様子を液晶で表現したものになっています。7に入ると大当たりなんですが、7の数が増えるといったチャンスアップ演出がありました。

3回権利モノですから、1回大当たりすると次回と次々回は大当たり確率が10倍アップとなります。実はその2回目と3回目を取る時の液晶演出が3ツ穴クルーンなんです。3ツ穴クルーンと言っても画面に描かれたもので本物じゃありません。手が出てきてドツくというようなチャンスアクションがあったように思います。ひとつ言える事は、コンビの名を冠するこの機種の液晶3ツ穴クルーンというものは、この機種のリリース当時失笑の的だったという事です(笑)。液晶クルーンは確かにアレでしたけど、通常時のルーレットアクションはシンプルでなかなかアツく楽しいものでしたよ。

スタートチャッカーが今のデジパチのステージみたいな感じで、奥側のクボミに落ちるとデジタルが回るようになっていました。3回権利モノで1/105ですから、当然なかなかデジタルは回らないんですけど、変動時間が当時のデジタル機の中では長めになっていて、一応回ってない時間が少なくなるように工夫されていました。

個人的には当時の家から10歩の店にあったのでよく打ってました。その店は当時としても珍しいズサンな店で、スーパーコンビSPのうち1台だけ台の設置がガタガタで、ハンドルを引っ張ると傾きが変わるという恐ろしい事になってました。ネカセが自由自在ですから、バレないようにやるとトクをするという。まあインチキしてましたという告白です。
→サイトトップへ

【 全記事一覧 】 【 機種情報 】 【 正しいパチンコ本 】


関連記事

| 懐かしいパチンコ図鑑 | 03:53 | comments:1 | trackbacks(-) | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。